2013-03-10 13:50 | カテゴリ:さくらんぼ
今日は、桜桃の花粉採取用生け花が開花しだした喜び以上に、
ビッグなニュースが会社時代の戦友から届きました。

今年の5月で退職4年目になりますが、
引退まで関わっていました新薬開発研究が、
優秀な後輩たちによって承認見込みとの朗報です。

果樹栽培とは無縁の範疇ですが・・・
ヤフーニュース記事からその断片を・・。

新規作用機序を持つ協和発酵キリンのパーキンソン病治療薬
ノウリアスト錠
新規作用機序のパーキンソン病薬の承認了承-第一部会


 厚労省と協和発酵キリンの担当者によると、パーキンソン病の治
療で使用されるレボドパ含有製剤は服用を続けると、やがて効きに
くくなり、パーキンソン病の運動障害などの症状が戻ってしまうウ
ェアリングオフと呼ばれる現象が出現するが、ノウリアストはそれ
を改善する。
 アデノシンとドーパミンの2つの神経伝達物質のうち、パーキン
ソン病患者はドーパミンの神経伝達が弱まる一方で、アデノシンの
神経伝達が強まった状態にある。ノウリアストはこのアデノシンの
神経伝達をブロックすることで、両者の神経伝達のバランスを整え


一人の研究者が一生に一度でも新薬開発に貢献できるのは
大変ラッキーなことだと言われています。
それだけ長い年月と運がなければ出来ない仕事です。
研究の一端に寄与できたかも知れない・・と思いますと、
感慨深いものがあります。




さて、もう一つの嬉しい果樹ネタとは・・。
S.F.Takaさんから送って頂いた花芽付き桜桃剪定枝ですが、
今朝方より開き始めました。
予想に反して高砂を追い越して「ナポレオン」が開く寸前でした。
napo0310c2.jpg
風船の様に蕾が膨らんだ頃が採取好機のようですが、
このくらいに開いてもまだ開葯はしていないと思います。


ナポレオンを入れたバケツです。
napo0310c3.jpg



今朝は3花をもぎ取りました。
napo0310c4.jpg



葯を小型のハサミ切り取ります。
napo0310c1.jpg
切り取った葯は冷凍保存します。


高砂もまもなく採取できるでしょう。
taka0310c1.jpg

中国実桜の花粉採取が峠を越した感じでしたので、
グッドタイミングな開花です。

行儀の良い花芽です。
流石、S.F.Taka家育ちの桜桃は違います。


・・









スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/126-96a620fa