FC2ブログ
2019-05-03 16:57 | カテゴリ:上の畑
4月中旬から日本蜜蜂師匠宅では分蜂が5~6回発生しているようです。
今年の分蜂は例年より早いようで、
山に仕掛けた待ち受け巣箱にも分蜂群が入居したので、
その一つを3,4日前の夜7時過ぎに持ってきてくれました。

今日時点では盛んに巣門から出入りして、
花粉を運ぶ蜂も確認出来ました。
1Nmitubati190503_011.jpg
毎年、11~12月に消滅してしまう日本蜜蜂の難題は、
アカリンダニ対策でしょう。

アマゾンでメントール結晶を購入していましたが、
臭いを嫌って逃亡してしまうケースもあるらしい。

比較的、刺激の無い「ショートニング」処理が良さそうなので、
先日、1:2のグラニュー糖調合で巣箱に設置してみました。

ギ酸処理も選択枝にはありますが、
しばらくはショートニング処理で様子見です。


今年は分蜂が早目でしたので、
蜜蜂誘引蘭は無駄花が現在開花中です。
1kinryou190503_054.jpg




時折、1,2匹の日本蜜蜂の訪花がありますが、
分蜂群は皆無です。(^_^;)
1kinryou190503_056.jpg




今日は庭先や上の畑内の様子を集めて見ました。

ここの月山錦が本命なんですが、
開花時点では大いに期待して受粉しましたが、
結果はこの一粒です。
1gassan190503_001.jpg
笑っちゃいます。!!



中国実桜の「暖地桜桃」が色着き始めたようです。
1danti190503_012.jpg




この畑の枇杷はこのポット植えの「大五星」のみです。
一枝に1果にすれば大玉も狙えますが、
今年はこれで行きます。
1daigosei190503_064.jpg




狭小ブドウ棚ではゴルビーの果穂が伸びてきました。
1golby190503_053.jpg
この後、房整形やジベ処理が行われます。



上の畑内の多品種接ぎ梨は幼果が良く着いていますので、
摘果作業が大変そうです。

洋梨の「ラフランス」を台木にしての和・洋混合です。
1nasi_yakumo190503_069.jpg
「八雲」は受粉樹の役目を果たし、
結実しています。



豊産性の和梨2種です。
1akiei_tenri190503_023.jpg




和梨「王秋」と洋梨の「パスクラサン」です。
1ousyu_paskra190503_021.jpg




「南水」と大玉の「にっこり」です。
1nansui_nikkor190503_019.jpg




「ラフザス」は和梨と洋梨の掛け合わせ品種です。
大玉洋梨の「シルバーベル」です。
1rafzas_silver190503_015.jpg




和梨の「八達」と受粉に欠かせない「豊水」です。
1hatatu_hous190503_017.jpg




洋梨の有名どころです。
1lurecche_mariget190503_037.jpg




本体の「ラフランス」は木のあちらこちらで結実しています。
1lafrance190503_046.jpg

梨は防除作業が決め手になります。
摘果をしっかり行い、病虫害被害から守らねばなりません。

::


スポンサーサイト




管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村