FC2ブログ
2020-02-14 14:36 | カテゴリ:ブドウ
ブドウの休眠枝接ぎは苦手な接ぎ木でして、
何年か前に同じ様な接ぎ木挿しを行いましたが
管理不足で失敗しています。

今回は2度目の挑戦ですので5割の成功率を目指します。
発根には27℃の地温が必要です。
幸い保温設備は手持ちの道具で賄えそうです。
フィンガーライムの挿し木に使った保温環境です。

昨日は23.6℃の気温でsシャツ1枚で汗ばみました。
今日は曇りながら17℃で作業しやすいです。
開花中の河津桜にはメジロやヒヨドリが集まりにぎやかです。
1kawadu200214_036.jpg



1kawadu200214_038.jpg


さて、今回の接ぎ木作業で参考にしたのは
九州⼤学農学部附属農場 果樹研究室の
ブドウの接ぎ木(鞍接ぎ) です。

その手順に沿って、
穂木と台木のクサビ加工から・・。
一応、切り出し刀や鋏類はアルコール除菌しています。
1kirimen200214_013.jpg


穂木と台木は同じくらいの太さが理想ですが、
違っても片方の形成層を合わせれば問題ないと思います。
1kuratugi200214_002.jpg
この鞍接ぎでは結合性が良い感じです。
ちなみに台木は「テレキ5BB」の挿し木苗です。

結合後に余計な部分を鋏で処理します。
1kuratugi200214_014.jpg
その後、メデールテープで台木と穂木を保湿するように巻いています。

挿し床は厚さ7cmのロックウールを7cm角に切り、
バットに水を張って吸水させていました。

挿し木時には発根促進剤の「CLONEX」を塗布しています。
1sasidoko200214_022.jpg


簡易ビニールハウス内に置いた水槽へ
バット毎設置しました。
1hooncase200214_023.jpg


27~28℃前後に設定して温度管理します。
1sarmo200214_026.jpg


ブドウの挿し木や居接ぎでは
遮光下で管理するとカルス形成が促進されるようです。

よく畑でブドウ苗を作る際に
挿し穂全体に土をかぶせるのは遮光しているからの様です。
1syakou200214_027.jpg

今回は上手く行きますように・・。

::









スポンサーサイト



2020-02-11 16:10 | カテゴリ:柑橘類
毎年のように立派な「デコポン」を送ってくださる
クロムさん(FB友・果樹仲間)から沢山のデコポンが届きました。

柑橘類の中では糖度が高くて大変美味しいデコポンは、
この時期の楽しみでもあります。

段ボール箱にギッシリ詰まっていました。
1dekop200211_014.jpg


追熟してのプレゼントですので、
即味見ができます。
1dekop200211_015.jpg


自作のデコポンは5,6個追熟して、
先日から試食し始めたところです。

クロムさんの固く締まったデコポンに比べますと
ひ弱なデコポンでした。

いつかはこの様な立派なデコポンを作って
クロムさんに味見してもらいたいところです。
1dekop200211_016.jpg

クロムさん、ご馳走様です。
暫くは極上のデコポンが味わえて嬉しいです。

::




2020-02-10 15:52 | カテゴリ:実生苗
3、4年前にも中国産の種を取り寄せたことがありました。
数種類の花木の種でしたが、発芽したのは「イチゴ」だけで、
まったく品種が違う代物でした。

性懲りもなくまた始めました。
きっかけは「フィンガーライム」の種を探した時でした。

国内の取扱者さんは結構いい値段です。
そこで、ふと思い出したのが中国産でした。

商品を見ている内にFL以外でも面白そうなのでポチッとしています。
ちなみに5品種を注文したのが昨年の12月17日でした。

忘れたころに到着するのがチャイナ便です。
まずは注文時のサイト画像です。
1tane200210_007.jpg
注文時の価格ですが、今日サイトでバナナの価格は144円でした。
価格は刻刻変化しています。

さて、55日ぶりに届いた種を並べてみました。
1tane200210.jpg
注文通りの種が入っていました。ちなみに送料は無料でした。

おそらく普通のトマトでしょうが、
発芽しますか否か・・。
1tomato200210_001.jpg
一応、商品カタログの末尾には発芽を促すため温かいお湯に8時間漬けて
種が少しフヤケル位が良いらしい。

畑の法面にこんなパンパスグラスがあったら
目立ちそう・・。
1pamviol200210_002.jpg
たっぷりと入っています。

目玉の「フィンガーライム」の種です。
普通のミカンの種と同じ大きさです。
一応、『グリーン』種です。
1FLgre200210_003.jpg


こちらは「レッド」です。
1FLred200210_004.jpg


パンパスグラスのイエロー種です。
1Pamyel200210_005.jpg


最後はご愛敬で『ミニバナナ』の種です。
本当かしら?
1bana200210_006.jpg
これから種まきには丁度良い季節になります。
お湯でふやかす・・方法に発芽を託します。

