FC2ブログ
2019-10-28 13:57 | カテゴリ:キウイ
スポンサーサイト



2019-10-27 15:30 | カテゴリ:
2019-10-17 15:45 | カテゴリ:
未だに被害の全容がハッキリしない台風19号の被災地に
週末には強めの降雨予報で、警戒が必要なようです。
少しでも降雨量の少ないことを願うばかりです。

午前中は3年ぶりに心臓シンチレーションの検査を予約するために
中央病院に出かけました。

帰宅後、小雨降る中を下の畑2に出かけて、
色着いた柿類を収穫しました。

台風19号で成り枝が損傷した「宗田早生」は葉が枯れ出したので
全収穫となりました。
1soudaW191017_002.jpg


玉サイズは小さめでした。
1soudawase191017.jpg


「ジャンボ柿」は色が付ききる前に柔らかくなって
好みでは無い甘柿です。
1Jkaki191017_011.jpg


「いさはや」も同様にコリコリの完熟果は難しそうです。
1isahaya191017_009.jpg


この畑の「次郎」は若木なので
まだ小玉ですが貴重な1ほんにな
1kaki191017_014.jpg


垣根仕立て梨の「にっこり」が袋ごと落下していたので回収しました。
1nikkori191017_006.jpg

「王秋」はまだ木に残っていましたが
落ちる前に収穫です。
1ousyu191017_007.jpg


今年の「マイヤーレモン」は良く実が着いてくれました。
1Mylemon191017_005.jpg


早採りですが香りが漂います。
1Mylemon191017_003.jpg


キウイ棚下には自然落下したキウイが一杯です。
無傷のキウイを回収しました。
1kiui191017_015.jpg
リンゴの「スリムレッド」が残っていたので
キウイの追熟用に収穫してきました。


黄肉系キウイは4品種位が混在しています。
1kiniku191017_017.jpg


紅芯系キウイも3種が混入しています。
1kousin191017_016.jpg
明日からまた雨模様で野良仕事はお預けです。

::




2019-10-13 15:07 | カテゴリ:台風
台風19号で被災された地域の皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

昨日は町作りセンターに自主避難して、
23時頃に帰宅しました。
当地は風が終日吹き荒れる状態で、
久しぶりに倒木や葉が吹き飛ばされる強風でした。

畑2の「満月ロウバイ」は、葉が飛び散っていました。
1roubai191013_011.jpg
桜桃などの落葉果樹はまだ緑の葉でしたが、
千切り飛ばすほどの強風でした。

多少の被害は覚悟していましたが、
ビワの倒木やオリーブ・スモモなど
5,6本の倒木被害でした。

「フロリナ」は台風通過直後の北西風で倒された様です。
1frorina191013.jpg


枝葉を剪定して縮伐後に
立て直しました。
1frorina191013_016.jpg


1本立ちの「愛宕」は倒れはしませんでしたが、
袋掛けしていた実が落ちていました。
防虫ネットも裂けていました。
1atago191013_012.jpg


落ちた実は傷がほとんど無く、
防虫ネットがクッションになっていたかも・・
1atago191013_013.jpg
下段の「愛宕」は小木ながら袋掛けしていたので
綺麗な実でした。

「レインカットブドウ」の雨避けシートが破れていました。
3年間使用なのでそろそろ替え時期だったので、
特にショックは無いです。
1raincut191013_008.jpg


収穫もほぼ終了していたので、
後は片付けだけです。
1raincut191013_010.jpg


台風15号で枝裂け被害だったこの宗田早生ですが、
昨年の台風で主幹が裂け部分で残った主幹部が折れてしまいました。
1soudawase191013_018.jpg
これで成り枝が無くなってしまいました。

残り半分の主幹が無くなったので、
2,3年間は収穫無しでしょう。
1soudawase191013_019.jpg
兎に角、「宗田早生」は脆いです。
良質な柿なのに樹の危うさは天下一品です。

::


2019-10-06 14:57 | カテゴリ:ブドウ
今年のクイーンニーナの色付きは遅れていまして、
今日も少しマシな3房を収穫してきました。

既に何房か収穫・味見していますが、
色付きが薄い割にはしっかりとした甘いブドウです。

大きい方の房です。
1QN191006_001.jpg


粒サイズは20g前後のようです。
1QN191006.jpg


小さい方の房です。
1QN191006_002.jpg


1粒落ちていたので追加して計り直しました。
1QN191006_003.jpg
追加の1粒は19gでした。

::


2019-10-01 15:58 | カテゴリ:
「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」
秋の果物の代表格と言えば「柿」は外せません。

本日、今年の柿初収穫です。

成り枝の裂け被害を被った「宗田早生」ですが、
結実果は順調に肥大・色付きを増しています。1souda191001.jpg
過熟気味の1個を収穫しました。

太秋に高接ぎの「宗田早生」には3個が結実しています。
1souda191001_035.jpg
今年が初生りです。


同じく太秋に高接ぎの「基肄城」は大分色着いて来ました。
1kijyou191001_029.jpg


3個ほど収穫しました。
1kijyou191001_040.jpg


基肄城にしては小玉です。
1kijyou191001_042.jpg


下の畑2には柿の木が甘・渋が混植されています。
成木であれば良い実が着く「花御所」です。
1hanagosyo191001_014.jpg


不完全甘柿の「水島」です。
1mizusima191001_012.jpg


上の畑内では黒柿に高接ぎの「興津20号」が色着き出してきました。
1okitu191001_039.jpg


2本有る「太秋」ですが、こちらは多品種接ぎの元木になっています。
1taisyu191001_031.jpg


下の畑2で自作苗の「禅寺丸」が結実していました。
1zenjimaru191001_018.jpg
初結実です。


渋柿の会津「身不知柿
」です。
今年が初生りです。
1misirazu191001_019.jpg


焼酎で2週間程度さわす(渋抜き)すると
美味しく味わえるようです。
もう少し肥大して欲しいところです。
1misirazu191001_021.jpg
収穫時期は10月下旬から11月中旬。


玄関横の多品種接ぎリンゴ。
落ちる前に「あいかの香り」を収穫しました。
1aika191001_048.jpg
大玉はほとんど自然落下してしまい、
残り果は小玉です。

この1個が「秋映」です。
この色付きが魅力でシナノゴールドに高接ぎしています。
1akibae191001_051.jpg


元木の「シナノゴールド」は大分落ちましたが、
本日落ちる前の結実果を少し収穫しました。
1sinanoG191001_054.jpg



1sinanoG191001_046.jpg


下の畑2の「ポポー」は自然落下で残り果は僅かです。
落ちた実には鳥が来ているようです。
1popo191001_007.jpg


昨年、落ちたポポーを集めて桃の木の根元に肥料代わりに棄てていました。
見事に小苗が伸び出しています。
1pomisyou191001_010.jpg

稔りの秋は始まったところです。
柿も色々な品種が結実していますので味見が楽しみなところです。

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村