FC2ブログ
2019-06-27 14:29 | カテゴリ:スモモ
令和初の台風とか梅雨本番の長雨予報です。
庭や上の畑内のスモモやアンズは降雨に弱いので、
雨の降り出す前に色付いた果実を収穫しました。

多品種接ぎスモモの木では「プラム井上」や「ジュピター」・「貴陽」・「ハリウッド」・
「ビューティー」などが結実しています。
1Pinoue190627_004.jpg


プラム井上はこれでほぼ終了です。
甘酸っぱいスモモです。
1Pinoue190627_003.jpg


多品種接ぎの元木はビューティーで30年生です。
主幹部には大きな腐れが入り枯れ込みを見越して、
次期台木候補として「メスレー」を植え付けています。
1mesury190627_006.jpg


小玉な赤肉スモモでして酸味が無く甘いスモモです。
超豊産性で摘果が大変!!
1mesury190627_007.jpg


庭先の「ニュー太陽」に高接ぎの「紅りょうぜん」も
8割り方収穫です。
1beniryou190627_005.jpg


甘みが薄いのが欠点でしょう。
1beniryou190627_008.jpg


隣の放棄地でこの辺りの主であるキジがお出ましです。
1kiji190627_016.jpg


放棄地を見下ろす位置関係で南向きの場所が
新規の蜂場となります。

昨夜も日本蜜蜂師匠が分蜂群の今年第5箱目を持ってきてくれました。
1mitubati190627_017.jpg
今朝確認しますとかなりの強群でした。

新しい蜂場には3番目に頂いた丸胴巣箱を改造した空箱を置いています。
3番目は運ぶ途中で巣が落ちで消滅しました。
1mitubati190627_019.jpg
と言うことで、5分蜂中4群が活動中です。

蜂群のメインは上の畑内に置いた巣箱群です。
先週の土曜日でした。

下の畑2でサクランボ狩りを終わって帰宅して間もなくのこと、
上の畑内上空が羽音で騒然となり出しました。

1番目の巣箱から今季2度目の分蜂です。
分蜂群は遠くへ行かず、
アンズのハーコットの幹に固まってくれました。

この分蜂群も人生初めての捕獲成功となり、
現在頂き分蜂群4+自前捕獲群1=5分蜂群の飼育状況です。


「ハーコット」の残り果です。矢張り甘くて美味しいアンズです。
1harcot190627_009.jpg


「ハーコット」に高接ぎの「おひさまコット」も4コ収穫しました。
1ohisamacot190627_010.jpg


ニコニコットも熟れています。
ハーコットやおひさまコットと同じ玉サイズです。

小玉も混じりますが豊産性ながら良い玉サイズになります。
1niconicot190627_011.jpg


まだ1/4程度が樹上に残っています。
1niconicot190627_013.jpg


本日の収穫果です。
1syukakuka190627_014.jpg

スモモも自家消費しきれずにご近所にお裾分けとなります。

::



スポンサーサイト



2019-06-25 19:38 | カテゴリ:スモモ
梅雨の晴れ間は貴重です。
昨夜はしっかり降った雨も上がって陽差しが嬉しい一日でした。

メダカの餌やりが起床一番手の作業です。
その後、一服しながら一杯のコーヒーを飲みながらPCチェックです。

先日捕獲したニホンミツバチの分蜂群は
健気に花粉を運び込む蜂も見られ、
女王蜂も落ち着いた感じでしょうか。

今日は大きな目的も無く、畑の見回り程度でした。  
庭先や畑のスモモがいろつきだしています。
庭の「プラム井上」は爽やかな酸味と甘みの調和で
美味しく味わえます。
1Pinoue190625_004.jpg

これも庭先の1本で、
「ニュー太陽」に「紅りょうぜん」を高接ぎしています。
紅りょうぜんが熟れてきました。
1newtaiyou190625_033.jpg


「李王」の受粉樹に「太陽」が良いらしいので、
この「ニュー太陽」の苗を李王の近くに植えてみたいです。
1newtaiyou190625_032.jpg


赤く色付いたスモモが
ニュー太陽に高接ぎの「紅りょうぜん」です。
1beniryouzen190625_029.jpg




1beniryouzen190625_031.jpg



上の畑内ではプルーンが色付き前の状態で、
果実は少しずつ肥大中でしょうか。
1pancer190625_012.jpg


黄色いプルーンの「フロリナ」は
結実数を制限したので残り果の玉サイズはまずまずです。
1frolina190625_014.jpg



同じ畑のアンズですが、ハーコットは今年も美味しく味わいました。
現在は「ニコニコット」が色着き出しています。
予想以上に肥大していました。1nikonikot190625_001.jpg


ニコニコットは豊産性ですね。
1nikonikot190625_006.jpg 


ハーコットに高接ぎした「おひさまコット」もやや黄色くなってきました。
1ohisamacot90625_008.jpg



下の畑2でも各種スモモが色着き始めています。
少し色付いた程度でも鳥は突っつき出します。
「涼呂」の一番果は見事に突かれました。
1suzuro190625_039.jpg


