2013-05-31 18:19 | カテゴリ:上の畑
たっぷりと降り続けました。
さくらんぼ置き場の桜桃は雨が降りかかる枝では、
実割れ果が多数発生していました。

貴重な晴れ間を有効利用しましょうと、
朝から庭先、上の畑と下の畑1に殺菌剤・殺虫剤散布を行いました。

作業終了後、庭先や上の畑内の果実の様子を観察です。
桜桃以外にも梅雨時に実割れするのがアンズの「ゴールドコット」です。
1Gcot0531c1.jpg
今年はやや小玉ですが、明日収穫してジャム作りに供します。


割ってみますと大して果汁は出てきませんのに実割れしやすいのは、
薄皮の性でしょうか。
1Gcot0531c2.jpg



西洋アンズの降雨抵抗性の低さに比べて日本アンズは強いです。
今年の「平和」は玉サイズも良い感じです。
黄色く色付いたら収穫です。
1heiwa0531c1.jpg



やはり鮮やかな色は赤い果実です。
ビックリグミも大分赤味を増してきましたがまだ渋味が残ります。
黒っぽいほどの赤さが収穫時期でしょう。
1Bgumi0531c1.jpg



小果シリーズの一角を担う「ユスラウメ」です。
これも明日収穫予定です。
1yusura0531c1.jpg
ジャムは意外にも人気があります。


酸果桜桃の「モンモレンシー」は透通る様な赤味になり、
1粒摘まんだ家内によれば甘みは少ないが酸味は無いとのことで、
暖地では鳥避けが必要な栽培法になりそうです。
1sanka0531c1.jpg
ザッと数えましたら50粒前後でした。

ここまで、ヒヨに食べられなかったのが不思議な事です。
しばらく様子見で行ってみます。

・・




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/185-be367f88