2013-08-18 15:23 | カテゴリ:ブドウ
小粒ブドウの評価は余り良い物ではありません。
ジベ処理さえしっかり出来ればそこそこの肥大と色付きで
ド素人のブドウ栽培でも楽しめる品種が「ヒムロッドシードレス」です。

福田さん「T&F」の立派なブドウ棚ではこの品種が豊作でした。
収穫時期がやや遅れましたが我が家の玄関横のブドウ棚も
淡い黄色に色付き収穫OKの様です。
1himurod0818c1.jpg



ICボルドー散布で汚れないように袋掛けで通していました。
無袋のモニター房では時々味見していました。
1himurod0818c4.jpg



試し採りの房ですが、まずまずでしょう。
1himurod0818c3.jpg



昨年も今頃でしたが、家の北側の放棄地で今年もBBQパーティーです。
このメンバーには昔の知人が2名参加していましたので、
収穫仕立てのヒムロッドシードレスを差し入れてきました。
1nakama0818c1.jpg



大きめの一房を試食します。
糖度も23.4度と甘いブドウになっていました。
1himurod0818c2.jpg



上の畑内の「ゴルビー」は房を小さくしたけれど、
摘粒が不十分だったようで粒割れ多発です。
来年は房の長さを倍にして粒数を同じ程度に摘粒してみましょう。
1golby0818c1.jpg



色付きは不完全ですが食してみますと
崩壊性の食感で酸味なく甘さも十分でした。
1golby0818c2.jpg



2房ほど収穫してみました。
糖度は23.8度で甘いです。
1golby0818c3.jpg
色付きは来年の課題です。


下の畑1の「ブラックビート」です。
この品種はかなり早生でして「安芸クイーン」と共に
ほとんどが鳥らしい食害に合いました。

この房だけが半分くらいの食害でしたので残してありました。
1black0818c1.jpg
真っ黒の粒で甘さも感じられました。


上の畑で行灯仕立ての「ゴールドフィンガー」も熟したようです。
独特の蜜味も乗っています。
皮には渋味があるらしいですが、
我が家のこのブドウには全く渋味が有りませんので
皮ごとパリパリ食べられます。
1gold0818c1.jpg



今年末には鉢増しして収穫量の倍増を狙います。
1gold0818c2.jpg



10号鉢行灯仕立てに2房付けた「甲斐路」です。
つまみ食いでは、まだ早そうです。
1kaiji0818c1.jpg



ほったらかしの「キャンベルアーリー」には小房が数房着いています。
1kyanbel0818c1.jpg



「スチューベン」は虐めすぎて結実不調です。
来春は下の畑1に放そうかと・・。
1styuben0818c1.jpg

やはりブドウは苦手です。


::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/219-7d897dec