FC2ブログ
2020-05-30 20:35 | カテゴリ:ブドウ
今日は野菜畑で玉ねぎの収穫後、
シャインマスカットの雨除け屋根下で吊るし干しです。

庭や上の畑内ではブドウ品種が4品種ほど栽培中です。
大粒品種では開花満開時に種無しブドウを目指して1回目のジベレリン処理です。

各畑にもブドウがあるので子のジベレリン処理は開花時期が揃わないので
結構大変です。
昨日が1回目25ppmジベ処理の最終日でした。

6月8日が2回目のジベ処理日となり、2回目は一気に終わる予定です。

玄関横のヒムロッドシードレスは種無し品種ですが、
顆粒肥大のためにジベレリン100ppmを1回処理します。
その処理も昨日終了しています。
昨日のジベレリン処理後に新梢の切り詰め処理と脇芽処理を行っています。
1himurod200530_030.jpg


ジベレリン処理と一緒にベンレート殺菌剤で処理しました。
1himurod200530_013.jpg


ビコーで袋掛けを行う予定です。
1himurod200530_018.jpg 


大粒ブドウで赤いブドウは魅力的です。
小さいブドウ棚なので少なさは半端ないです。
1golby200530_039.jpg


1回目のジベレリン処理が終了したので2つ残していた目印を1つにしています。
1golby200530_042.jpg


2回目のジベ処理後にビコーをかける予定です。
1golby200530_044.jpg
ブドウが面白くなってきました。


庭のサクランボ置き場では、既に「正光錦」を収穫済みで、
現在「紅秀峰」や「香夏錦」が色付きを増しています。
1benisyu200530_036.jpg


横の「月山錦」に貴重な1粒です。
1gassan200530_012.jpg


ブドウ棚の南側に酸果桜桃の「モンモレンシー」が
結実中です。
1sankaoutou200530_068.jpg 


スモモ類も枯らして絶えた品種も数知れずでして、
大分少なくなりました。
1beniryou200530_064.jpg


上の紅りょうぜんはこの「ニュー太陽」に
高接ぎした一枝です。
1newtaiyou200530_065.jpg


プルーンの「フロリナ」は肥大中!!
1frolina200530_045.jpg
この畑には他に「パンサー」も結実中です。

アンズ類ではメインの「ハーコット」です。
1harcot200530_049.jpg


受粉樹の「ニコニコット」のお蔭で、
結実が確保されています。
1harcot200530_061.jpg


同じ畑の梅に高接ぎのアンズの「甘太郎」も
結構大実です。
1kantarou200530_047.jpg


ハーコットの横で頑張る「ニコニコット」です。
豊産性で意外と大きくなります。
1niconico200530_053.jpg


ハーコットに高接ぎの「おひさまコット」も
大玉品種です。
1ohisama200530_060.jpg

今年の桜桃は大不作ですが
他の果樹はそこそこで期待できそうです。(^_^)

::



