2013-09-21 20:00 | カテゴリ:りんご
朝晩の冷え込みは気持ち良く、
ついつい寝坊してしまいます。

この冷え込みが秋果樹の成熟に欠かせません。
特にリンゴは冷え込みが期待しにくい当地では嬉しい事です。

久しぶりに下の畑1に出かけ、
リンゴの除袋作業を行いました。

元株は「ぐんま名月」、「シナノゴールド」と「ジャンボ王林」の3株。
それぞれの木には2,3品種の高接ぎ枝が含まれます。

露地植えに変更後、今年が初生りになりますので、
数は少ないです。
1gunma0921c1.jpg
除袋後の実はまだ緑が目立ちます。



南面側の実では色付きが始まっていました。
「ぐんま名月」の外皮にほんのりと紅が差してきました。
1gunma0921c2.jpg
もう少しで味わえそうです。



「シナノゴールド」は淡い黄色のリンゴと認識していました。
ところがこの木には赤い色付きを見せる実がついていました。
1sinano0921c1.jpg
画像中央に2個の色付きシナノゴールドです。


良く高接ぎ枝の位置などを確認しましたが、
間違いなくシナノゴールドの枝に着果したリンゴです。
1sinanoG0921c2.jpg




こちらは良く見慣れた本来の色付きです。
1sinanoG0921c3.jpg
10月上旬が収穫時期です。


高接ぎ枝に着いたリンゴにも色付き変化が見られます。
暖地でも色付き良好な「こうみつ」です。
1koumitu0921c1.jpg




11月が収穫時期ですが早採りでも美味しい「はるか」です。
まだ本来の大きさではないですね。
1haruka0921c1.jpg




上の畑内で結実した「さんさ」です。
1sansa0921c1.jpg




台木として残っている「アルプス乙女」は大分色着いてきました。
1ALotome0921c1.jpg




多品種高接ぎ梨の木で落下して枝途中に留まっていました。
果重544gの「かおり」ですが、果肉はジューシーで柔らかく美味しい梨でした。
1kaori0921c1.jpg




黒柿に高接ぎの「貴秋」は初生り果です。
我が家の柿類では一番早い色付きです。
1kisyu0921c1.jpg




今年の「太秋」は小玉です。
木が小さい割に実付きが良すぎて生り疲れでしょうか。
1taisyu0921c1.jpg




10号鉢で行灯仕立ての「スチューベン」を
残り4房を全て収穫しました。
1styuben0921c1.jpg




半露地植え変更でやや樹勢を増した感じの中国系ナツメです。
気持ち大実な様に見えます。
1natume0921c1.jpg




晩生種桃の「西王母」は2重袋を付けたままでしたので、
BIKOOに変更しましょうと紙袋を触っている間に、
全て落下してしまいました。
1seiobo0921c1.jpg
今年の西王母は全くダメでした。


::




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/225-f785093b