2013-09-10 21:05 | カテゴリ:下の畑1
朝晩は大分涼しくなりました。
昼食後に久しぶりに下の畑1に出かけました。

晩生桃では「黄ららのきわみ」と「西王母」が残っています。
2,3果残っていた黄ららのきわみは袋が破れて落ちていました。
1kiraranokiwami0910c1.jpg   
畑で囓ってみました。
黄色い果肉はトロピカル風味でジューシーな桃でした。


もう一つの晩生桃、「西王母」には防虫ネットを掛けてありましたが、
今日外しました。
伸びた新梢は丸く窮屈な伸長を示していました。
一気に枝払いをしました。
1seioubo0910c1.jpg
10果ほど樹上に残りました。
9月25日が収穫予定日です。


袋内落果も多数見られ、玉サイズもマチマチです。
糖度を調べてみますとわずか11度と低い値でした。
果重は画像左下の2個がそれぞれ389gと430gでした。
1seioubo0910c2.jpg
防虫ネットは有効で虫食いは皆無でしたが、
傷み果が見られたのは、
このところ農薬散布が疎かになっていたのが大きな要因でしょう。



下の畑1のブドウも終盤戦です。
一本立ちの「バッファロー」は結実超過傾向でして、
大房の色付きが進みません。
1buffarow0910c2.jpg
しかし、まだ青い粒でも糖度は十分ですので、全収穫となりました。



ちなみに同じ木に着いた小房のバッファローは色付きが進んでいました。
1buffarow0910c3.jpg



本日の収穫果。
スチューベンは上の畑内の行灯作りから2房収穫してみました。
バッファローは10房前後の収穫です。
1budou0910c1.jpg



小房の「スチューベン」です。
1sutyuben0910c1.jpg



初収穫が期待の「マルメロ」です。
1marumero0910c1.jpg



やや黄色みの色付きが秋を感じさせます。
1marumero0910c2.jpg
カリンに代わってジャム素材としての可能性は・・?


先日、今年初のポロタンで栗ご飯を味わいましたが、
今日も落ちた栗を見つけました。
1porotan0910c2.jpg



粒選りの栗です。
1porotan0910c1.jpg



リンゴも落果を回収しました。
1kuringo0910c1.jpg



イチジクは鳥とコガネの食害多発です。
1itijiku0910c1.jpg


::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/223-0735191c