2013-05-22 17:32 | カテゴリ:もも
今日は早朝から午後4時までみっちりの野良仕事でした。
昨日から始めた袋掛けの続きを完了して、
実付きの良い品種に防虫ネット被せました。

覆いネットのサイズは天井が210×200と200×180の2種を使いました。
210と180cm幅の100m巻き防虫ネットを裁断・縫製と
14本分を作るのに2,3日かかりました。

先ずは本日の袋掛け品種です。
今年は害虫被害の無い収穫果を味わいたいところです。
1odoroki0522c1.jpg
カリカリ桃には好き嫌いがありますね。


特に優れた品種では無いですが、
大玉傾向に惹かれています。
1miharu0522c1.jpg



この晩生種を無傷で収穫したくて、
防虫ネット経過が始まりました。
摘果でかなり少なくしました。
1seiobo0522c1.jpg



この品種も生らせ過ぎは良くないようです。
私なりに摘果したつもりです。
1natuotome0522c1.jpg



日川白鳳は豊産性ですが、
今年は少なめにしてみました。
1hikawahaku0522c2.jpg



昨年、傷み果を囓りましたら美味しい桃のようです。
今年はまともな収穫を目指します。
1SWkouki0522c1.jpg



田上姫も大玉の本領を発揮して欲しいところです。
思い切って摘果しました。
1tagami0522c1.jpg
午後2時過ぎまで袋掛けに時間をとられました。


一気呵成に防虫ネットを被せました。
左手前が「おどろき」で180サイズを被せています。
1boutyunet0522c1.jpg



「西王母」は210サイズを使いました。
1seiobo0522c2.jpg
株元で隙間の無いように巾着縛りしています。


この2品種にも210サイズを被せました。
1natuoto_SW0522c1.jpg



この2品種は180サイズを使いました。
1simizuhaku0522c2.jpg



田上姫には210サイズで包んでいます。
1tagami0522c2.jpg

後日、同じ畑内のスモモ「李王」にも防虫ネットを被せてみようと思います。

新梢が窮屈そうですが、
今年はこのネットの有効性を検証したいと思います。

上の畑の鉢植え桃も袋掛けが残っています。

貧乏暇無し・・を地で行っています

・・







スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/179-1a814889