FC2ブログ
2018-06-20 09:09 | カテゴリ:単核類
今朝は梅雨本番の降りようでして、
昨日撮影していた畑の果樹写真の整理です。

さくらんぼも単核類ですが、既に終了しました。
桜桃栽培も縮小の方向でしょうか。
プロにお任せした方が良さそうです。

素人が暖地でもがいても、無駄なことと思い知らされました。


同じ単核類(梅・スモモ・アンズ・プルーン・桃・・)でも、
今年の結実は非常に良い傾向でした。

特にスモモの結実状況は生りすぎ傾向です。
摘果も2,3回やりましたがまだ不十分です。

庭先の「ニュー太陽」に高接ぎの「紅りょうぜん」が色付きでしました。
早速ヒヨが突っつき出しました。
1beniryouzen180619_002.jpg
接ぎ木台木の「ニュー太陽」も生らせ過ぎでしたので、
この後半分以下まで摘果しました。



玉サイズは良いのですが味は今一なスモモです。
1beniryouzen180619_003.jpg




上の畑内のプルーン「フロリナ」はコレでも2,3回摘果しています。
1frorina180619_023.jpg




まだまだ摘果不十分で小玉なプルーンです。
1frorina180619_024.jpg




同じ畑内のアンズ「ハーコット」はまだまだ収穫は続きます。
豊産でした。
1harcot180619_009.jpg
ヒヨが突っついていました。



鈴生りの「ニコニコット」は大分黄色みが濃くなってきました。
1niconicot180619_010.jpg
小玉品種でしょうが、摘果次第では100gは超えそうです。



「おひさまコット」は良い玉サイズになってきました。
まだ固いです。
1ohisamacot180619_019.jpg




受粉樹としての「サンタローザ」です。
1santaro-za180619_021.jpg
スモモの代表的品種です。



狭小ブドウ棚では、袋掛け後に肥大が進行しています。
1Gfinger180619_026.jpg




一度は諦めた「ビッテロビアンコ」も細々と復活です。
1Gol_Bittero180619_028.jpg




下の畑2の拡張畑でブルーベリー圃場を確保しましたが、
土壌が向いていない様で生育不良です。

ピートモスやバークを多めに使っていますが、
まだ安定しません。

僅かに着いた実は大粒です。(^_^;)
1BB180617_008.jpg

今年も追加苗で補強予定ですが、
BB収穫園はまだまだ先の話です。

::



スポンサーサイト

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村