2013-02-11 18:30 | カテゴリ:さくらんぼ
趣味の桜桃では受粉用樹の不足が原因で
十分な受粉が出来ずに開花するものの結実不良を
よく経験し、来年は受粉環境の改善を・・と
反省はするものの
そう簡単に受粉樹を用意できるものではありません。

そんな状況を見かねた山形のS.F.Takaさんから
有難い贈り物が届きました。

以前から花粉採取用の穂木提供のお話は在り、
例年少量の花粉採取は手馴れていましたので
不要剪定枝を送って頂く予定でした。

只、今入手した穂木がすぐ開花するものではありません。
暫く(一ヶ月以上)生け花で管理する必要があります。

届いた荷物を解きますと沢山の穂木が入っていました。
高砂、ナポレオンがメインでおまけで紅きらりの穂木もありました。
jyufunyou0211c1.jpg
この剪定枝には短果枝が多く付いています。
例年、この様な枝は剪定して捨てているようです。

我々から見ますととても勿体無い気がしますが、
長果枝栽培が主体のS.F.Taka園では不要な花芽となるようです。

下の畑1のビニールハウスで管理しましょうかと思いましたが、
晴天時には30℃以上にもなるので20℃前後に抑えたいとのことで、
自宅二階の自室に置くことにしました。
南面の部屋ですので日中は程よく温まります。
jyufunyou0211c2.jpg
南面、日射し面を向いて撮影していますので暗く写ります。


横から二つのバケツに迫ってみました。
手前が「ナポレオン」で奥が「高砂」と「紅きらり」です。
jyufunyou0211c3.jpg



ナポレオンの入ったバケツです。
napoleon0211c1.jpg



迫ってみますと短果枝とはいえ立派な花芽です。
napoleon0211c2.jpg



こちらは「高砂」です。
takasago0211c1.jpg



やはり立派な花芽がついています。
takasago0211c2.jpg



おまけで月山錦用にと「紅きらり」の穂木を
サービスして頂きました。
benikirari0211c1.jpg

今回が初の試みとなる”生け花”花粉採取実験です。
先は長いです。
途中で断念となるのか・・、
開花が見られるのか・・

果たして花粉は採取できるでしょうか。


この様子は、
折々にレポートしてみます。

これだけの蕾数がまともに開花しますと、
恐らく3~5g近い花粉が採取できるはずですが・・、
今は”捕らぬ狸の皮算用”にならないことを祈るのみです。



・・


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/106-59dc2e2d