同じ畑の「ニューハニーあやか」も鳥の餌食になっています。
1newhaneyayaka190625_036.jpg

畑2にはスモモが12~14品種有りまして
熟期も程よくずれるので長く楽しめます。

::
2019-06-22 14:02 | カテゴリ:さくらんぼ
 時々小雨の降る朝でしたが
サクランボ狩りには問題なしです。

今年のジョイント桜桃栽培は不出来でしたので、
兄弟だけでのサクランボ狩りとなりました。

兄貴のところでは長女が初孫出産で今日が退院日でした。

さみしい実付きですが味は悪くないです。
「佐藤錦」がメインです。
1JO190622.jpg


佐藤錦2Lサイズがメインでしょう。
1JO190622_007.jpg


色付き出すと傷み果も見られ、
不作年は痛い状況です。


1JO190622_008.jpg


さあ!始めましょう。
1JO190622_013.jpg
各自2kg程度の収穫でしたでしょうか。

今後は来年の豊作を期して、農薬散布に励みましょう。

::






2019-06-16 20:27 | カテゴリ:ビワ
 昨夜は豪雨で今日は強風が吹き続いていましたが、
天候はスッキリ晴れて明るい日中でした。

下の畑2のビワは、大きな成木にはスッポリ網を被せています。
強風の日は落下した実が株元のネットに集まっていますので、
止め紐を緩めて落下した実を回収しています。

既に今年は10kg以上のビワの実を回収していますが、
今日もレジ袋2杯分を回収しました。

まだ、ネットで覆った「大五星」には沢山の実が残っています。
1dai5sei190616.jpg
これらの実もやがて熟れて自然落下の可能性が有り、
ちょくちょく見回りが必要です。

本日回収した「大五星」です。
1dai5sei190616_026.jpg


「大房」も防虫ネットの覆いで囲っていますので
鳥害は全くない状態です。
1oofusa190616_021.jpg



1corathina190616_009.jpg

明日はジョイント桜桃に収穫前最後の農薬散布の予定です。

::

2019-06-12 18:18 | カテゴリ:ブドウ
玄関横の多品種接ぎのリンゴの幼果が目立つようになりました。
「シナノゴールド」の元木に4種のリンゴを高接ぎしてあります。

1ringo190612_010.jpg



「シナノゴールド」と「あいかの香り」の幼果です。
1aika190612_011.jpg




 
午前中は下の畑2でビワの落下果を回収してから、
昨日のアンズを見ましたら、「美杏」が2コ落下していました。

樹上の実を触って見ますと柔らかさを感じました。
どうやら完熟のようで、連日の降雨で糖度は上がっていませんが、
酸味は無く生食用のアンズに間違い無しでした。

午後はシャインマスカットのブドウ棚を眺めていまして、
急遽袋掛けを実施しました。
と言うのは、このブドウ棚には玉ネギを吊していまして、
ブドウの房と触れる状態でした。

ブドウの保護を兼ねての早い袋掛けとなりました。
1syainM190612_005.jpg



使用した袋はBIKKOのみでした。
1syainM190612.jpg



序でに玄関横の「ヒムロッドシードレス」にもBIKKOを掛けました。
1HimuRC190612_006.jpg





小粒ですが甘い実は種無しです。
1HimuRC190612_009.jpg



上の畑内の「ゴルビー」にも袋を掛けました。
1golby190612_018.jpg



このダブダブの袋がパンパンに成る筈ですが、
結果は如何に・・??
1golby190612_026.jpg

今後、レインカットブドウにも袋掛けの予定です。

まだ、梨類も袋掛けが全く手付かずです。

::
2019-06-11 16:35 | カテゴリ:アンズ
 梅雨時期の花木と言えば、
この花しか無いでしょう。
下の畑2の拡張畑で咲き出した「花火」と「コサージュ」です。1ajisai190611_018.jpg




昨夜の「帰れマンデー」では果樹園の自販機で
アンズのジャムが1位の売り上げで、
そのアンズ素材は日本アンズの「平和」でした。

時期を同じくして我が家のアンズも「平和」が色付いて、
2,3日前から赤く色付いた実を収穫しています。
1heiwa190611.jpg
1bian190611_009.jpg
もう直ぐ収穫です。
1kantarou190611_015.jpg


平和に高接ぎの「おひさまコット」です。
ここの実は小さめです。
1ohisamaC190611_005.jpg



今年の結実は少なくて失敗でした。
着花数も少なかったので来年に期待です。
1harcot190611_027.jpg


綺麗な果皮の「ハーコット」です。
このアンズは一度食べたら忘れられない逸品です。
1harcot190611_025.jpg



ハーコットの受粉樹として相性の良いアンズです。
生食でもOKで豊産性の「ニコニコット」です。
1niconicot190611_024.jpg

上の畑内の「ハーコット」に高接ぎの「おひさまコット」です。
ここでは大玉になります。
1ohisamaC190611_030.jpg
まだ真っ青で今年の熟れ具合は例年より遅い感じです。

::







2019-06-08 18:04 | カテゴリ:キウイ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村