2013-03-03 15:23 | カテゴリ:挿し木
曇り空で肌寒い一日です。
一昨日届いた桜桃穂木や
昨日土中から掘り上げたスモモ穂木の挿し木を追加しました。

上の畑内にある中国実桜の「暖地桜桃」が昨日から開花し始めました。
昨年より10日早い開花です。
dantiouto0303c1.jpg
「はるか」はやや遅れて開花の見込みです。
もう少し開花数が見られ出したら花粉採取の予定です。


桜桃の居接ぎは主要品種は既に実施済みでしたが、
追加の少量居接ぎです。

まずは「エコ佐藤錦」をコルト台に居接ぎしました。
穂木に若干の茶色い傷みが見られましたが削り取って接いでみました。
ecosato0303c1.jpg



ダーレン台類似の矮性桜桃台木のようです。
芽の詰まり程度から見ますと如何にも矮性っぽい台木です。
挿し木用穂木確保を意図してコルト台に居接ぎしました。
cortX0303c1.jpg
いっぱい枝を発生してほしいところです。


「ぽろたん」の受粉樹として晩生の大実栗らしいです。
ぽろたんとトゲなし栗に高接ぎしました。
mikuri0303c1.jpg


昨日は訪問者さんにスモモや桃の穂木をお渡ししたので、
掘り起こしたスモモの貴陽を台木用に挿し木しました。
kiyo0303c1.jpg
既に少量のスモモの挿し木は挿し床に挿してありましたが、
本格的スモモ台は本日で完了です。


先行して挿し木してあったスモモ台は今日時点で新芽が伸び始めています。
コルトの一部やイチジク、おはつ桃台などの挿し穂が並んでいます。
itijiku0303c1.jpg



なんだかんだで桜桃用の台木が多くなっています。
本命の「コルト台」は安定的供給段階になりました。
cort0303c1.jpg



今年初めて青葉台を使ってみましたが、
一応台木も確保しておこうと挿しています。
aobadai0303c1.jpg



注目の「ダーレン台」の成長は余り良くなさそうです。
太い挿し穂を如何に確保するかが大きな課題です。
コルト台は翌年台木として利用できますが、
ダーレン台は挿し木2年生で利用となりそうです。
dairen0303c1.jpg 
挿し木の発根率も気になるところです。細い穂木は難しそうです。
既に新芽が伸び出した穂木も見られます。


台木特性が面白そうな「酸果桜桃」です。
矮性っぽい台木です。
sankaouto0303c1.jpg




同じく矮性っぽい台木ではないかと期待している「中国実桜台」です。
tyugokumizakura0c1.jpg



こちらはお遊びで「マルメロ」や梅の「露茜」、杏の「紅浅間」を挿してみました。
beniasama0303c1.jpg



今日で目一杯になった挿し床です。
しばらくはビニールトンネルの中で発根・成長を待ちます。
sasidoko0303c1.jpg

挿し木、接ぎ木も予定の8割強が実施済みと言ったところでしょうか。
一部、4月・5月が実施時期として良さそうな果樹種が残っています。

細く長く楽しみたいものです。


・・














スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/120-b05fd7bc