FC2ブログ
2018-06-26 19:36 | カテゴリ:下の畑1
スポンサーサイト

2018-06-22 23:23 | カテゴリ:下の畑1
今朝は朝一で、
野菜畑のトウモロコシ「未来390」を収穫しました。
昼過ぎのことです。
この野菜畑に猿が来て、お隣のトウモロコシや
我が家のトウモロコシを食いあさっていきました。
電柵は夜間のみの通電でしたが、昼夜の通電に切り替えました。


下の畑1には久しぶりに出かけました。
まだ昨夜の降雨で果樹の枝葉は濡れていました。

キウイ棚下は薄暗くてキウイはビッショリでした。

各系統のキウイ品種の蔓が入り組んでいるので
狭い場所に異品種が並びます。
1kiui180622_056.jpg




黄肉系のキウイ。
1kiniku180622_041.jpg




紅芯系のキウイ。
1kousin180622_052.jpg




香緑
1kouryoku180622_049.jpg




栗の「ぽろたん」に毬が確認出来ます。
1polotan180622_017.jpg




スモモ類も色着くと鳥に突かれて、
落下する実も少なからずです。
1SamerE180622_016.jpg




下の畑1から戻ると、
ご近所の野菜栽培家さんから電話で、
電気柵の設置指導を・・。

トウモロコシのハクビシン食害で、電柵設置の相談を受けていました。
HCでは本体のみで2.6万円とのこと、
ネットで探すとソーラー+電柵セットが2.98万円。

このセットの設置のお手伝いでした。
1densaku180622_058.jpg
1.5時間で設置完了。



午後から上の畑内のアンズを収穫です。
果皮の色は同じですが、
大玉が「おひさまコット」で小玉が「ニコニコット」です。
1anzu180622_066.jpg




降雨後の収穫なので味は薄い感じです。
1ohisama180622_059.jpg




ニコニコットも鬼摘果しますと80g位には成りそうです。
1nico180622_062.jpg
梅雨時の収穫で無ければもっと甘さが増すアンズかも知れません。

::



2018-06-20 09:09 | カテゴリ:単核類
今朝は梅雨本番の降りようでして、
昨日撮影していた畑の果樹写真の整理です。

さくらんぼも単核類ですが、既に終了しました。
桜桃栽培も縮小の方向でしょうか。
プロにお任せした方が良さそうです。

素人が暖地でもがいても、無駄なことと思い知らされました。


同じ単核類(梅・スモモ・アンズ・プルーン・桃・・)でも、
今年の結実は非常に良い傾向でした。

特にスモモの結実状況は生りすぎ傾向です。
摘果も2,3回やりましたがまだ不十分です。

庭先の「ニュー太陽」に高接ぎの「紅りょうぜん」が色付きでしました。
早速ヒヨが突っつき出しました。
1beniryouzen180619_002.jpg
接ぎ木台木の「ニュー太陽」も生らせ過ぎでしたので、
この後半分以下まで摘果しました。



玉サイズは良いのですが味は今一なスモモです。
1beniryouzen180619_003.jpg




上の畑内のプルーン「フロリナ」はコレでも2,3回摘果しています。
1frorina180619_023.jpg




まだまだ摘果不十分で小玉なプルーンです。
1frorina180619_024.jpg




同じ畑内のアンズ「ハーコット」はまだまだ収穫は続きます。
豊産でした。
1harcot180619_009.jpg
ヒヨが突っついていました。



鈴生りの「ニコニコット」は大分黄色みが濃くなってきました。
1niconicot180619_010.jpg
小玉品種でしょうが、摘果次第では100gは超えそうです。



「おひさまコット」は良い玉サイズになってきました。
まだ固いです。
1ohisamacot180619_019.jpg




受粉樹としての「サンタローザ」です。
1santaro-za180619_021.jpg
スモモの代表的品種です。



狭小ブドウ棚では、袋掛け後に肥大が進行しています。
1Gfinger180619_026.jpg




一度は諦めた「ビッテロビアンコ」も細々と復活です。
1Gol_Bittero180619_028.jpg




下の畑2の拡張畑でブルーベリー圃場を確保しましたが、
土壌が向いていない様で生育不良です。

ピートモスやバークを多めに使っていますが、
まだ安定しません。

僅かに着いた実は大粒です。(^_^;)
1BB180617_008.jpg

今年も追加苗で補強予定ですが、
BB収穫園はまだまだ先の話です。

::




