FC2ブログ
2018-10-10 17:08 | カテゴリ:柑橘類
大分過ごしやすくなりました。
秋の気配を感じますと、味覚の秋を実感します。

梨やリンゴ、柿などを頂いていますが、
もう少しで柑橘類も味わえそうです。

その一番手は12月の「紅まどんな」です。
先日、傷み果を食べてみますと酸味はあるものの
ジューシーで甘さも感じるミカンでした。
1benimadonna181010.jpg




ゼリーのような食感が楽しみです。
1benimadonna181010_001.jpg




植え付けて2年目のブラッドオレンジは初結実です。
1bladorenji181010_014.jpg
意外と早い結実で収穫が待たれます。
来年の3,4月の収穫です。



収穫は12月上中旬の「クレメンティン」。
甘みが強く、濃厚な風味と特有の芳香が楽しみなミカンです。
1crementin181010_004.jpg




スペイン生まれのネーブルオレンジ。
来年2月の収穫ですが市場に出回らないので自家栽培しか味わえません。
1naberina181010_006.jpg




収穫期:11月下旬ごろから1月上旬までが収穫適期です。
皮が薄く柔らかいので剥きやすく非常に食べやすいです。
果肉も紅色で糖度が高く(11~12度以上)
甘さが濃厚、酸味とのバランスも良く大変おいしいミカンです。
1ogasabeniwase181010_012.jpg




11月下旬が収穫期。
あと1ヶ月チョットで味わえるミカンです。
1mihaya181010_009.jpg




成熟期は露地栽培で1月中旬~2月上旬。
これも美味しいミカンです。
1tunokagyaki181010_008.jpg




先日、畑仲間が帰宅途中に収穫仕立ての「サツマイモ」を届けてくれました。
お礼に愛宕梨やリンゴの「シナノゴールド」を手土産に・・。
昨日、野菜畑でソラマメ用畝立てをしていましたら、
野菜仲間さんが畑に向かう途中で私に気付き寄ってきました。
先日の梨は大玉で美味しくてビックリしました・・とのお礼でした。

本来の収穫時期は11月以降ですが、
十分味わえる梨になっています。
今日も小さめの「愛宕」を収穫してきました。
1atago181010_038.jpg




上の畑内の多品種接ぎ柿では、
「太秋」が肥大中です。
1taisyu181010_034.jpg




一方、小粒の鑑賞柿の「老爺柿」も色付きが進んでいます。
1rouyagaki181010_027.jpg
この柿、完熟果は甘いです。



下の畑1,2の落下キウイを回収しました。
先日から紅芯キウイは少しずつ味わっていますが、
早生の紅芯キウイは甘くて美味しいキウイになっていました。
1kiui181010_040.jpg




黄肉キウイは早生と晩生があり、
早生種は紅芯系と同時期に味わえます。
1kiniku181010_044.jpg




本日の、回収・収穫果です。
リンゴはキウイの追熟に使用します。
1syukakuka181010_039.jpg




S.F.Takaさんに送る予定の「かおり」梨の苗を確認しました。
大玉で美味しい梨なのでお薦めした梨品種です。
1kaori181010_023.jpg

偶々、接ぎ木をやっていたので
落葉後には山形へ・・。

::






スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村