FC2ブログ
2018-10-28 14:29 | カテゴリ:キウイ
快晴の朝でした。
今朝は風も無くて最高の行楽日和でしょう。

そんなところで、私は下の畑1へ出向きました。
この畑で残るは少量のリンゴと手付かずのキウイです。

落下キウイを拾って味見していましたが、
今日は少し試し採りしました。
紅芯系の「紅妃」・「レインボーレッド」・「紅美人」と
黄肉系の「MG-06」を収穫してきました。
1kiui181028_002.jpg
キウイ棚下には黄肉系の落下が多くて
ゴロゴロと転がっています。

キウイの本格的な収穫は11月中旬以降を予定しています。

この畑のリンゴも管理不足で
落下が激しいです。

それでも残った樹上リンゴを収穫してきました。
1ringo181028_003.jpg
黄色系が多いです。



昔懐かしい「インドリンゴ」は
自然落下の激しい品種ですが、
5,6個残っていました。

子供の頃の記憶では赤かったように思いましたが、
黄緑色で陽光面がうっすらと赤味を帯びるようです。
1indo181028_004.jpg
緑が残るリンゴでしたが全収穫です。

::

スポンサーサイト



2018-10-26 20:45 | カテゴリ:
2018-10-20 16:44 | カテゴリ:下の畑2
下の畑2で垣根仕立て梨に残る「にっこり」と「愛宕」などを収穫し、
台風で枝裂けになっていた宗田早生を全収穫して、
枝隙後に修復してみました。

柿は枝折れや枝裂けはよく見られる事ですが、
今回は太い生り枝が裂けたので、
復活を期して修復してみました。

この画像は台風24号通過後の10月1日の
裂けた宗田早生でした。
1soudawase181001_009.jpg
この時点で、宗田早生の実は撓わに実っていました。



本日、全ての実を収穫して防鳥ネットを外し、
枝隙して裂け目を修復してみました。

枝揺れを防止のため支え杭で補強しています。
1sodaW181020_001.jpg




裂け目は結束タイで締め付けました。
1sodaW181020.jpg
ダメ元ですが、どうでしょう。?



収穫した宗田早生はこの袋で2杯分もありました。
1sodaW181020_021.jpg
ほぼ完熟果になっていまして、
小玉かと思いましたが意外にも肥大して良玉が収穫できました。



直ぐ隣にある「オレンジスター」は台風の影響も無く
色付き中のようです。
1Ostar181020_003.jpg




垣根仕立て梨では「愛宕」が残っています。
一度に収穫しても消費できませんので
少しずつ・・・。
1atago181020_013.jpg




「にっこり」も少し収穫しました。
小玉です。(^_^;)
1nikkori181020_015.jpg




「王秋」
1osyu181020_014.jpg




りんごも小玉なふじを少々。
1kiwamefuji181020_010.jpg




面長の小玉リンゴの「スリムレッド」も
少し色着いています。
1slimR181020_004.jpg




貴重な一果。
パインアップルです。
1painA181020_006.jpg

リンゴも寄せ集めると結構な数です。
食べても良いし、スロージュースにも良いようです。

::


2018-10-10 17:08 | カテゴリ:柑橘類
大分過ごしやすくなりました。
秋の気配を感じますと、味覚の秋を実感します。

梨やリンゴ、柿などを頂いていますが、
もう少しで柑橘類も味わえそうです。

その一番手は12月の「紅まどんな」です。
先日、傷み果を食べてみますと酸味はあるものの
ジューシーで甘さも感じるミカンでした。
1benimadonna181010.jpg




ゼリーのような食感が楽しみです。
1benimadonna181010_001.jpg




植え付けて2年目のブラッドオレンジは初結実です。
1bladorenji181010_014.jpg
意外と早い結実で収穫が待たれます。
来年の3,4月の収穫です。



収穫は12月上中旬の「クレメンティン」。
甘みが強く、濃厚な風味と特有の芳香が楽しみなミカンです。
1crementin181010_004.jpg




スペイン生まれのネーブルオレンジ。
来年2月の収穫ですが市場に出回らないので自家栽培しか味わえません。
1naberina181010_006.jpg




収穫期:11月下旬ごろから1月上旬までが収穫適期です。
皮が薄く柔らかいので剥きやすく非常に食べやすいです。
果肉も紅色で糖度が高く(11~12度以上)
甘さが濃厚、酸味とのバランスも良く大変おいしいミカンです。
1ogasabeniwase181010_012.jpg




