2013-03-30 17:23 | カテゴリ:さくらんぼ
昨日は日本一の果実さんが
コルト台に接ぎ木したダーレン穂木を話題にしてくれました。
折しも、私も保湿袋を撤去した日でした。
忘れずに管理は有り難いことです。

ちなみに今日のダーレン接ぎ穂の様子です。
dairen0330c1.jpg


ダーレン台木不足故に、元木(親木)の気根部まで深植えして、
根張りを確認できたら分離する予定の居接ぎです。
daren0330c2.jpg


初の試みとなる青葉台利用で桜桃苗作りです。
コルト台と異なり地際で接げます。
aobadai0330c1.jpg



こちらは、矮性化傾向が期待の暖地桜桃などの挿し木苗を
利用して”ダーレン台もどき”の効果を狙ってみました。
dantidai0330c1.jpg



下の畑1には忘れられた様な桜桃樹がチラホラとあります。
そんな1本がこの「紅てまり」です。
benitemari0330c1.jpg
何の期待もないとこうして花芽が着くものです。
大実を見てみましょうか。


露地植え「月山錦」でNo.2です。
こちらは1/4~1/3剪定の仕立てです。
少ないですが昨年より多い花芽が着いています。
gassan0330c2.jpg



弱々しい花芽ですが授粉してみたいと思っています。
gassan0330c1.jpg
この畑には、もう1本のNo.3があり、初花芽が着いていました。 


花粉採取用生け花ですが、
ビニールハウスの方がやや早い開花かしら・・、と思っていました。
takasago0330c1.jpg
↑下の畑1のビニールハウス内の高砂。


こちらは家の2階で保管していた穂木ですが、
ビニールハウスとほとんど同じような進捗でした。

今日、野菜種蒔き用に使っている庭のビニールハウス内に移動しました。
完全に開花が間に合いました。
napole0330c1.jpg



さくらんぼ置き場の「紅秀峰」も開花直前です。
雌しべは有るか?
benisyu0330c1.jpg



上の畑内の多品種高接ぎ桜桃樹の一枝です。
seiko0330c1.jpg



今日も保存花粉で少ない開花数の授粉を実施しました。
「南陽」の開花が続いています。
nanyo0330c1.jpg



庭先に有る「酸果桜桃」の蕾が見え出しました。
当地の様な温暖地では他の桜桃と同じ開花時期になりそうです。

自家結実性の花粉は人工授粉にも利用できそうです。
sanka0330c1.jpg

酸果桜桃の初結実は大いに楽しみですが、
思わぬ花粉利用にも生かせそうで・・、
モンモレンシー様々の桜桃事情です。



・・






スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/142-557b58b0