FC2ブログ
2020-02-08 15:12 | カテゴリ:鳥寄せ
今朝までは寒波で冷え込みましたが、
日中は気温が上昇して過ごしやすいです。

下の畑2では例年のような花盛りではないですが、
梅の花が咲いています。
よく見ると日本蜜蜂の訪花も見られます。

一番花数が多い「翠香」です。
1suikou200208_022.jpg


花は咲けども実が残らない「玉梅」です。
1gyokubai200208_014.jpg


高接ぎ枝の「紅映」は良さそうです。
1benisasi200208_019.jpg


今年の「南高」は不昨年になりそうです。
1nankou200208_017.jpg


庭先に置いている日本蜜蜂です。
アカリンダニ対策が功を奏した感じで、
4群が残っています。
1hati200208.jpg


先月は近場に西洋蜜蜂の10群以上を設置されて、
蜜蜂師匠の群は大打撃でした。
盗蜜被害を目の当たりにして西洋蜜蜂の凶暴さに驚きました。
1hati200208_044.jpg
幸い西洋蜜蜂の飼育者と連絡出来て
引き上げてもらいました。

我が家も撤収があと1日遅かったらNo.1巣箱は危ないところでした。

先日、この巣箱の様子を内検しますと、
重箱3段が埋まっていました。
1hati200208_002.jpg


角銅巣箱は管理しにくいので、
重箱に変更したいところです。
1hati200208_003.jpg 
今年は分蜂群を3群以上確保したいところです。


さて、お遊びですが野鳥の楽園を・・と、
模索を始めました。

庭の東寄りには海棠の木があり
赤い実を残しています。
この実を求めてヒヨドリがやってきます。

庭先ではシジュウカラやコジュケイの親子、
ムクドリ、ホオジロなどをよく見かけました。
そこで、
餌付けしてヤマガラも呼んでみましょうかと・・。

Amazonで格安のエサ台を購入し、
野鳥用の撒き餌やヒマワリの種などを購入しました。
1esaba200208_039.jpg
このエサ台は小鳥たちには好評のようで、
設置した翌日から河津桜の枝から経過しながら6mほどの距離を
飛んできます。

最初に「シジュウカラ」がやってきました。
カイドウの枝にミカンを輪切りにして挿してみますと
メジロとヒヨドリが啄みに来ます。

気をよくして、本日ペットボトルで自作エサ台を作りました。
庭中央のスモモの枝に吊るしました。
1esaba200208_038.jpg


メジロは河津桜の蜜も吸います。
そして、ミカンを突っつきます。
1mejiro200208_041.jpg


シジュカラは野鳥用の穀類より、
ヒマワリの種が好物のようです。
1sjjyukara200206_008.jpg


3日目に来ました。
慣れると人の手から餌をとるらしいヤマガラです。

いつかはそんな風景を写真に収めたいところです。
野鳥観察初心者としては何とか画像に残したいところです。
幸い、250mmの望遠ズームレンズがありましたので
訪問した鳥たちのスナップを残しています。
1yamga200208_007.jpg

FB友に写真の名人が居まして、
野鳥観察のショットは凄い画像です。

いつかはあんなショットを掲載したい思いでカメラを抱えています。

::


スポンサーサイト




管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村