スポンサーサイト



2020-05-24 18:03 | カテゴリ:もも
今朝は町内の清掃日、調整池の草刈りでした。

一汗かいた後は、下の畑1へ出かけましたが、
うっかり虫よけが不完全で、昼食後に再度出かけました。

やぶ蚊が発生しているので
この時期は蚊取り線香と虫よけスプレーは欠かせません。

この畑には6、7本の桃が栽培中ですが、
防虫対策が不完全でまともに収穫できていません。

今年は、一部の桃品種に袋掛けして収穫を目指します。

昨日は「ハネージュ」や「西王母」に少し袋掛けを施しています。
今日のメインは「日川白鳳」です。
1hikawahaku200524_041.jpg


昨年縮伐で収穫なしでしたが、
今年は復活しました。
1hikawahaku200524_047.jpg


込んだ結実を間引きながら、
袋掛けを行いました。
1hikawahaku200524_059.jpg


毎年、桃の時期にはハクビシンがやってきます。
今年はまだ気配がないのが不気味です。
1hikawahaku200524_052.jpg


スモモ類も結実は良好な様子。
1sumomo200524_036.jpg


キウイ棚では現在「香緑」が開花中で、
先行の更新系キウイは既に肥大が始まっています。
1kiui200524_004.jpg


今年は摘果を徹底して大玉の紅芯系キウイを狙います。
1kiui200524_007.jpg


リンゴは高接ぎした品種が今年から結実です。
1ringo200524_017.jpg


元木の「ぐんま名月」の実付きも良好です。
1ringo200524_021.jpg


2年間、瀕死状態だった「ぽろたん」が回復傾向です。
1polotan200524_062.jpg


花穂が伸びています。
1polotan200524_069.jpg


トゲナシ栗も元気です。
1togenasi200524_071.jpg


狭い畑では大きくなり過ぎた棘なし栗です。
1togenasi200524_073.jpg


この畑では接ぎ木苗の「スパルタン」が健在です。
1spartan200524_086.jpg


昨日も収穫して帰りましたが、
今日も色付きが増していました。
1yurika200524_081.jpg

明日もこの畑で桃やナシの袋掛けを続ける予定です。

::


2020-05-18 21:11 | カテゴリ:
昨年は梨類に袋掛けしませんでした。
まともな果実は収穫できずで、袋掛けの重要性を再認識しました。

今年はしっかり摘果して、少なめの袋掛けで終了予定です。
梨類は各畑で栽培していますが、今日は下の畑2での袋掛けでした。

受粉樹の「豊水」は少ない開花でした。
1housui200518_042.jpg


多品種接ぎの梨には、
にっこりや愛宕などの大玉品種が接いであります。

「にっこり」はビコーを使って袋掛けしました。
1nikkori200518_011.jpg


愛宕もビコーを使っての袋掛けです。
1atago200518_005.jpg


「愛宕」の1本立ち苗はまだ小さいが実付きは良好です。
1atago200518_015.jpg


垣根仕立て梨では新高・筑水・王秋・かおり・幸水・にっこり・
愛宕・甘太・八雲など・・
1kakinenasi200518_043.jpg



1kakinenasi200518_044.jpg



1kakinenasi200518_048.jpg


リンゴ類も結実が確認できるようになりました。
今年の「ブラムリー」は豊作の予感です。
1bramury200518_016.jpg


「あいかの香り」も豊産性で実付きは最高でしょう。
1aika200518_027.jpg


隣の「グラニースミス」も似たような状態です。
1granysmis200518_029.jpg


この畑には柑橘類が豊富です。
開花・結実は嬉しい時期です。

「不知火」はデコポンに変身するでしょうか。
1decopon200518_031.jpg


「ナベリーナ」は沢山の花が咲きました。
結実もよさそうです。
1naverina200518_036.jpg


昨年初生りの柚子でしたが、
今年の花数は倍増以上で増産が期待できそうです。
1yuzu200518_034.jpg

柑橘類も種類が多くて、興味深い品種が多いです。
落葉果樹にない魅力があります。

::



2020-05-09 20:01 | カテゴリ:ブドウ
ブドウも開花を前に房作り作業が待っています。
特に3倍体、4倍体品種は大玉品種が多く、房整形が必須作業です。

平均的には1房の粒数が30~40粒前後となり、
房整形段階では果房の先端部を3cmほど残す作業です。

上の畑内の小さなブドウ棚にはゴルビーと他品種が鬩ぎあいです。
場所があれば広いブドウ棚で栽培してみたい品種の「ゴルビー」です。
1gorby200509_011.jpg
一粒づつの蕾が確認できます。

大きなブドウ棚であればもっと大きな果房ができますが、
4平方メートル程度の棚では仕方ないでしょう。
1gorby200509_015.jpg


房整形でですが、ネットで得たテクニックで、
ジベレリン処理を2回行うので、
処理済みの房は2つ残した黄色矢印の切り残し花房を落としていきます。
1gorby200509_023.jpg
開花が一斉にそろうことは少なく、この様な忘備録的工夫が必要ですね。

20分程度で完了です。
1gorby200509_034.jpg


玄関横のヒムロッドシードレスは特に房整形はありません。
結実後に100ppmのジベレリン処理が行われます。
1himrod200509_045.jpg


ジベ処理時にベンレート水和剤を加えて晩腐病、黒とう病の予防。
1himurodo200509_047.jpg


庭の東のブドウ棚では「シャインマスカット」が細々と・・。
1syainM200509_036.jpg


この花房整形もジベレリン処理用忘備房を残しています。
1syainM200509_039.jpg



1syainM200509_040.jpg

来週半ばころにストマイ処理で、
その後開花時に合わせてジベレリン処理が始まります。

::


