2012-10-06 23:05 | カテゴリ:りんご
りんご品種の中で「つがる」は落果しやすい品種として知られ、
落果防止剤なる植物成長調整剤の散布がお薦めのようです。

最近、我が家のリンゴ類を見ていますと
大して傷んでいなくても落果するリンゴが多いように感じます。
黄色系の「シナノゴールド」や「王林」など、
「つがる」だけが落果しやすい訳でも無さそうです。

今日も幾つかのリンゴが落ちていました。
一寸勿体ない感じの1果は「ジョナゴールド」です。
jyonaG1006c1.jpg
まだ収穫には早い感じで糖度も12度程度でした。

枝に残るこれらのジョナゴールドはどの程度の赤さになるやら・・。
jyonaG1006c2.jpg


今年の「ジャンボ王林」は落果が多い感じで、
落果防止剤の”ストッポール液剤”の必要性を実感しています。
Jorin1006c1.jpg


王林と同様に黄色系の「シナノゴールド」や「ゴールデンデリシャス」も
落果しやすい品種の様です。
sinanoG1006c1.jpg
これは玄関先の木に着いたシナノゴールドですが、
大分黄色味がまして来ました。

玄関先のこのリンゴは、
今年は玉揃いが良い出来で見映えの良い鑑賞樹になっています。
sinanoG1006c2.jpg

黄玉系に比べると落果の程度は少な目に見える赤玉系です。
sinanoSW1006c1.jpg

我が家では古株の「らくらくふじ」です。
適度に摘果すれば上玉の美味しいリンゴにもなります。
rakuraku1006c1.jpg


高接ぎ枝の「あいかの香」はやや遅れていますが、
落果頻度は少ないリンゴです。
aika1006c1.jpg


来年は落果防止剤の散布で、
思い切った摘果で大玉リンゴを狙いましょうかね。


・・





スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/16-584d8f9f