しばらく楽しめそうな種購入でした。

実は、他のサイトでも各種の種を注文しています。
追々、郵便受けに届くことでしょう。
一応発送の連絡は来ています。

::

2020-02-08 15:12 | カテゴリ:鳥寄せ
今朝までは寒波で冷え込みましたが、
日中は気温が上昇して過ごしやすいです。

下の畑2では例年のような花盛りではないですが、
梅の花が咲いています。
よく見ると日本蜜蜂の訪花も見られます。

一番花数が多い「翠香」です。
1suikou200208_022.jpg


花は咲けども実が残らない「玉梅」です。
1gyokubai200208_014.jpg


高接ぎ枝の「紅映」は良さそうです。
1benisasi200208_019.jpg


今年の「南高」は不昨年になりそうです。
1nankou200208_017.jpg


庭先に置いている日本蜜蜂です。
アカリンダニ対策が功を奏した感じで、
4群が残っています。
1hati200208.jpg


先月は近場に西洋蜜蜂の10群以上を設置されて、
蜜蜂師匠の群は大打撃でした。
盗蜜被害を目の当たりにして西洋蜜蜂の凶暴さに驚きました。
1hati200208_044.jpg
幸い西洋蜜蜂の飼育者と連絡出来て
引き上げてもらいました。

我が家も撤収があと1日遅かったらNo.1巣箱は危ないところでした。

先日、この巣箱の様子を内検しますと、
重箱3段が埋まっていました。
1hati200208_002.jpg


角銅巣箱は管理しにくいので、
重箱に変更したいところです。
1hati200208_003.jpg 
今年は分蜂群を3群以上確保したいところです。


さて、お遊びですが野鳥の楽園を・・と、
模索を始めました。

庭の東寄りには海棠の木があり
赤い実を残しています。
この実を求めてヒヨドリがやってきます。

庭先ではシジュウカラやコジュケイの親子、
ムクドリ、ホオジロなどをよく見かけました。
そこで、
餌付けしてヤマガラも呼んでみましょうかと・・。

Amazonで格安のエサ台を購入し、
野鳥用の撒き餌やヒマワリの種などを購入しました。
1esaba200208_039.jpg
このエサ台は小鳥たちには好評のようで、
設置した翌日から河津桜の枝から経過しながら6mほどの距離を
飛んできます。

最初に「シジュウカラ」がやってきました。
カイドウの枝にミカンを輪切りにして挿してみますと
メジロとヒヨドリが啄みに来ます。

気をよくして、本日ペットボトルで自作エサ台を作りました。
庭中央のスモモの枝に吊るしました。
1esaba200208_038.jpg


メジロは河津桜の蜜も吸います。
そして、ミカンを突っつきます。
1mejiro200208_041.jpg


シジュカラは野鳥用の穀類より、
ヒマワリの種が好物のようです。
1sjjyukara200206_008.jpg


3日目に来ました。
慣れると人の手から餌をとるらしいヤマガラです。

いつかはそんな風景を写真に収めたいところです。
野鳥観察初心者としては何とか画像に残したいところです。
幸い、250mmの望遠ズームレンズがありましたので
訪問した鳥たちのスナップを残しています。
1yamga200208_007.jpg

FB友に写真の名人が居まして、
野鳥観察のショットは凄い画像です。

いつかはあんなショットを掲載したい思いでカメラを抱えています。

::


2020-02-05 14:57 | カテゴリ:
今朝は今冬3度目の降霜でした。
今季最強の寒波が来ているようで当地でも久しぶりの霜でした。

畑は真白く朝日に輝いていました。
そんな畑で、早目の柿接ぎ木作業です。
目玉穂木は大玉渋柿の「太天」と甘柿の「麗玉」です。

畑内には各種の甘・渋柿がありまして、
大きな木はないですが収穫時期には賑やかな柿が賞味できます。
一番のお気にリは「宗田早生」です。

大玉で果肉の触感も滑らかな美味しい甘柿です。
ここ2、3年は台風の強風被害で枝裂けの連続で、
痛々しい樹形です。
画像左がその樹で右は2代目の若木です。
1souda200205_014.jpg


