FC2ブログ
2018-04-13 16:38 | カテゴリ:アンズ
桜桃の受粉作業も漸く終わりが見えてきました。
畑2のジョイントが残り4,5日で完結の予定です。

庭先の「月山錦」も受粉作業は終了ですが、
現状は厳しいものになりそうです。

打って変わり、上の畑内のアンズ類(一本立ちや高接ぎ品種)は、
悪くない結実状態です。

ゴールドコットに高接ぎの「巨紅」も
着け過ぎの状態で摘果が必要でしょう。
1kyokou180413_012.jpg




今年の「ハーコット」はチョット違います!!

いずれ生理落果する小さい不完全受粉果は少なくて、
残りそうな上玉が多く付いています。
1harcot180413_034.jpg




今年は完全復活の宣言をしても良いかもしれません。
1harcot180413_031.jpg




受粉に貢献した「ニコニコット」も良い実付きです。
1niconicot180413_024.jpg




「ハーコット」の受粉樹は「ニコニコット」でOKでしょう。
1niconicot180413_017.jpg




ハーコットの樹冠部に高接ぎの「おひさまコット」も
今年は上出来です。
1ohisamacot180413_027.jpg




開花時の花数は見応え十分だった「フロリナ」では、
結実幼果が確認出来る様に成りました。
1furolina180413_022.jpg
最終的には少し摘果して樹の負担を軽減の予定です。



去年、初めてこの酸果桜桃でジャムを作りました。
今年の開花状況は今までに無い花数で、
漸く本来の「モンモレンシー」の実力発揮と言うところでしょうか。
1monmolency180413_079.jpg
S.F.Takaさんの言う、
”ザクザク生る”もあり得そうな状況です。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/1006-3b06c446