2020-05-09 17:52 | カテゴリ:さくらんぼ
正直なところ、今年の月山錦の人工授粉は真面目にやりませんでした。
何をやってもダメな月山錦・・。
今年も同じだろうし2,3粒黄色いさくらんぼを収穫したところで
何の自慢にもならないし・・。

そんな心境で、一応3,4日は人工授粉を行いましたが、
例年の実施内容に比べると明らかに手抜きでした。

ジョイント桜桃の方は真面目に通って、
人工授粉を2時間ほど繰り返していました。

1,2年前から我が家の桜桃樹の樹勢が弱い感じを持っていました。
SF.Takaさんとのスカイプでもこれを話題にしたことがあり、
肥料分で窒素分の少なさを感じていました。

そこで、月山錦などへの施肥も尿素やぼかし肥料などを多めに施してみました。
今年の月山錦の葉の大きさを見る限りまだ窒素分が少ない感じです。

おそらくこの傾向はジョイント桜桃でも言えることかと考えています。


さて本題ですが、手抜きの人工授粉で
今年も2、3粒の月山錦の予定でしたが、
ちょっと様子が違います。

あんなに手を抜いたのに、意外と結実状況は多い感じです。
・・と言っても、山形の比ではなく、
あくまでも我が家の例年の「月山錦」との比較です。(^_^)
1gasan200509_003.jpg
例年であれば、この画像1枚で終わりです。
しかし今年は、こんな画像が何枚も撮れます。

更に、今迄になかったなり具合です。
暖地での普通のサクランボの様な結実状態の1かそうは珍しいです。
1gasan200509_049.jpg
例年通りに、真面目に受粉していたら・・、
と取らぬ狸の皮算用とため息です。(^_^)


不完全ながら複数個の受粉も嘗てなかった受粉状況でしょう。
1gasan200509_050.jpg

これが肥培管理の影響かは、まだ不明です。
しかし、窒素分の増強施肥作戦は続けたいところです。

SF.Takaさんの「月山錦」は、
真面目に複数回の受粉作業が功を奏した感じです。

自分のことのように月山錦の豊産風景は嬉しいものです。

::



2020-05-06 13:34 | カテゴリ:下の畑2
春の天気は長続きしません。
変わりやすい天候に振り回されます。

今日は午後から降雨かと予想して下の畑2へ出かけ、
草刈り機のスロットル調整後に駐車場の草刈りを実施です。

その後、果樹の様子をカメラに収めていますと、何やらポツポツト・・
9時前から雨が降って来ました。

目的の作業は完了したので早目の帰宅となりましたが、
家内は洗濯物を干したまま出掛けていたので、軒下に退避しました。

キウイ棚では1週間前から紅芯系の雌花が開花していましたが、
雄木の「早雄」がまだ開花していない状況でしたが、
今日見たところでは早雄も開花していました。
1souyu200506_016.jpg
紅芯系の雌花では雄木の開花が遅れたために受粉出来なかった花もありそうです。

雌雄の開花が同期する年もありますが、
今年のようにズレることも少なくないです。
安全策としては、雄木の花粉を保存しておくことでしょう。
1kousin200506_020.jpg


「レインボーレッド」がただいま開花中!!
1rainboR200506_023.jpg


黄肉系の「東京ゴールド」が開花していました。
早いです。
1tokyoG200506_027.jpg


雄木の「孫悟空」はまだ咲いていませんが、
蕾のふくらみが確認できました。
一応、早雄が開花中なので問題はなさそうです。
1songoku200506_029.jpg


スモモも各品種で結実兆候が確認できています。
注目はこのアルプス王子に高接ぎの「李王」ですかね。
1ALouji200506_046.jpg


着果状態は悪くないです。
何が良かったのか?
この畑ではまだ「太陽」は開花していませんでした。
1riou200506_041.jpg
兎に角、李王が生ったのは嬉しいことです。


