FC2ブログ
2018-08-27 15:45 | カテゴリ:
朝から危険な暑さでした。

下の畑2の垣根仕立て梨に農薬散布です。
序でにリンゴや柑橘類にも農薬散布しました。

垣根仕立て梨では早生種の赤梨が収穫できます。
2tikusui180827.jpg
見た目は青梨っぽいですが、赤梨です。



外皮は緑が残っていても完熟で
甘みの多い赤梨です。
2tikusui180827_010.jpg




典型的な青梨の「八雲」です。
当地の幼木では大玉に成りません。
1yakumo180827_003.jpg




大玉の「にっこり」は10月頃までの肥大は遅くて、
まだ小玉な梨ですが、
「愛宕」の肥大は早いです。
1atago180827_008.jpg




もう大玉の貫禄が見られますが、
これから2ヶ月以上樹上で肥大を続けます。
1atago180827_007.jpg
病虫害の防除が鍵となるでしょう。



柿もそろそろ肥大時期に入ってきます。
摘果したもののまだ成らせすぎの感が強いです。
1orenjiS180827_013.jpg




豊産性の「オレンジスター」は管理しやすい柿です。
1orenjiS180827_011.jpg




一方、チョット気難しいのが「宗田早生」で
摘果後も落下が続きます。
1soudawase180827_014.jpg




大玉狙いでは自然落下も良しとしましょう。
1soudawase180827_016.jpg




富有系統の「ジャンボ柿」はまだ小玉です。
1Jkaki180827_022.jpg




下の畑1の小木の「次郎」は、
展着剤と思って殺虫剤に混ぜたのは除草剤でして、
葉や実がボロボロ落果して何とか生き残ったのは幸いでした。

そこで貴重になったのがこの次郎です。
1jirou180827_026.jpg
味見用の2,3果は確保できるかも・・。



昨年は生らせ過ぎで全滅だった「いさはや」は
摘果して何とか残っています。
1isahaya180827_029.jpg
木が若木故、
大玉はまだお預けでしょう。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村