FC2ブログ
2019-01-31 15:15 | カテゴリ:システム
お世話になっております。

この度、以前使っていました掲示板が閉鎖との連絡を受けました。
ご利用いただいた方々には申し訳ないことですが、過去の記事は消滅します。

新たにFC2BBSにお世話になり開設となりました。

利用法はほとんど変わりませんので、
ご活用いただけましたら幸いです。

しお


スポンサーサイト



2019-01-28 15:59 | カテゴリ:
午後から強風が吹き始めましたの、
作業は午前中で終了でした。

野良作業と言いましても、果樹の手入れでは無く
剪定して落とした太目の剪定枝を
一輪車に拾い集めただけです。

3,4往復して、焼却ドラムの脇に積み上げました。

その後、ビワの様子でもカメラに収めようと見回っていますと、
見つけました。

今年の梅の開花一番手です。
僅か一輪ながらしっかり咲いていました。
1suikou190128_021.jpg
膨らんだ蕾も見られますので、
開花は少しずつ進むことでしょう。



同じ畑の他の梅はまだ蕾状態です。
1benisasi190128_026.jpg




最初、庭で鉢植えのイチョウ「久寿」ですが、
8年後位でここに地植えしていますが、
全く花芽が着きません。
1kujyu190128.jpg
雌木の筈ですが、
未だに雌雄の確認は出来ていません。



葉の割れ目からしますと雌っぽいですが、
あの小さな花が確認出来るまで我慢です。
1kujyu190128_001.jpg
自家産の銀杏を食べてみたい!!



ポポーも3本まで増えてしまいました。
1popo190128_006.jpg
真ん中はヒコバエです。




さて、今年のビワは如何でしょうか。

大五星の木も大分大きくなりました。
これ以上に生長しますと手に負えません。

収穫後には縮伐の予定です。
1daigosei190128_010.jpg




摘蕾もしていませんので、
結実が確認出来たら摘果で1,2個にします。
1daigosei190128_015.jpg




隣の「田中」は縮伐済みです。
でもそこそこの果房は残っています。
1tanaka190128_025.jpg




結果確認後に摘果します。
1tanaka190128_017.jpg
完熟果は酸味も抜けて美味しいビワです。



放任栽培の「早五星」にもあちらこちらに花房が見られ、
後日、摘果調整の予定です。
1sougosei190128_007.jpg
大玉を狙いましょう。


昨年の「大房」は鳥害で全滅でしたので、
今年はネットで防御の予定です。

1oofusa190128_042.jpg




「室戸早生」は良く生り、優等生です。
1muroyowase190128_043.jpg




ほとんど摘果も無く管理も楽です。
1muroyowase190128_047.jpg
結実が確認出来ます。



「なつだより」にも2,3果房が着いています。
1natudayori190128_034.jpg




西伊豆の土肥地域で幻の白ビワとして知られる
「土肥」です。

1果房が初めて着きました。
1toi190128_037.jpg
糖度が18位に成る美味しいビワらしいです。
初味見を期待しましょう。

::

2019-01-24 16:26 | カテゴリ:上の畑
北国では大荒れの天気のようですが、
当地は連日のカラカラ天気です。

空気も乾燥しており、
昨日は裾野市のガソリンスタンドで
バイクに給油後、蓋を閉めようとした瞬間、
気化したガソリンに静電気と思われる火花で燃え上がりました。
幸いにも店員の消化作業で大事には至りませんでした。

自分もバイクや農機具にガソリンを入れる作業は
よく経験していますが、こんな出火もあるんだと肝を冷やしました。

上の畑内の「素芯蝋梅」が満開状態で良い香りがしています。
1roubai190124_013.jpg



今日は上の畑内に山積み状態で残っていた
キウイやスモモなどの剪定枝をウッドチッパーで粉砕処理しました。
1chipper190124_002.jpg
下の畑1,2の剪定枝は
そのまま畑内に放置ですが、1年後には腐葉土化しています。



上の畑内は庭の延長のような位置で、
道路に面して人目にさらされます。
1chipper190124_004.jpg
小綺麗とは行きませんが、
剪定枝を片付けますとスッキリしました。



この畑内の梅の蕾も膨らみを増しているようです。
1benis_nan190124_008.jpg





1ousy_ryuky190124_011.jpg




半地植えのビワ「大五星」が結実したようです。
2dai5sei190124_020.jpg




多品種接ぎ梨は無剪定状態です。
高接ぎの各品種には沢山の花芽が確認出来ます。
   1akiei190124_022.jpg




「王秋」も短果枝がビッシリです。
1ousyu190124_025.jpg




後日、胴吹きしている新梢を整理する予定です。
1tahinsyunasi190124_028.jpg

明日はご近所さんに貰った中古の耕耘機のメンテ作業で
下の畑2で機械弄りです。

::



2019-01-19 16:18 | カテゴリ:接木
昨日は下の畑1で梨やキウイの接ぎ木作業で、
今日は畑2でアンズやプルーンのバックアップ苗用の接ぎ木作業でした。

畑1にも8,9本の梨苗が栽培中ですが、
これ以上本数を増やせないので必然的に多品種高接ぎとなっています。
昨日も中国梨の幼木の枝を切り詰めて
多品種接ぎ梨に改造しています。
1nasitahinsyu190118_002.jpg




元々「愛甘水」を高接ぎしていましたので、
その枝を残して他の枝は異品種に更新の改造です。
1tahinsyu190118_003.jpg




他にも豊水の単独木や大天梨の枝にも
異品種を高接ぎしています。
1ousyu190118_006.jpg




洋ナシの親木ですがこの木も多品種高接ぎ木です。
1younasi190118_008.jpg




同じ畑のキウイ棚下では、
幼苗に「紅珊瑚」を高接ぎ処理しました。
1benisango190118_001.jpg




今日は朝から畑2に出向いて、
昨年の挿し木台木圃場で
アンズやプルーンの居接ぎ作業です。
1anzu_kakusyu190119_006.jpg
アンズ類の台木はスモモや富士野生桃の挿し木苗を使いました。



