2013-03-26 18:30 | カテゴリ:さくらんぼ
大層なタイトルですが申し訳ない内容です。
最初に謝っちゃいます。

桜桃栽培のお仲間からは既に開花しだした便りです。
我が家のサクランボ置き場の桜桃も、
後1~2日位で一番花が咲くでしょうか。

今日はクローズアップレンズを装着して、
普段より更に迫ってみました。

変わり映えのしない画像が続きますがご勘弁を・・。

日々、刻々と変化していますので目が離せません。
知らないうちに進んでいた品種不明の「アメリカンチェリー」です。
1ameche0326c1.jpg


「月山錦」も同じような動き出しと見えます。
1gassan0326c1.jpg

今日、冷凍保存中の花粉の一部を小分けして冷蔵庫に保存しました。
自前採取花粉で上手く授粉しました拍手喝采です。


1gassan0326c2.jpg


CX-10塗布した「紅さとう」です。
この時点でこの膨らみでしたら目立った遅れは解消かと・・。
1benisato0326c1.jpg


昨年の「紅秀峰」の花は雌しべのない花が多すぎました。
今年は戻っているでしょうか?
1benisyu0326c1.jpg


「紅さやか」は先ほどの紅さとうと同じような芽動きに見えます。
1benisaya0326c1.jpg


昨年のこの「ナポレオン」樹は不良で授粉に大きな悪影響を及ぼしました。
見た感じでは多少の回復傾向にあると思われますが、
安心は出来ません。
1napole0326c1.jpg


大玉を見たくて鉢上げした「南陽」は開花直前です。
1nanyo0326c2.jpg


50花くらい咲くでしょうから、5粒くらい残したいところです。
1nanyo0326c1.jpg


残した「佐藤錦」は2本です。
長果枝もどきに着いた花芽ですが・・。
1sato0326c1.jpg


趣味栽培では賑やかしに貴重な桜桃樹の「正光錦」です。
このサクランボも短果枝栽培を卒業して3年目になります。
1seiko0326c1.jpg


昨年のこの「夢あかり」の花にはほとんど雌しべがありませんでした。
今年の花には雌しべが着いて欲しいところです。
1yumeaka0326c1.jpg


ここからは多品種接ぎの一枝です。

S.F.Takaさんによれば栽培しやすい品種らしい「紅ゆたか」です。
1beniyutaka0326c1.jpg


ダーレン台での花芽付きの良さは注目でしたが、
コルト台でもそこそこの花芽付きの様にみえます。
1koufuku0326c1.jpg


おばこ錦、寿錦、ダーレン台など注目品種を作出している
王さん作出の「幸福錦」です。
1koufukunisi0326c1.jpg


昨日、酸果桜桃のモンモレンシーの花芽をアップしていますが、
今日、
小鉢で小苗の酸果桜桃「ノースピュア」にも花芽らしき芽を見つけました。
2norsepyua0326c1.jpg

開花してからが勝負の桜桃です。

訪花昆虫がほとんど期待できない当地では、
人工授粉の出来が結実を左右します。

考えられる手立ての全てを実施してみる覚悟です。
それでも失敗作が多いのが素人の桜桃栽培でしょう。


・・





スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/139-7a7e555c