オレンジスターも安定的な収穫株で貴重です。
右は補完苗です。
1orenjiS200205_013.jpg


富裕の枝変わりの「ジャンボ柿」も右に補完苗を確保しています。
1jyanbokaki200205_008.jpg


大玉柿で知られる「いさはや」です。
1isahaya200205_006.jpg


畑1の元木が枯れそうなのでこの「次郎」は大事にしたいところです。
1jirou200205_011.jpg


小木ながら結実が良好な「花御所」です。
1hanagosyo200205_035.jpg


今年あたりに初結実を期待したい「紅秋」です。
1kousyu200205_005.jpg


古い品種で不完全甘柿の「禅寺丸」は受粉樹に良いらしい。
1zenjimaru200205_019.jpg


昨年渋柿で収穫できたのはこの「会津身不知」だけでした。
1aizumisirazu200205_016.jpg


結実したものの最終的には落下で無収穫の「蜂屋」です。
1hatiya200205_017.jpg


今年は結実しそうな「平核無」です。
1hiratanenasi200205_020.jpg


接ぎ木はこの作業から・・。
2本の太枝は鋸で切り詰めて「宗田早生」を高接ぎしています。
1souda200205.jpg


柿実生台に今年も「宗田早生」を居接ぎしました。
1souda200205_031.jpg


大玉「太天」の居接ぎです。
大玉過ぎて干し柿には向いていないようです。
さわし柿が良いらしい。
1taiten200205_029.jpg


新品種は3本ほど居接ぎしました。
1taite_reigyo200205_032.jpg


10月中下旬頃が収穫適期で落下が少ないらしい・・。
1reigyoku200205_030.jpg


麗玉の居接ぎ3本なり!!
1reigyoku200205_033.jpg


アルコールなどで渋抜きして市場に出回るようです。
1tonehiratanenasi200205_034.jpg

昨年は甘柿を沢山賞味できました。
今年も昨年以上の豊作を願いたいところです。
渋柿も渋抜き作業の方が簡単で干柿はスルーしたいところです。

::

2020-02-02 15:33 | カテゴリ:アボカド
もう何年経過したのかも分からない実生苗。
少なくても25年以上経過した筈のアボカド実生苗は、
玄関横のブドウ棚下でいじけていました。

伸びたら切りつめの繰り返しに良く耐えてきました。
枯れ込んだ主幹は直径8cmほどありましたが、
堀上時に切り取り青い幹のみ残しました。

実生苗は1本でしたが、いつの間にか2本立ちになっていました。
昨日、掘り上げましたが根が腐っていて
活着は難しい状態です。
1avokado200202.jpg
耐寒性は充分な苗でしょう。


今朝、運搬前に枝を整理しました。
移植時のお約束みたいなものですが、
今回は特に根鉢が不良ですから余計な蒸散は防ぎたいところです。
1avokado200202_004.jpg


下の畑2の拡張畑に植え付けました。
管理不足のオリーブが虫に入られて4、5本枯れそうです。
その一角にアボカドを植え付けました。
1avokado200202_010.jpg
植え付け時には大きな葉を付け根付近で切り取り、
蒸散を軽減しています。

こちらの方が根鉢が良好で、
活着の可能性があるかもと見ています。
1avokado200202_012.jpg
耐寒性アボカド、何とか残ってほしいところです。

畑の外から植え付け直後のアボカドや今朝庭から運んだ斑入り葉の「椿」も
植え付けています。
1hatake200202_025.jpg


畑の周囲は電柵を張り巡らせています。
外からの写真は少ないので、
残った柑橘を撮影してみました。

頂苗の「あすみ」は小玉で硬いミカンです。
1asumi200202_019.jpg


今年初生りの「スイートスプリング」は昨日試し採りしてみました。
酸味は無くて爽やかな甘みでした。
1SWspring200202_018.jpg


ブラッドオレンジの色付きはもう少しでしょうか。
1brado200202_020.jpg


昨夜、S.F.Takaさんとスカイプで繋がった際、
台木の必要性が話題となり、その時
紅きらりの苗を作りたいとのことで、コルト台が欲しい・・と

確か畑には挿し木2、3年の苗が残っている筈・・
在りました・・
1cort200202_005.jpg


2年生ならコンパクトに送れそうです。
1cort200202_009.jpg


外巡回のついでながら、
昨年植え付けた「ジャカランダ」は台風で傾いたものの、
元気そうです。
1jyakalanda200202_016.jpg


昨年、紅きらりの居接ぎ苗を作る際に「河津桜」も一緒にコルトに接いでいました。
昨日、掘り上げて畑入口の駐車場に植え付けていました。
1kawazu200202_015.jpg


最後は製作途中のブドウ棚です。残るはアーチ部分の取り付けだけです。
1budoudana200202_022.jpg
このブドウ棚でぶら下がる房を眺めるのが楽しみなところです。
トラタヌです。!!

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村