FC2ブログ
2020-04-23 18:03 | カテゴリ:さくらんぼ
スポンサーサイト



2020-04-16 19:56 | カテゴリ:果樹の開花
スモモや桃の花が終了に近くなると
梨の開花が大きく進み、そしてリンゴ類の開花が始まります。

下の畑2ではリンゴの「スリムレッド」が咲き出しました。
小さく可憐な花です。
1slimR200416_003.jpg


実も卵を一回り成長させたようなリンゴです。
1slimR200416_007.jpg


最近はやりの赤い果肉のリンゴです。
1RSw_HF6200416_009.jpg


鉢植えの「メイちゃんの瞳」は開花も早い品種です。
1meichan200416_082.jpg


畑では萌黄色に芽吹いた柿の新芽が鮮やかです。
1orenjiS200416.jpg


ジョイント桜桃も開花が始まっていまして、
連日人工授粉で通っています。
1joint200416_039.jpg


暫く人工授粉作業が朝一番の作業になります。
1joint200416_040.jpg


庭の「サクランボ置き場」でも受粉作業が続いています。
1beniyutaka200416_062.jpg


「月山錦」も開花が進んでいますので、
紅きらりの花粉で人工授粉しています。
1gassan200416_074.jpg


花はよさげに咲いていますが・・・
1gassan200416_079.jpg
結実しないサクランボ品種です。

開花が早い中国実桜は既に幼果が賑やかです。
1danti200416_112.jpg


上の畑内の多品種接ぎ梨では和梨や洋梨の開花が
真っ盛りです。
1tahinnasi200416_096.jpg


高接ぎの「甘太」の開花状況です。
1kanta200416_099.jpg


ポポーの地味な花です。
1popo200416_029.jpg


今期の日本蜜蜂の分蜂は極めて順調です。
今日時点で、捕獲分蜂群は6群でした。

午後のことです。
自前の巣箱で時騒ぎが起きていたので注目していましたら、
そこから5,6m離れた〈河津桜〉に蜂の群れが乱舞しでしていました。
出所不明の蜂たちでしたが、
やがて2つの蜂球ができました。
1bunpou200416_114.jpg
大きさに差がありますが、
いい感じで固まっていました。

脚立を用意して自作のたも網と刷毛で一つづつ蜂球を捕獲して、
空き巣箱に移動してもらいました。

1bun_hokaku200416_116.jpg
蜂は習性的に暗い巣箱目指して這い上がって行きます。
一気に2群の追加となりました。

これで、今期の捕獲数は8群目となりました。

::




2020-04-06 22:57 | カテゴリ:下の畑2
寒の戻りや強風など、不安定な春先の天候が続きます。
朝晩の冷え込みも気を付けませんと、
体調を崩すこともあり得ます。

外出は畑への往復のみで、
極めて健康的な毎日です。

下の畑2では一本立ちの梨品種と多品種接ぎ梨、
更に垣根仕立て梨で開花が始まっています。
1housui200406_017.jpg
豊水は多くの和梨・洋ナシの受粉樹になります。

結実性の高い梨品種の「愛宕」です。
小苗でも良く実が付きます。
1atago200406_020.jpg


中国梨の元木に8~9品種の梨を高接ぎしています。
1tahi_nasi200406_002.jpg


高接ぎの「愛宕」と「にっこり」の花です。
1atag_nikko200406_010.jpg  


垣根仕立て梨も賑やかに咲いています。
1kakinenasi200406_037.jpg


左手前の垣根は「豊水」が咲いています。
1kakinenasi200406_040.jpg


今年の梅は裏年の様です。
1nankou200406_027.jpg


プルーンの「フロリナ」です。
1frolina200406_016.jpg


スモモの「李王」には今年、「太陽」を高接ぎしました。
1riou200406_014.jpg


桃水に高接ぎの「山吹大玉あかつき」にたくさん花がつきました。
1tousui200406_061.jpg


今年のキウイの出来は如何でしょうか。
1kouh_rain200406_043.jpg


「いちごキウイ」の初生りは楽しみです。
1itigi_JR200406_052.jpg
紅芯系の大玉品種は注目です。

野イチゴの株がだいぶ広がってきました。
1kajiitigo200406_022.jpg

盛土の崩れ防止にカジイチゴの根張りの良さが有効です。

::

2020-04-04 16:49 | カテゴリ:日本みつばち
今年は絶好調です。
既に昨日までの分蜂捕獲群は3群であります。
この3群はすべて1つの巣箱から分蜂しています。

そして、今日の午後、庭の東側に置いている巣箱で分蜂が始まりました。
1bunpoukaisi200404_002.jpg

30分ほど乱舞していましたが、
やがて6mほどのところにある河津桜の幹に蜂球を作りました。

2.5mの高さに蜂球があるので脚立で足場を確保し、
手製のたも網で蜂球を確保しました。
1kawazu200404_004.jpg


昨日までは、たも網で捕獲した分蜂群は用意していた空き巣箱に
払い落していましたが、
昨日作成していた分蜂群が自発的に巣箱に這い上がる様に
木枠を用意していました。
1hokaku200404_011.jpg
蜂を傷めることなく自発的行動で新巣箱へ移動してもらいます。

蜂球の中に女王バチが含まれていれば、
外にいる蜂たちも新しい巣箱に入っていきます。
1sinkyo200404_013.jpg

暫く巣箱の周辺に張り付いていた蜂たちも吸い込まれるように
巣門から入っていきました。

まだ分蜂していない巣箱が2つ残っています。

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村