FC2ブログ
2019-08-27 17:12 | カテゴリ:
明日から降雨予報なので、
今日の早朝は野菜畑の片付けや秋野菜の植え付け畝を準備などを実施。

大汗をかいての昼過ぎのこと、
庭のブドウ棚(シャインマスカット)を見ますと、
ビコー越しに粒がやや黄色みを感じます。
試しに一房味見してみました。
1SyainM20190827_151100.jpg
予想以上に熟れていまして、甘さ十分で爽やかな味わいでした。
作り出してから最高の出来かも知れません。


さて、昨日は下の畑2の垣根仕立て梨の一部で見映えのしない梨を収穫しました。
矢張り、袋掛けしませんと肥大せず形状も良くありません。
また、防除していても虫や鳥の食害が激しいです。

垣根仕立ての「豊水」は早々に全滅でしたが、
拡張畑の授粉用樹の「豊水」は遅ればせの袋掛けで辛うじて確保しました。
1housui190826_041.jpg
見てくれは最悪ですが味は「豊水」その物で、
ジューシーで甘い梨でした。

冷やして昼食時に頂いています。

「豊華」も生りすぎ位成っていて小玉でした。
1yutaka190826_043.jpg


「ジャンボ新高」はやや早い収穫ですが、
傷み果多発で無くなる前に確保しています。
1JNita190826_013.jpg


見た目は悪いですが味は良い感じの梨です。
1Jnita190826_042.jpg


早生種の「筑水」も最終果になります。
1tikusui190826_016.jpg


「王秋」は晩生種ですので、一応袋掛けをしてみました。
1ousyu190826_018.jpg




他の果樹では柿類が秋に向かって注目です。
今年は裏年っぽいですが、
味見は出来そうです。
1OS190826.jpg



大玉品種の「いさはや」は豊作です。
1isahaya190826_023.jpg


下の畑1の「次郎」が危ない状態ですが
今後はこの若木で挽回です。
1jirou190826_035.jpg


強風被害で傷んだ「宗田早生」も回復傾向です。
1SW190826_003.jpg




今年の林檎は最悪です。
管理不行き届き、その物です。
1Iringo190826_021.jpg
来季は少量・良品で行きたいところです。
全体の樹形を縮小予定です。

::


スポンサーサイト



2019-08-22 21:56 | カテゴリ:ブドウ
暑さにかまけてブログ更新も怠り勝ちです。

歳のせいでしょうか。
がむしゃらな実行力の低下を実感する日々です。

畑2のオリーブの木にはそこそこの結実果が残っていますが、
収穫する気分では無いので今年はスルーです。

さて、今日はレインカットブドウの試し採りです。
着色系のブドウでは色付き具合がまだ早いのは明らかですが、
味見したくなり何房か持ち帰りました。

房の数的には「ゴールドフィンガー」が一番多いですが、
流石にまだ早いのは粒の色から明らかです。1Gfinger190822_001.jpg


透き通る様な黄色になれば収穫時期ですが、
熱帯夜の終了待ちでしょうか。
1Gfinger190822_020.jpg


こちらは緑でも味は良くて、
畑に立ち寄りの従兄弟に一房あげましたら、
美味しいと喜んでいました。
1haneyvinas190822_027.jpg


この「サンヴェルディ」も良い感じに味が載ってきていました。
1sanveldi190822_002.jpg


今年の「クイーンニーナ」は色付きが遅れているようです。
1Qnina190822_006.jpg


味的には好きなブドウで待ち遠しいところです。
1Qnina190822_017.jpg


まだ小さい房ばかりですが、
色付きは進んでいます。
1syouhei190822_018.jpg


粒の色付きでは左の昭平紅の方が良さそうですが、
家内の味見では右の大粒の方が美味しいらしい・・
1syouhei190822_029.jpg


「高妻」はまだ完熟にはなっていませんが、
甘いブドウになっていました。
「巨峰」のような色が完熟サインか?
1takatuma190822_022.jpg



1takatuma190822_026.jpg
冷やしたブドウは
暑い日の喉を潤してくれます。

::

2019-08-12 16:15 | カテゴリ:ブドウ
兎に角熱くて、野良作業は午前中限定です。
大した動きでは無いのに滴り落ちる汗はパンツまでビッショリ。!!

熱中症に注意しながら氷水は欠かせません。

垣根仕立て梨に追加の袋掛け後、レインカットブドウの様子見です。
先日、色付きの早かった「高妻」をハクビシンにやられました。
防御ネットの隙間を無くしてからは侵入無しで大丈夫そうです。

高妻に続いて「昭平紅」の色付きが良い感じです。
木の生長と共に房の大きさが増してきました。
1syouheikou190812_013.jpg


隣り合って株が並ぶクイーンニーナと昭平紅です。
房の大きさはクイーンニーナが勝っています。
1Syou_Qeen190812_018.jpg


粒もなかなかで色付きが楽しみなクイーンニーナです。
1Qnina190812_012.jpg


このズッシリ感が何とも言えません。
1Qnina190812_020.jpg


色付きの早かった「高妻」です。
ハクビシンにやられましたが残り房に期待です。
1takatuma190812_002.jpg


ボルドーを散布したので見にくい画像で申し訳ありません。
まだ黄色みは出ていません。
1Gfinger190812_004.jpg


「瀬戸ジャイアンツ」は短梢剪定が合わないようです。
レインカット栽培には向いていない感じでしょうか。
1setoG190812_006.jpg




リンゴの「ブラムリー」を全収穫です。
たった3個です。
花の数の割に結実は少なくガッカリです。

ジャム用リンゴです。
1buramury190812_023.jpg
受粉樹無しで行けるかと思いましたが、
結果的には何か授粉樹が有った方が良さそうです。

::


2019-08-04 20:53 | カテゴリ:下の畑1
梅雨明けは嬉しいですが酷暑続きで、
野良作業も捗りません。

各種桃やスモモを収穫していますが、
ブログ更新も暑さで気力を奪われています。(^_^;)

今日も陽差しは強烈で、パンツまでグッショリです。
下の畑1のスモモの最終果を収穫しました。

防虫ネット製巾着袋を被せていましたので、
綺麗なすももを収穫できました。

赤く色着いても固いスモモです。
1koihanabi190804_011.jpg


収穫後、追熟して味わいます。
1koihanabi190804_012.jpg
スモモ類はほぼ終了しました。

同じ畑にある「なつおとめ」も防虫ネットで保護していたので、
カナブンや鳥の被害から防御できました。
1natuotome190804_009.jpg


やや早目の色付きでしたが、
食味はまずまずでした。
1natuotome190804_007.jpg


この畑のキウイ棚も賑やかです。
1kiui190804_029.jpg


紅芯系キウイも良い感じに肥大中です。
1kiui190804_017.jpg


大玉系の「ジャンボイエロー」です。
1Jeyarow190804_023.jpg


今年の「東京ゴールド」は本来の玉サイズが期待できそうです。
1toukyouG190804_022.jpg


ほとんど放任栽培のリンゴです。
「ぐんま名月」に高接ぎの「ルビースイート」に初生り果です。
1rubysweet190804_002.jpg


桃類も少なくなりましたが、
晩生種の「西王母」にネットを被せています。
1seioubo190804_005.jpg


上の畑内の多品種接ぎ梨の「ラフザス」が落ち始めたので、
残り果を収穫してみました。
1rafuzas190804_033.jpg


食感は洋梨系の柔らかさでほんのり甘みを感じる交配品種です。
1rafuzas190804_034.jpg

今年は梨類に保護袋をほとんど掛けていません。
これも長雨で時機を逸していました。

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村