2013-06-06 21:22 | カテゴリ:さくらんぼ
局地的な自然災害です。
厳しい冷え込みと蜂も飛べない強風が何日も続いた影響です。
同じ町内でも大豊作の畑も有りで、何とも悔しい状況です。

そんな落胆の中での写真撮影は半ばやけくそのS.F.Takaさんかも・・。

今日は農薬散布の傍らで画像を確保して頂きました。
@@@@ 感謝 @@@@


25年生「佐藤錦」です。
この枝の実付きは良い方・・らしいです。
1IMG_0976.jpg


普通の実付き状態です。
1IMG_0977.jpg


普通です。
1IMG_0978.jpg


何とも寂しい結実の「ナポレオン」です。
・・すら成らない、過酷な自然環境に曝された証のような画像です。
1IMG_0979.jpg


60年生「佐藤錦」です。
例年では100kg前後の収穫となる木ですが、
今年は10kg程度かと・・SFTさんは予想しています。
立派な3年枝ですが、この実付きは無残です。
1IMG_0980.jpg


この長果枝であれば、例年通りの授粉で1花叢十数個近い結実であったはず・・。
1IMG_0981.jpg


超豊産性のこの佐藤錦は例年であれば、この倍程度の結実のようです。
1IMG_0982.jpg


自家授粉性の酸果桜桃は、皮肉なことに豊作です。
佐藤錦などの主力・優良品種が自家授粉性であればなぁ・・などと思ってしまいます。
1IMG_0983.jpg

こんな年もあると言うことで、諦めるしか無いというところが現実です。
普段から、SFTさんは”さくらんぼ栽培はバクチです”と仰います。

@画像提供はS.F.Takaさんです。







スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/190-04461c12