FC2ブログ
2018-09-28 18:06 | カテゴリ:台風
強いままで上陸しそうな台風24号。
気休めながら今日の晴天時に対策を・・と思いますが、
飛ばされそうな物を片付ける程度で、
果樹はどうしようも無い状況です。

柿は確実に落ちそうですね。
そんな柿ですが、傷みかけた宗田早生を回収しました。
今年の初収穫です。
1soudawase180928_015.jpg
生らせ過ぎで小玉な柿ですが、
味見が楽しみです。



早速、昼食時に切ってみました。
甘さも十分で美味しい柿でした。
1soudawase180928_030.jpg




昼食時には梨類とブドウの「シャインマスカット」に
柿の「宗田早生」です。
1hiru180928_031.jpg




上の畑内の多品種接ぎ柿から「基肄城」も収穫してみました。
1kijyou180928_014.jpg




下の畑2の垣根仕立て梨に防鳥ネットを張り直していたら、
引っかけて落とした「愛宕」梨です。
収穫時期は11月ですが大玉に成っています。
1atago180928_013.jpg
今年は1kg超えを狙いたいですね。



同じく落下させた「にっこり」梨も10月下旬以降の収穫です。
1nikkori180928_017.jpg
まだ肥大中の筈!!



和梨ぽい洋ナシです。
「延寿」は貯蔵性が高く冷蔵で1年間保存できる様です。
1enjyu180928_005.jpg




大玉では600gにも成る様です。
1enjyu180928_023.jpg




10月下旬が旬の「大天梨」梨。
1daitenri180928_020.jpg 




外皮が黄色くなったら食べ頃です。
1balard180928_009.jpg




食べ頃は10月中旬頃の予定です。
1barard180928_022.jpg




果皮が黄色くなったら食べ頃です。
1tukimi180928_004.jpg




可食期は10月中旬頃。
1tukimi180928_019.jpg




これはもう直ぐ味わえそうな果皮の色です。
1tukimi180928_003.jpg




追塾は常温で30~40日を要する洋ナシです。
1zeneraucrak180928.jpg




本日の収穫果です。
1nasi180928_026.jpg
これだけ有る洋ナシですが、
味わえる実は幾つでしょうか?

::


スポンサーサイト



2018-09-26 15:07 | カテゴリ:
今朝はFB友達が御殿場からご来園!!

ご主人の運転で9時過ぎに到着。
予てから、ポポーを食べてみたいとのことで、
今日がその日となり、天気も良好で、
御殿場では富士山に初冠雪が見られたようです。

上の畑や、下の畑1を見てから、
畑2へ出向きました。

2,3日前に拾ったポポーをレジ袋に入れていましたが、
熟れて畑全体にポポーの甘い香りが漂っていました。
1popo180923_006.jpg

FB友達の根上さんには落ちたポポーを欲しいだけ拾って頂きました。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

秋の味覚と言えば、柿ですね。
上の畑内では「基肄城」が良い色になっていました。
収穫も近いです。
1kijyou180926.jpg




黒柿に高接ぎの「貴秋」も良い色です。
1kisyu180926_014.jpg




美味しい柿の「興津20号」はまだ緑です。
1okitu180926_011.jpg




「太秋」ももう少し掛かりそうです。
1taisyu180926_005.jpg




同じ畑内の「老爺柿」も肥大していました。
肥大と言ってもミニトマトサイズです。
1rouyakaki180926_010.jpg




下の畑2の「宗田早生」はてっぺんの1果が
カラスに突かれていました。
1soudawase180923_001.jpg
この撮影後に防鳥ネットで覆ってあります。



隣の「オレンジスター」はうっすらと色着き出しています。
この柿にも防鳥ネットを掛けました。
1orenjiS180923_004.jpg
もう少しで柿が味わえそうです。



先日、垣根仕立て梨で袋ごと落下していた回収「かおり」です。
1kaori180923_013.jpg
丁度、遊びに来ていた長女の子供は、
果樹をほとんど口にしませんが、
梨だけは好きでよく食べるようです。

この「かおり」梨を食べると、
甘くてジューシーで柔らかく、昼食のパンをやめて、
梨で満腹のようでした。

::


2018-09-19 17:46 | カテゴリ:秋の味覚
2018-09-18 16:40 | カテゴリ:ブルーベリー
今年のブルーベリーはよく採れました。
庭先と下の畑1の収量は15kg前後だったと思います。

畑2にもBB圃場はあるものの苗の育ちが最悪で、
畑地の地質の悪さが改善されていません。
今年はピートモス4CUの圧縮袋を1袋使って10本の挿し木苗を追加しました。
根付いた苗もありますが、枯らした苗も数知らずです。

昨日は庭先にも補強苗をピートモス4CU圧縮袋の2/3を使用して、
10本近い苗を移植しました。

今日は車の入らない下の畑1の植え付け作業です。
ピートモスと3本の苗は全て自力運搬です。

畑1の圃場北側のブルーベリーは元気で生育旺盛です。1BB180918_009.jpg




しかし、南側は枯れた苗や元気の無いBBが並びます。
ここの補強に3本の挿し木苗を運びました。
1before180918_008.jpg




運んだピートモスは残った1/3袋で、
8号ポット苗はポットから抜いて土壌袋などで根鉢を囲みました。
1peeto180918_002.jpg




運搬には若い頃登山に使っていたアルミ製背負子です。
下にピートを括り付け上に畑用ザックです。
1syoiko180918_001.jpg
両手には3本の苗を抱えて徒歩で下の畑1へ・・、イザ!!
懐かしいボッカ作業です。



