FC2ブログ
2020-02-10 15:52 | カテゴリ:実生苗
3、4年前にも中国産の種を取り寄せたことがありました。
数種類の花木の種でしたが、発芽したのは「イチゴ」だけで、
まったく品種が違う代物でした。

性懲りもなくまた始めました。
きっかけは「フィンガーライム」の種を探した時でした。

国内の取扱者さんは結構いい値段です。
そこで、ふと思い出したのが中国産でした。

商品を見ている内にFL以外でも面白そうなのでポチッとしています。
ちなみに5品種を注文したのが昨年の12月17日でした。

忘れたころに到着するのがチャイナ便です。
まずは注文時のサイト画像です。
1tane200210_007.jpg
注文時の価格ですが、今日サイトでバナナの価格は144円でした。
価格は刻刻変化しています。

さて、55日ぶりに届いた種を並べてみました。
1tane200210.jpg
注文通りの種が入っていました。ちなみに送料は無料でした。

おそらく普通のトマトでしょうが、
発芽しますか否か・・。
1tomato200210_001.jpg
一応、商品カタログの末尾には発芽を促すため温かいお湯に8時間漬けて
種が少しフヤケル位が良いらしい。

畑の法面にこんなパンパスグラスがあったら
目立ちそう・・。
1pamviol200210_002.jpg
たっぷりと入っています。

目玉の「フィンガーライム」の種です。
普通のミカンの種と同じ大きさです。
一応、『グリーン』種です。
1FLgre200210_003.jpg


こちらは「レッド」です。
1FLred200210_004.jpg


パンパスグラスのイエロー種です。
1Pamyel200210_005.jpg


最後はご愛敬で『ミニバナナ』の種です。
本当かしら?
1bana200210_006.jpg
これから種まきには丁度良い季節になります。
お湯でふやかす・・方法に発芽を託します。

しばらく楽しめそうな種購入でした。

実は、他のサイトでも各種の種を注文しています。
追々、郵便受けに届くことでしょう。
一応発送の連絡は来ています。

::

スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村