11月下旬が収穫期。
あと1ヶ月チョットで味わえるミカンです。
1mihaya181010_009.jpg




成熟期は露地栽培で1月中旬~2月上旬。
これも美味しいミカンです。
1tunokagyaki181010_008.jpg




先日、畑仲間が帰宅途中に収穫仕立ての「サツマイモ」を届けてくれました。
お礼に愛宕梨やリンゴの「シナノゴールド」を手土産に・・。
昨日、野菜畑でソラマメ用畝立てをしていましたら、
野菜仲間さんが畑に向かう途中で私に気付き寄ってきました。
先日の梨は大玉で美味しくてビックリしました・・とのお礼でした。

本来の収穫時期は11月以降ですが、
十分味わえる梨になっています。
今日も小さめの「愛宕」を収穫してきました。
1atago181010_038.jpg




上の畑内の多品種接ぎ柿では、
「太秋」が肥大中です。
1taisyu181010_034.jpg




一方、小粒の鑑賞柿の「老爺柿」も色付きが進んでいます。
1rouyagaki181010_027.jpg
この柿、完熟果は甘いです。



下の畑1,2の落下キウイを回収しました。
先日から紅芯キウイは少しずつ味わっていますが、
早生の紅芯キウイは甘くて美味しいキウイになっていました。
1kiui181010_040.jpg




黄肉キウイは早生と晩生があり、
早生種は紅芯系と同時期に味わえます。
1kiniku181010_044.jpg




本日の、回収・収穫果です。
リンゴはキウイの追熟に使用します。
1syukakuka181010_039.jpg




S.F.Takaさんに送る予定の「かおり」梨の苗を確認しました。
大玉で美味しい梨なのでお薦めした梨品種です。
1kaori181010_023.jpg

偶々、接ぎ木をやっていたので
落葉後には山形へ・・。

::






2018-10-01 17:02 | カテゴリ:台風
最悪のコースを進んだ台風24号でした。

内陸なのでとてつもない強風では無いですが、
果樹の葉を千切り、実を落とし、木を倒していきました。

畑2では隣家の竹藪の竹が倒れてジョイント桜桃のハウス屋根に
横たわっていました。

垣根仕立て梨では大玉の「愛宕」と「にっこり」が落下していました。
1atago181001_002.jpg
15,6個落下していました。



先日落とした愛宕を本日の昼食時に味見しましたら、
大味の梨かと思いきや結構美味で食感の良い梨に驚きました。
完熟には1ヶ月以上早い梨ですが十分に味わえます。
1atago181001_012.jpg
これだけ有りますと消費は大変です。



今日の愛宕もズッシリです。
1atago181001_016.jpg




矢張り落下していた「にっこり」の回収果です。
1nikkori181001_013.jpg




またまた枝裂け被害の「宗田早生」です。
2年ほど前にも台風被害で枝裂けになった木です。
漸く良い樹形の戻ったかと思っていましたが、
やられました。
1soudawase181001_009.jpg
まだ繋がった状態なのでこのまま自然治癒を期待してみます。


支柱も一緒に傾いて、
補強に脚立を立てかけていましたが効果無しでした。(^_^;)

1soudawase181001_010.jpg




少しずつ収穫しています。
1soudawase181001_014.jpg




リンゴも3,4本傾いていました。
拡張畑の「ブラムリー」や「あいかの香り」も根元を修復しました。

この「アンビシャス」が一番の被害です。
横根が切断されて傾いていました。

ダメ元で埋め直しておきましたが、
枯れてしまうかも知れません。
1ringo181001.jpg




長時間揺さ振られた結果でしょうね。
1ringo181001_001.jpg




オリーブの倒木です。
この畑で一番の大木で、
株元の直径は20cm以上で、
樹高が3.5m程の風を受けやすい枝振りでした。
1olive181001_004.jpg
手前にスモモの幼木が傾いています。



倒れたオリーブの株元です。
横根は6cmの太さでしたが千切られています。
1olive181001_005.jpg
風の強さに驚きます。



スモモや桃の圃場では
吹き千切られた葉が絨毯のように敷き詰められていました。
1haoti181001_008.jpg




本日の回収果です。
1kaisyuka181001_011.jpg
リンゴも飛ばされていました。

台風25号の進路は如何に・・・?

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村