FC2ブログ
2019-11-04 14:50 | カテゴリ:
気持ちの良い晴天が続きます。
朝晩の冷え込みもそれなりに冷えてきた様子。

予報では最低気温が10℃以下の日も出てくるとのこと、
平地での紅葉ももう少しでしょう。

柿も各種が色付きを増しています。
今日は鳥取県の名産柿「花御所」を収穫いてみました。
樹高が1m前後の幼木ですが、それっぽい実を着けています。
流石に玉サイズまでは望めません。
1hanagosyo191104_003.jpg


若干早目の収穫です。
1hanagosyo191104.jpg


本場では早生種の「輝太郎」が注目のようですが、
「花御所」も晩生種として11月末頃から出回るようです。
1hanagosyo191104_001.jpg


上の畑内の「黒柿」が黒みを増しています。
1kuro191104_004.jpg


黒柿に高接ぎの「基肄城」です。
1kijyou191104_008.jpg 


同じ畑内には2本の「太秋」があり、
こちらは多品種接ぎの太秋です。
1taisyu191104_015.jpg


これが1本立ちの太秋です。
1taisyu191104_016.jpg


多品種接ぎの太秋の方が大玉です。
1taisyu191104_010.jpg


さて、盆栽用の豆柿「老爺柿」です。
実生苗で増やしています。
木が大きい分、実も大きめです。
1rouya191104_026.jpg
手持ち苗の中では樹高が1m以上の大株です。

濃い目の朱色と赤っぽい老爺柿です。
1rouya191104_025.jpg


実付き配置が良い老爺柿です。
1rouya191104_017.jpg


実生苗なので変化が面白いです。

通常面長な実を着けますが、
この老爺柿は丸みが強いです。
1rouya_maru191104_021.jpg


実の色も様々で、
赤っぽい実は珍しいと思います。
1rouya_ak191104_019.jpg
渋柿ですが、熟すと食べられまして甘いです。

::


スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村