2018-06-14 21:40 | カテゴリ:さくらんぼ
庭先のさくらんぼ置き場では、既に収穫は終盤で、
残りは「紅きらり」と「黒砂糖錦」・「サミット」となりました。

ジョイント桜桃も開花60日を経過して今度の日曜日が
収穫適期と見ました。
今年は当初結実良好を密かに喜びましたが、
肥大時期の度重なる豪雨による水分過多が実割れ果の発生となり、
傷んださくらんぼが多発で、実成は半減しました。

残り果が少ないジョイント桜桃ですが、
「さくらんぼ狩り」の決行です。

参加者は日程の都合で昨年より少ないですが、
気休め程度に盛り上げましょう・・と

さくらんぼ狩り・・前の見納めで、
画像を拾い集めました。
1Joint180614_023.jpg





1Joint180614_002.jpg





1Joint180614_003.jpg





1Joint180614_007.jpg




佐藤錦の3Lサイズは自慢できる大きさのようです。
恐らく山梨辺りのさくらんぼ園では見られないサイズだと・・。
1joint180603_005.jpg




3Lサイズの佐藤錦は結構な数が確認出来ましたが、
さすがに4L佐藤錦は見つかりませんでした。
今後の課題です。
1Joint180614_018.jpg




傷み果は摘果しましたので、
寂しい景色となりました。
1Joint180614_009.jpg




来季の目標が明確になりました。
過湿に強く大玉がザクザク・・です。
1Joint180614_011.jpg




受粉樹の「紅きらり」も長果枝の実は大玉になるので、
味も良くなるようです。
1Joint_kirari180614_005.jpg




着色は佐藤錦より若干遅れ気味です。
1Joint_kirari180614_010.jpg
17日の日曜日は兄弟・子供達でさくらんぼ狩りです。
小雨決行です。

::




2018-06-14 18:35 | カテゴリ:アンズ
野良作業も今日以降は暫く出来そうに無い空模様です。

上の畑内ではアンズの「ハーコット」や「ニコニコット」・
「おひさまコット」などが色着いてきました。

今年のハーコットは予想以上に豊作で、
生らせ過ぎ傾向でもあります。

長雨前に綺麗なアンズを味わいましょうと、
少しですが色付き・実の柔らかさを確認しながら収穫してみました。
1harcot180614_028.jpg




果重は100g前後が多いです。
1harcot180614_024.jpg




一個、糖度を計測してみますと、
14.5度で桃並の甘さです。
1harcot180614_034.jpg
十分味わえるアンズになっていました。
矢張り「ハーコット」は美味しいアンズです。

自家栽培者の特権として暫く愉しませて頂きます。


同じ畑内のスモモ「いくみ」は完熟して、
鳥が突っつき出したので全収穫です。

甘くて爽やかな味わいで、
美味しいスモモになりました。
1ikumi180614_029.jpg
傷み果も無く綺麗なスモモです。



熟しているので皮も綺麗に剥けます。
1ikumi180614_030.jpg
梅雨本番前に収穫できて糖度も高めになったと思います。

::


2018-06-12 18:31 | カテゴリ:スモモ
2018-06-07 19:43 | カテゴリ:ブドウ
2018-06-05 19:19 | カテゴリ:プルーン
梅雨入り前に慌ただしく果樹の収穫や、
枝整理後の袋掛けなどやっています。

下の畑1のブルーベリー圃場では「スパルタン」が色付き出していました。
今朝5時頃から家内が収穫してきました。
1spartan180605.jpg
明日からの梅雨入り前に初収穫です。
レジ袋のまま計量しています。



