FC2ブログ
2019-07-21 21:30 | カテゴリ:下の畑2
二日振りに下の畑2へ出かけました。

収穫済みのスモモから防虫ネット製巾着袋を外し、
桃の「白麗」に被せたりオリーブの様子や
ブドウ・柿類の様子見など・・。

先ずは、レインカットブドウの房を見てみました。
なんと、「高妻」が色着き始めていました。
収穫適期は8月中・下旬ですからまだ一ヶ月後です。
1takatuma190721_021.jpg


摘まんで味見したくなるような色をした粒もあります。
1takatuma190721_022.jpg


大粒で美味しい「クイーンニーナ」は好きなブドウです。
梅雨明け一番で農薬散布と行きたいところです。
1Qneena190721_025.jpg


ビコーの保護袋がパンパンになりそうです。
1Qneena190721_026.jpg


豊産性の「ハニーヴィーナス」は黄緑色のブドウで
8月中旬以降の収穫になります。
1haneyV190721_032.jpg



カリカリ食感で赤い着色が特徴的なブドウです。
1syouheikou190721_028.jpg



放任栽培に近いオリーブですが
少し結実しています。

ピクルスに向く大粒品種らしいです。
1albekina190721_014.jpg


大粒品種のオリーブでピクルス向き。
1askorano190721_002.jpg


塩漬け・オイル用に大粒品種として人気のオリーブです。
1kalamata190721_008.jpg


中型のピクルス、オイル両用のオリーブです。
1pikal190721_007.jpg


柿類も面白い品種が多くて愉しめます。
柿も食べ飽きないので多くの収穫が課題です。
1orenjiS190721_043.jpg


昨年の台風で傷んだ「宗田早生」ですが
辛うじて残った枝で少量収穫を狙います。
1soudawase190721_039.jpg


今年は渋柿の初収穫を狙えるかも・・。
1misirazu190721_017.jpg


この蜂や柿は過去2年最終的に落下で収穫には至らず・・。
今年は何とか残って欲しい!!
1hatiya190721_018.jpg


結実時は沢山の幼果が着いていましたが、
残りは僅かです。
1hatiya190721_020.jpg



地植えの変更2年目で実が着きました。
レモンは家内に喜ばれます。
1lemon190721_035.jpg
梅雨明けは今週末頃でしょうか。

::


スポンサーサイト



2019-07-17 19:26 | カテゴリ:もも
 明け方は不純な天候でしたが、
お昼頃から陽光もタップリで水仕事も捗りました。

メダカ飼育は細々と10年近くに成りますが、
今年は一念発起して久々に新種の卵を調達しています。

真っ黒なメダカで生長に伴いヒレ長になる「オロチ・ヒレ長」です。
ヤフオクで調達して丁度1ヶ月経過で虫かごケースから
13リットルボックスに変更です。
1oroti20190717_124337.jpg
画像に赤く写っているのは「タマミジンコ」でして、
メダカFB友から頂いたミジンコが増殖しています。

この他、10品種の卵達も順調に生育中。


下の畑2ではスモモの「彩の姫」が最終収穫でした。
このスモモを外で放置していますと、
たちまちクロアリの行列になります。
1sainohime190717_001.jpg
結構な甘さが乗ったスモモです。
防虫ネットで覆っていたので収穫に至りました。
外したネットは桃の「なつっこ」に被せて来ました。

この桃「つきあかり」にもネットを被せていますので、
虫や鳥の被害は少ないです。
果肉が黄色の早生種です。
1tukiakari190713_001.jpg


この収穫が今季2回目です。
1tukiakari190717_004.jpg


保護袋のみだった「山吹大玉あかつき」はカナブンの餌食となりました。
1akatuki190717_005.jpg


庭のBB圃場では家内が雨の止み間に、
濡れながら収穫しているので、
総量的には十数キロ超えになっています。
1BB190713_003.jpg
ラビットアイ種が漸く色着き出した今日この頃です。

::



2019-07-07 17:51 | カテゴリ:スモモ・桃
今日は降雨の無い貴重な朝です。
庭周りのメダカの餌やりや日本蜜蜂の様子見後、
下の畑2へ出かけました。

防虫網で覆っていたスモモの「ニューハニーあやか」を全収穫後、
外したネットは直ぐ隣のスモモ「月光」に被せました。
1new-haney-ayaka190707_011.jpg
カナブンは潜り込んでいましたが鳥の食害は完全にブロックしていました。

同じ畑には桃の「はなよめ」と「野沢白桃」が袋を破いて鳥の食害が見られました。
「野沢白桃」の熟期は7月末以降ですが全滅を避けて全収穫です。
拡張畑にも「野沢白桃」があったので収穫してきました。
1hanayome190707_012.jpg


少し早い感じで残念ですが、全滅よりマシでしょう。
1nozawahakutou190707_015.jpg


せめてこの位に成っていますと味も乗っているはずです。
1nozawahakutou190707_016.jpg

拡張畑のスモモ「彩の姫」にも防鳥ネットを被せてありましたので、
良い色のスモモが回収できました。
1sainohime190707_013.jpg


昼食後から、下の畑1へ出かけて、
鳥獣避けネットを
スモモや桃に被せて来ました。

と言うのも、桃の「日川白鳳」はハクビシンの食害で、
7割り方やられました。
その爪痕です。
1hikawa190707.jpg
保護袋だけが株下に散らかっています。

これを教訓にして、残る果樹には鳥獣ネットで覆い被せます。
先ずは、桃の「おどろき」です。
1odoroki190707_006.jpg

スモモの「恋花火」です。
1koihanabi190707_005.jpg


この畑にもスモモの「月光」があります。
カナブンが着いていましたのでネットで保護しました。
1gekkou190707_002.jpg


今後、この「西王母」や「夢あさま」にも鳥獣ネットで覆う予定です。
1seiou_yumeasa190707_008.jpg

残したい果樹には鳥・獣避けが必須の対策です。

::





2019-07-05 16:53 | カテゴリ:ビワ
ドンヨリとした梅雨空ですが時折薄日が射す一日です。
何時もは葉に付いた雫でびしょ濡れですが、
今日は水滴も少なく助かりました。

下の畑2のビワの「大五星」にはまだ防鳥ネットが被ったままでしたが、
脚立に登って剥がし取りました。

繁茂した「大五星」を切り詰め、
樹幹内部も枝隙しました。
1dai5sei190705_001.jpg


終わって眺めるとまだ混み合った枝が残っていました。
後日、修正です。
1dai5sei190705_002.jpg



この畑のスモモ類は鳥のご馳走になっています。
残したいスモモには防虫ネット製巾着袋を被せていますが、
2本有る「ニューハニーあやか」のネット無しは完食されていました。

この「紫峰」も数個味見したようです。
1sihou190705_005.jpg


「月光」も色着き出すと狙われるでしょう。
1gekkou190705_007.jpg


リンゴは不作年で摘果も大雑把です。
「スリムレッド」の幼果です。
1slimred190705_009.jpg


上の畑内の「フロリナ」はカナブンの好物で、
少し早い感じですが人間用に収穫してみました。
     1frolina190705_012.jpg


本来七樹上完熟と行きたいところですが、
追熟後に味見です。
1frolina190705_015.jpg

今年の梅雨は果樹の糖度に大きく影響しています。
先日も下の畑1の桃「日川白鳳」を試し採りしましたが
薄味でした。
今日、子供にお裾分けしましょうと「日川白鳳」を収穫に出かけますと、
木の下には20袋ほど食い散らかしています。
ハクビシンの食害でした。

::


 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村