2013-04-02 13:35 | カテゴリ:接木
今日、明日と雨天の様です。
桜桃の開花も少しずつ進んでいますが授粉作業もお休みです。

昨日、下の畑1で撮影した居接ぎの様子や新苗の現状など・・。

今春、2月21日にブルーベリーの接ぎ木挿しをアップしています。
そのBBは既に穂木・台木の不良で失敗したことも報告済みです。

その日、桜桃の接ぎ木挿しの準備もしまして、
1ヶ月間冷蔵庫で保存しました。
3月22日のことです。
保存してあった桜桃穂木を取り出し、
挿し木処理をしてありました。

昨日、下の畑1のビニールハウス内でその後の様子を確認しました。
全部で11本、コルト台に一芽接ぎした接ぎ木挿しです。
2tugisasi0401c1.jpg
過去2回ほど接ぎ木挿しに挑戦していますが、
ことごとく失敗しています。

今回の特徴は、
一芽接ぎであること。
その接ぎ穂を冷蔵保存(1ヶ月間)したこと・・です。

メデール接ぎ木テープで穂木を覆ってありましたが、
突き破って芽が伸長し出した感じです。
2tugisasi0401c2.jpg
11本の全てが、同様な芽動きを示しています。

活着の良否はまだまだ先のことですが、
順調な滑り出しと見ています。



キウイは挿し木でも苗を作れます。
しかし、1年後の成長具合を比較しますと
明らかに成長程度に差が見られ、
現に昨年の居接ぎ苗は新苗として棚に配置した苗が多数ですが、
挿し木苗は更に1年間、圃場で成長を促しています。

台木養成などでは挿し木は大量に処理できて好都合です。
また、剪定枝をその株元に無造作に挿して置いても
発根する事も良くあり、儲けた感じが快感です。

品種苗の確保には居接ぎを選択が私の拘りです。

そんなわけで、今年も十数本接ぎ木していましたが、
ビニールハウス内で展葉が見られています。
4kiui0401c1.jpg
5月頃にポットから抜いてそのまま圃場に移植予定です。

下の畑2のキウイ棚南面は
昨日耕耘して地均しをしてきました。



昨年初開花で結実もありましたが、
獣害で全滅した「マルメロ」です。

カリンの代用としてジャム作りに使えるらしく、
渋味がないらしい。
そんなわけで栽培中の果樹ですが、
花芽付きは至って良好なようです。
剪定枝を挿して見ましたが、どうなんでしょう。
4marumero0401c1.jpg
初収穫を期待したいところです。

落葉果樹の新葉の展開も進み、
時々、毛虫を発見します。

そろそろ今年最初の殺虫・殺菌剤散布をしたいところです。
今週の木曜日頃を好機と見ていますが・・。


・・





スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/144-befcaad5