何故かこの畑では「フクベリー」が不調です。
この苗で5,6本目かも・・。
1BB180918_005.jpg
右に見えるヒョロヒョロ苗はフクベリーです。



この畑の接ぎ木「スパルタン」は元気で主力苗に生長しています。
今回はダメ元で自根スパルタンを植え付けます。
1BB180918_006.jpg




元気な挿し木苗です。
サザンハイブッシュ種です。
1BB180918_007.jpg




フクベリーを植え付けました。
1after180918_011.jpg




自根「スパルタン」です。
1after180918_013.jpg




サザンハイブッシュ種です。
1after180918_015.jpg

BBも根付くまでが勝負です。
欠落の少ないことを願いたいところです。

::



2018-09-13 15:05 | カテゴリ:
ハッキリしない天候が続いていますが、
気温が低めで過ごしやすいです。

連日、ブドウを収穫しながら味わっていますが、
今日は畑2の垣根仕立て梨から「ゴールド二十世紀」や
「ジャンボ新高」、「豊華」などを収穫してみました。

垣根下には傷み果が落ちて散らかっていますが、
樹上にはそこそこの実が残っています。
1Jnitaka180913_010.jpg




比較的玉揃いが良く、豊産性の品種です。
1Jnitaka180913_011.jpg




10個ほど収穫してきましたが、
まだまだ残っています。
1Jnitaka180913_012.jpg




青梨の「ゴールド二十世紀」はなかなか大玉に成りません。
1seiki180913_002.jpg




小玉な梨ばかりです。
1seiki180913_003.jpg




味は悪くないです。
1yutaka180913_009.jpg




「豊華」は大玉系統です。
1yutaka180913_016.jpg




庭の東側ブドウ棚の「シャインマスカット」は、
昨日から収穫を始めました。

今日も2房収穫しました。
1ShainM180913_018.jpg




ぱりぱり食感でサッパリ風味のブドウです。
1ShainM180913_020.jpg

今日は畑2のレインカットから「クイーンニーナ」の最終房と
上の畑内では「ピッテロビアンコ」と「ゴルビー」を収穫しています。

昼食時にはブドウと梨が並びます。

::

2018-09-11 18:34 | カテゴリ:ブドウ
今年は自家産ブドウを連日のように、
昼食時に味わうことが出来ています。

色付きは今一なんですが、
味はしっかりブドウの甘く美味しい種無しブドウです。

今日の昼食時は「ゴールドフィンガー」と
小粒のブドウでした。
家内に聞きますと大粒は消費してしまった・・とのこと。

では畑に収穫に出かけましょう。
レインカット栽培にはまだ少し残っているはずです。

残り房は寂しくなっていますが、
まだ愉しめそうです。

「ハニーヴィーナス」もこれが最終房です。
1haneyV180911_007.jpg




色付きが不満ですが味的には悪くないです。
1Qneena180911_003.jpg




比較的良い色の「クイーンニーナ」です。
せめてこの位の色が欲しいところです。
1Qneena180911_010.jpg




「サンヴェルデ」もまずまずのブドウです。
1sanverde180911_002.jpg




「瀬戸ジャイアンツ」も最終房を収穫しました。
1setoG180911_004.jpg




さっぱり味のブドウです。
1setoG180911_013.jpg




来年に期待の「昭平紅」は
味見程度の小房です。
1syouheikou180911_008.jpg




梨類はあれこれと収穫できています。
今日も「筑水」をレジ袋一杯収穫してきました。
1yutaka180911_018.jpg




リンゴの色付きは当地では余り期待できません。
でも味的にはしっかりと「リンゴ」の美味しさです。
1ringo180911_014.jpg




柿の色付きが増しています。
1soudawase180911_019.jpg




早く味わいたい秋の味覚です。
1soudawase180911_023.jpg

今日は秋らしい気温で過ごしやすかったです。

::

2018-09-05 16:28 | カテゴリ:台風
この度の台風21号による猛烈な強風被害に遭われた方々に
心よりお見舞い申し上げます。

今後もこの様な強い台風が上陸する事が多くなるのでしょうか。
備えにも限度があり、木造家屋では安心できない状況です。

シェルター・ハウスが主流になる時代も遠くないかも知れません。

幸いにも当地は十数メートルの強風で済みましたので、
畑を見て回りましたがその被害は軽微でした。

一番心配だったのが柿の木でした。
上の畑内の多品種接ぎ柿では枝折れがありましたが、
その程度は想定範囲でした。

上の枝は下に落ちていましたが、
下の枝は折れたまま繋がっていました。
1kaki_eda180905_056.jpg




「太秋」に高接ぎした「基肄城」の成り枝が
落ちていました。
1kaki_eda180905_055.jpg




下の畑2の柿達は無事でホッとしました。
「オレンジスター」は落下はゼロで枝折れも皆無でした。
1orenjiS180905_043.jpg




樹高が高い「宗田早生」は枝折れや落下が心配でしたが、
1個の落下のみで枝折れもありませんでした。
1soudawase180905_038.jpg




柿もうっすらと黄色くなりだしたようです。
1soudawase180905_040.jpg




上の畑内のリンゴ「シナノゴールド」は多数の落下が見られました。
でも、残り果はまだ十分量です。
1sinanoG180905_058.jpg




下の畑2では2,3品種のリンゴで1,2個の落下が見られました。
1slimR180905_045.jpg




垣根仕立て梨では、
「愛宕」が3個ほど落ちていました。
品種名が消えてしまった大玉リンゴも落ちていました。
1rakka180905_037.jpg




愛宕梨の一本仕立て苗や多品種接ぎの梨ですが、
多品種接ぎの「愛宕」などが飛ばされていました。
1nasi180905_001.jpg




「ポポー」も2,3個落ちていましたが
被害は軽微です。
1popo180905_048.jpg

既に南海上には台風の卵が並んでいるようです。
自然の猛威には逆らえませんが、
手加減して欲しいものです。

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村