2013-03-16 15:45 | カテゴリ:落葉果樹
何とも暖かな一日で、
昼食後、差し込む日向に足を投げ出して昼寝しました。

昨日・今日と軽微な作業のみでウダウダと果樹の様子見でした。

そんな果樹の春先ショットを並べてみました。

梅・中国実桜・アンズ・スモモに次ぎそうな開花が桃でしょう。
完全に開いた花を見たのはまだ数輪ですが、
確実に蕾の綻びが感じられます。

2003年3月の導入で10号鉢に枯れずに残る「ドワーフピーチ・ボナンザ」。
ほとんど木の大きさは変わりません。
2bechbonanza0315c1.jpg
開花・結実し小玉の実をつけますがまだ口にしたことがありません。


今年、新たに購入した「夢あさま」は下の畑1の地植えです。
既に咲き出した蕾も見られます。
2yumeasama0315c1.jpg



3,4年前の樹勢を取り戻すべく昨年、完璧に半地植えにした大鉢です。
来年度辺りの復活を願いたい「なつっこ」です。
2natukko0315c1.jpg


上の畑内のキウイ棚にはさらに3本小苗を追加していました。
その1本がこの「紅美人」です。
1kurenaibijin0315c1.jpg
昨春の居接ぎ苗が下の畑1のキウイ棚下に残っていましたので、
有効利用です。


「ゴールデンキング」に高接ぎした枝は生らせ過ぎで枯れやすいので
1本立ちに変更です。この苗も下の畑1からの居接ぎ苗です。
1sensetionAP0315c1.jpg


「紅妃」は1本立ちや高接ぎ枝があります。
やはり高接ぎ枝の生らせすぎは虚弱です。
1kouhi0315c1.jpg


紅芯キウイの3品種目の「レインボーレッド」は、
この棚では初結実になりそうです。
1rainbored0315c1.jpg


紅芯系キウイには外せない早咲の雄木です。
「早雄」、名称がそれらしくて良いですね。
1soyu0315c1.jpg


ご愛敬でサルナシも残っています。
1sarunasi0315c1.jpg


今年は40本程度の梨類居接ぎでしたが、
見た限りではこんな状態でほぼ100%の予測です。
展葉間近でしたので保湿袋を除去した苗もあります。
3hosui0315c1.jpg


昨年は初開花・結実で下の畑1で害獣にやられましたが、
今年も開花は見られそうです。
3marumero0315c1.jpg


玄関横で鉢植えの「ユスラウメ」です。
弟の奥さんはこのユスラウメジャムが気に入ったようです。
3yusuraume0316c1.jpg


アンズの穂木を挿し木しましたら苗が出来ました。
7号鉢植えの小苗ですので小品盆栽になりそうです。
3heiwa0315c1.jpg
実がついたら面白いだろうと、
受粉しておきましたが・・どうでしょう。


・・








スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/130-6547db68