FC2ブログ
2019-04-05 18:29 | カテゴリ:下の畑1
今朝は2ヶ月ぶりのクリニックで検診でした。
帰宅後、下の畑1に出向きカリンやマルメロの蕾や開花状況を観察してきました。

この畑にはカリンの親木とマルメロの親木があり、
4年前に頂いたカリンの実生苗を台木にして、
カリンやマルメロの接ぎ木苗を作っていました。

その接ぎ木苗に初めて花芽が着いて、開花した蕾も確認出来ました。
実生台木に同じ実生~穂木を採って接ぎ木しました。
4年目で開花です。
1misyoukarin190405_005.jpg




カリン実生台木に接いだ「マルメロ」です。
大きな蕾が着いていました。
1marumero190405_010.jpg




カリンの親木にはまだ蕾も見られます。
1karin190405.jpg




早く開花した花は結実した様子も見られました。
1karin190405_001.jpg




マルメロの親木には沢山の蕾が確認出来ます。
1marumero190405_016.jpg
拡大しますと蕾が見られます。



良い感じの蕾で、これから開花が始まります。
1marumero190405_020.jpg




同じ畑のキウイ棚では、
遅霜の被害が出ていました。
1kiuisimogare190405_029.jpg




早咲きの紅芯系には既に蕾が出ていますが、
もう遅霜が降りないことを願いたいところです。
1kousin190405_031.jpg




プルーンの開花が始まっています。
1PI190405_002.jpg




受粉樹の「スタンレー」も開花が始まっていました。
1stanray190405_003.jpg




下の畑1からの帰宅は徒歩でして、
ふと道路越しに日本蜜蜂師匠の裏庭に目をやりますと、
師匠と弟さんが虫取り網に延長棒を括り付けている様子が見えました。

駆け寄ってみますと、野桜の木に分蜂群が固まっていました。

小さな群ですが虫取り網で3,4回蜜蜂を掬い取り、
巣箱に移動させました。
1bunpou190405_033.jpg
分蜂時期にはまだ早いのに珍しい分蜂群の出現でした。
1週間位この巣箱に居座れば捕獲成功ですが・・・。

しばらくは、様子見とのこと。

::



スポンサーサイト




管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村