FC2ブログ
2019-11-06 14:21 | カテゴリ:ヘイゼルナッツ
果樹苗の新種を購入することは無いであろうと思っていましたが、
70にして久しぶりに食指が動きました。

先日TVの「人生の楽園」で長野県のヘーゼルナッツ栽培家の話題を拝見し、
栽培意欲に火が付いた次第です。

ヨーロッパが主要な栽培地のようですが、アメリカ産も多いようです。
雌雄同株ですが受粉樹(2品種以上栽培)が必要のようです。

月曜日に注文して、本日(水)苗が届きました。
品種の良否はまだ分かりませんので、
ネット検索でヨサゲな3品種を選んでみました。
届いた苗にはまだ葉が残っていました。
1hazelnut191106.jpg
抜いてみますと根鉢もしっかりした良苗でした。

アメリカンヘーゼルナッツを2品種と
ヨーロピアンヘーゼルナッツ1品種。
1jeffrson191106_002.jpg


”ウェブズプライズは半矮性で大実系の豊産性品種で、
長さ3cmほどのゴージャスで甘い実を収穫できます。
8月末頃の熟果はガラ付きのままでエンドウのような味わいがあり、
サラダにして食することもできます。
鮮やかな甘い香りがあり、その香りはミツバチなどの昆虫の誘引性に優れ、
結実能力にも優れます。”
1webbs191106_006.jpg


”ヤムヒルは米国オレゴン州で2008年に発表された品種で、
樹形はコンパクトで、良質な丸い実は早熟です。
耐病性が高く、現時点で入手可能な最高級の品種の一つです。
多くの品種の授粉用にもおすすめです。
雌雄同株ですが、1本では実がなりにくいので、
2本以上を近くに植えて受粉させてください。
交配種はサカジャウェア、ジェファーソンなど。”
1yamhill191106_005.jpg


”ジェファーソンは米国で最もポピュラーな「バルセロナ」の代替として
2009年に米国オレゴン州農業試験場によってリリースされた品種。
大粒で風味豊か、病害虫に強く収量が多いのが特徴です。
アメリカでは商業生産者に人気が高い品種です。
雌雄同株ですが、1本では実がなりにくいので、
2本以上を近くに植えて受粉させてください。交配種はヤムヒルなど。”
2jeffrson191106_004.jpg
一応、受粉相性が良いとされる品種を選んでみましたが、
3,4年後が楽しみです。

昨日、植え穴を掘っていましたので、
今日はただ植え付けるだけでした。

タップリと灌水して稲わらを株元に敷きました。
1hazelnut191106_010.jpg


東西方向に3本を並べて植え付けました。
1hazelnut191106_009.jpg


この場所は先日まで桜桃樹の太樹がありましたが、
伐採していて正解でした。

まだ剪定した細枝が沢山残っています。

3本の中央に受粉樹の良いとされる「ヤムヒル」を配置しています。
1hazelnut191106_008.jpg
ヘーゼルナッツの増殖は基本が挿し木のようです。

::


スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村