2013-04-26 16:54 | カテゴリ:ブドウ
何年たってもまともな栽培が出来ていないブドウです。
尾張のお方は立派な雨避けを設置され、意気込みが感じられます。

雨避け設備があれば、私も今よりましなブドウ栽培が出来るかも・・などと、
上手く行っていない言い訳を見つけながらのブドウ事情です。

何とか枯らさない程度の管理はしていこうと思っています。
下の畑1では簡易垣根風に竹竿を渡して見ました。

花房が着いた品種を撮影していますが、
この後の生育には全く自信の無いところです。
先ずは初開花になりそうな品種から。

1tamayu0426c1.jpg



1hanyR0426c1.jpg



1akiQ0426c1.jpg


こういった強健種は何もしなくても実がつきますが・・。
1buffa0426c1.jpg
昨年は色着く頃にハクビシンの餌になりました。


庭のブドウ棚では「峯寿」と「シャインマスカット」に花穂が着いて居ます。
昨年の峯寿は生らせ過ぎで色つき不良でした。
今年は1/3程度に制限して見ます。
1houjyu0426c1.jpg



「シャインマスカット」は1房残してみようと思います。
1shain0426c1.jpg



長梢剪定が良かったようで花房が増えたようです。
まともに収穫できているのはこのヒムロッドシードレスのみです。
1himurod0426c1.jpg



行灯仕立ての「選抜ピオーネ」は2房くらい残したいです。
1pione0426c1.jpg



行灯仕立ての「甲斐路」には初花穂が着きました。
1kaiji0426c1.jpg



昨年沢山の花穂が着きチョッピリ期待したのですが、
生らせ過ぎで着色不良に終わりました。
今年は3房残しが目標です。
1golby0426c1.jpg
先日、ジベレリンを購入しようと行きつけのHCに行きましたら、
液剤しか置いてありませんでした。

店員さんに聞いたら、粉剤は取り寄せと言うことでした。
何とも寂しいことでして、
如何に当地は果樹栽培が低調であるかが窺い知れるところです。


3月27日に実施の挿し木ですが、
芽動きが始まっています。
1sasiki0426c1.jpg

今年は思い切った花房数の切り詰めでやってみようかと思います。
ブドウの完熟果は間違いなく美味しいことはたまに取れる房で知っています。

一品種一房、頑張りたいです。

・・




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/163-db6951eb