FC2ブログ
2020-01-24 20:04 | カテゴリ:キウイ
例年であれば厳冬期で震え上がっているところですが、
これから1週間はなたね梅雨のような天気が続く予報です。

今日、明日は何とか野良仕事が出来そうなので、
キウイの接ぎ木作業などを熟しました。

畑では梅の花がポツポツと咲き出しています。
1beni200124_015.jpg


庭の東側に鎮座している「河津桜」が
今年も咲き出したようです。
1kawadu200124_042.jpg

また、BB圃場のブルーベリーの花芽も綻びそうで、
今年の開花は早そうです。
1BB200124_009.jpg



1legacy200124_017.jpg


果樹の苗木を作るには接ぎ木用の台木が必要になります。
昨年は圃場の確保が出来なくて本格的な台木作成は出来ていません。

今年は桜桃樹を伐採したところを耕耘して、
圃場を確保しました。
この後、ここにマルチを張って直挿し圃場にします。
1sasihojyou200124.jpg


先日、ヤフオクで落札した「カラタチ」の実生苗を
畑の一角に植え付けました。
1karatati200124_002.jpg
数的には50本以上有りますので、
皆様からの柑橘穂木のご提供を御願いしたいところです。
これで柑橘系の台木は暫く間に合うでしょう。


キウイの接ぎ木は水揚げが始まる前に実施する必要があります。
長雨前にやっつけ仕事です。
今年は、紅芯系の大玉らしい「ジャンボレッド」が目玉です。
ニュージーランドの「ゼスプリ」でもゼスプリレッドが出てくるようです。

ここでは雄木の「APメール」の挿し木2年生を使っています。
1JanboR200124_008.jpg
紅芯系の人気は暫く続くでしょうね。

「ジャンボレッド」は5,4本接ぎ木しました。
1JanboR200124_023.jpg
その他、レインボーレッド・早雄・孫悟空・紅イチゴ・パンダキウイなどを接ぎ木しました。

雄木のバックアップは忘れてはいけません。
ヒコバエ的な台木がキウイ棚周囲に発生しているので
有効利用ですね。
1kiui200124_026.jpg
今年のキウイは鬼摘果を目標にしています。
摘果調整して大玉狙いです。

キウイの接ぎ木作業後、隣のBB圃場が気になり、
ホームベルを枝隙後、
太枝を切り詰めて「スパルタン」を接いで来ました。
1spartan200124_030.jpg
大粒で美味しい「スパルタン」は家人に人気のBBです。
増産計画です。

::



スポンサーサイト




管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村