さて今年は、少しリンゴも👍をかけて行こうかと・・。
無袋で農薬散布の頻度を高く管理する・・・
1toki200506_003.jpg


実付きが良い「スイートメロディー」は
もう少し大玉にしたい・・ところです。
1SWmerody200506_005.jpg


スリムレッドは既に形は完熟果の様な・・。
1slimR200506_033.jpg


今年のブラムリーは花数が増えています。
豊産を期待したいところです。
1bramury200506_011.jpg


昨年の「マイヤーレモン」は豊作でした。
今年も花数から察して、更なる豊作か?
1lemon200506_054.jpg


安定的な実付きを示す「オレンジスター」です。
1orenjiS200506_036.jpg


今年初生りが見られるか。
1kousyu200506_048.jpg


宗田早生の収穫主体株が駄目になったので、
この2代目に期待ですが、まだか細い木です。
1soudawase200506_053.jpg


レインカットブドウは果房が出始めています。
大房は目にするだけで嬉しくなります。

今月15日ころにストレプトマイシンの散布を予定しています。

その5日後位に開花が始まればジベレリン処理待っています。
お気に入りの「クイーンニーナ」です。
1Qneena200506_068.jpg


昨年は不調だった「瀬戸ジャイアンツ」は回復できたでしょうか。
1setoG200506_064.jpg


株がだいぶできてきました。
1syouhei200506_070.jpg


高妻も株が大きくなれば戦力です。
1takatuma200506_060.jpg

ブドウが面白くなってきました。
更なる進展を期して・・・。

::


2020-05-03 22:17 | カテゴリ:上の畑
STAY HOME
ステイ 畑、ステイ 果樹園、ステイ 野菜畑
ここ一週間、家内以外の人との会話は、
昨日の兄貴と今朝の野菜専門のお爺さんとの挨拶程度です。

安全第一で今日も上の畑内で各種果樹の結実状況観察です。

先ずは、ブルーベリーから
早生種の「ユーリカ」です。大粒で美味しい品種です。
1yurika200503_001.jpg
既に大粒の気配満載です。

色付きも早そうなユーリカです。
1yurika200503_007.jpg


「ピンクレモネード」も美味しいBBです。
ピンクの着色が面白いBBです。
1pinkL200503_002.jpg


今年はメジロの受粉や日本蜜蜂の訪花も盛んです。
1BB200503_011.jpg


BB圃場の隣には多品種接ぎのスモモが結実良好で鎮座しています。
「プラム井上」の肥大が順調です。
1Pinoue200503_015.jpg


古株の「太陽」です。
1taiyou200503_078.jpg


プルーンの「フロリナ」は適度な実付きで
肥大には好都合です。
1frorina200503_034.jpg


パンサーはほどほどの結実が良い傾向です。
1panser200503_080.jpg


多品種接ぎ梨は和・洋の各品種で結実しています。
元木の「ラフランス」です。
1lafrance200503_046.jpg


ル・レクチェです。
1lurekche200503_053.jpg


バートレットです。
1bertlet200503_049.jpg


豊水とともに受粉樹として貴重な「八雲」です。
1yakumo200503_060.jpg


凛夏の結実は良好です。
1rinka200503_066.jpg


アンズの結実は「ニコニコット」の受粉効果が必須です。
今年は際どく間に合った様子です。
1anzu200503_086.jpg


「ハーコット」です。
味見ができそうです。
1harcot200503_071.jpg


豊産性の「ニコニコット」です。
1nikonikot200503_075.jpg


暖地桜桃は防鳥ネットで覆っています。
1danti200503_032.jpg


さくらんぼ置き場ではにぎやかし程度の結実です。
1beniyutaka200503_020.jpg



1kouka200503_023.jpg


問題の「月山錦」です。
10粒くらいは残るかも・・と。
1gassan200503_026.jpg


ブドウ棚では果房が伸び始めています。
1golby200503_037.jpg


梅の木では、紅映と南高が肥大中です。
1ume200503_090.jpg


キンカンの多品種接ぎでは、
西南のひかりが開花中です。
1seinannohikari200503_084.jpg

ほどほどの良い天気が続いています。
今夜は雨で良いお湿りになりそうです。


::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村