「ひだ国府紅しだれ」の挿し木台が残っていましたので
アンズの「ニコニコット」を居接ぎしてみました。
1anzu_niko190119.jpg




「おひさまコット」も大玉で食味の良いアンズです。
1anzu_ohisama190119_002.jpg




「スタンレー」プルーンは受粉樹として各畑に1本は確保したいです。
1stanray190119_005.jpg
居接ぎで苗を確保します。

今日の作業で一端接ぎ木作業は中断して、
柿やブドウは4,5月頃に再開の予定です。


ブラッドオレンジとして導入したこの柑橘は品種違いでした。

本来3月~4月上旬に収穫なのに落下した蜜柑を見ますと、
普通のオレンジでした。
1orenji190119_009.jpg




今日もまた1個落ちていましたので、
全収穫です。
1orenji190119_012.jpg

味は悪くないので許せますが、
あの果肉色が見られないのは残念です。

::

2019-01-16 21:04 | カテゴリ:接木
果樹栽培作業の中でも好きな作業の一つが、
接ぎ木作業です。

接ぎ木作業も単なる品種増強のための苗作りや、
品種更新時の高接ぎや1本に多品種を高接ぎするなど
遊び方は多種多様ですね。

今日は手始めにキウイの品種更新を目的で、
実生苗に高接ぎで作業しました。

実生の雄木苗を利用して、
紅芯系キウイの高接ぎです。
1benisango190116.jpg




キウイ棚周りにある幼苗を利用して
高接ぎしています。
1benisango190116_004.jpg




梨も面白くなってきました。
中国梨の「ツーリー」に多品種の梨を接いでいます。
1nasi190116_011.jpg




ツーリーの枝に接いだ梨品種。
1akiakari190116_009.jpg





1SWnitaka190116_010.jpg




豆梨の挿し木を台木にして、
梨の居接ぎです。
1SWnitaka190116_014.jpg




リンゴはJM7の挿し木苗を利用して居接ぎしています。
1buramury190116_018.jpg




台木を調整中に剪定鋸で左手親指を切傷してしまいました。
血液抗凝固薬を服用中ゆえ出血は半端なく、
接ぎ木作業は中断しました。
1itugi190116_020.jpg

日頃の切り傷には注意していますが、
バンドエイドは必需品でして、
2枚重ねてようやく止血でした。

::


2019-01-14 16:22 | カテゴリ:下の畑1
午前中に下の畑2の接ぎ木圃場から昨年の居接ぎ苗を掘り起こし、
午後から下の畑1の桜桃樹を撤退した場所へ植え付け作業です。

桜桃は下の畑2のジョイント桜桃と
庭先の「サクランボ置き場」に絞り込みます。

下の畑1には既に撤退した桜桃樹の空き地に柿の木を植え付けていましたが、
今日は他の場所に梅や杏苗を移植しました。

以前ここには「ジャンボ高田」梅があり、
横には受粉相性の良い「金紅梅」を植え付けていました。
しかし、ジャンボ高田が枯れたので小苗を植え付けました。1Jtakada190114_001.jpg




残った「金紅梅」には蕾が確認できます。
1kinkoubai190114_006.jpg




同じ畑の「南高」梅の蕾が膨らんできました。
1nankou190114_004.jpg




同じく梅の「みのり」の蕾も膨らんでいます。
1minori190114_005.jpg




新苗の植え付けでは、
杏を増やしました。
1kantarou190114.jpg




こちらも杏の新苗です。
1bian190114_008.jpg




冬枯れの畑では春を待つリンゴ「ぐんま名月」です。
この木には5,6品種を高接ぎしています。
1ringo190114_010.jpg




撤退した桜桃樹は枯らして掘り起こしますが、
1本だけ根張りが良すぎてまだ倒せていません。
1hatake190114_011.jpg

撤退したとはいえこの畑にはまだ5本の桜桃樹が残っています。
花は咲けでも結実不良です。

まあ、放任栽培では仕方ないところです。

::




2019-01-09 15:55 | カテゴリ:キウイ
このキウイ棚をやっつければ峠は越したかと・・。
二日前から着手したキウイ棚の剪定作業ですが、
今日は午後から誘引作業の続きを行って、
3時頃に完了となり、メデタシ・めでたし・・!!

1月7日に撮影していた剪定前のキウイ棚の繁茂具合。
横から・下からと4枚の画像です。

畑2のキウイ棚より若干狭いですが、
2.5日を費やしました。

1_1pre_kiui190107.jpg




剪定後はすきすき状態をイメージしていますが・・。
1_2pre_kiui190107_004.jpg




葉の茂った状態では棚下は薄暗いです。
1_3pre_kiui190107_005.jpg




来季の棚下には薄日が差し込む繁茂具合を意識しています。
1_4pre_kiui190107_006.jpg




誘引完了後に脚立に登ってパチリ・・。
1_1pos_kiui190109_002.jpg




結構混み合っていますね。
棚下には太い剪定枝がザクザクです。
1_2pos_kiui190109_003.jpg




跳ね上がった新梢を寝かしつけています。
1_3pos_kiui190109_006.jpg




結果枝は目視で確認出来る全てを付け根から落としています。
1_4pos_kiui190109_009.jpg




まだまだ改善・改良の余地を残しながらの
剪定・整枝・誘引作業です。
1_5pos_kiui190109_011.jpg
この棚でも側面に垂れ枝を少し残しています。

::




2019-01-05 18:13 | カテゴリ:キウイ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村