スパルタンの生り始めの実は大粒で美味しいBBです。
1spartan180605_002.jpg




下の畑1の早生桃「はつおとめ」が熟れてきましたので、
今年の一番果です。
1hatuotome180605_034.jpg




上の畑内の西洋アンズ「ゴールドコット」は小玉ながら、
酸味無く美味しいアンズで雨が無いので実も綺麗です。
1Gcot180605_039.jpg




酸果桜桃は酸っぱいので鳥も食べないとのことですが、
暖地の酸果桜桃は完熟時には甘さも乗って鳥がしきりにやって来ます。

このモンモレンシーも大分鳥の餌に供与しましたが、
本日全収穫です。
1monmo180605_032.jpg
さくらんぼジャムが一回分位はありそうです。

畑の酸果桜桃はほとんど無くなっていました。


さて、今日は下の畑1のプルーンの整枝を行いました。
放置していたために脚立に登らないと結実果に届かない状況です。
1PI180605_006.jpg
新梢の先端は5m位の樹高になっていました。



この畑には3本の「パープルアイ」が息づいていました。
1PI180605_009.jpg 




新梢を切り詰めて樹形改善です。
1PI180605_026.jpg




袋掛けなどがし易い樹高に1,2年で改善していきます。
1PI180605_027.jpg




手の届く位置に着いた幼果には袋掛けを行いました。
樹上2mの高さの実には袋も掛けられません。
1PI180605_012.jpg




BIKOOを使って袋掛けです。
1PI180605_019.jpg




30袋ほど掛けましたが、
他の実は無袋で様子見です。
1PI180605_020.jpg
久しぶりに「パープルアイ」の袋掛けでした。
美味しく大玉の完熟果を収穫したいところです。

::


2018-06-04 16:51 | カテゴリ:下の畑1
下の畑1の西洋ナシ3本は多品種接ぎ梨になっています。
新梢が勢いよく伸びて鬱蒼としてきました。

日陰になってしまうので、夏枝整理をスモモ・りんご・桃・梨などで行いました。
樹間が広くとれていれば夏枝整理もしたくないところですが、
狭小地栽培ではコンパクト樹形の維持は必須作業です。

ブルーベリーの「スパルタ」も色着いて大きめの実が目立ちます。
明日の早朝に収穫予定です。

西洋ナシに高接ぎの「愛甘水」や「豊水」、「秋麗」などに袋掛けしながら、
夏枝を落としました。
1aikansui180604_009.jpg
結実果の2/3位に袋掛けしています。



秋麗も摘果しながらの袋掛けです。
1syurei180604_004.jpg




伐採しましょうかと思った「紅浅間」でしたが今年は実付きが良さそうです。
そろそろ完熟果になりそうです。
1beniasama180604.jpg




月光も生理落果が終了の様で、
残り果の肥大が始まりました。
1gekkou180604_016.jpg




このスモモはチョット生らせ過ぎです。
1newhaney180604_017.jpg




上の畑内のスモモ「いくみ」が色着き出しています。
例年スモモの一番果はこの「いくみ」です。
1ikumi180604_025.jpg




画像だけで見ますと少しいくみの外見に似た「コチェコ」です。
1cocheco180604_022.jpg




「貴陽」も肥大中です。
1kiyou180604_027.jpg




アンズの「ゴールドコット」が2,3日前から採れだしています。
完熟果は酸味も消えて甘いアンズです。
1Gcot180604_019.jpg
梅雨入り前なので実割れも無い綺麗なアンズが収穫できます。



晩生種のハーコットは梅雨の真っ最中に収穫となりそうです。
1harcot180604_030.jpg




「おひさまコット」も同様でしょう。
1ohisama180604_033.jpg




畑2の地植えビワの多くは防鳥ネットで対策していましたが、
カラスの悪知恵に負けてほぼ全滅でした。

この「室戸早生」だけは2重3重の防鳥ネットで
1/3が辛うじて残り昨日収穫しました。
渋味・酸味も抜けて甘いビワでした。
1muroto180603.jpg



上の畑内の鉢植え「大五星」の残り果ですが、
3個収穫しました。
1daigosei180604_036.jpg
ビワは味見程度でも鉢栽培の方が確実かも・・。

::


2018-06-02 21:53 | カテゴリ:
来週には梅雨入りの可能性が高くなってきました。
晴れている間に手付かずだった垣根仕立て梨に袋掛けを実施しました。

昨日は、下の畑2の青梅も収穫しましたが、
ご近所にも人気が無くて、余剰品がタップリと残っています。

下の畑2の拡張畑に植え付けた紫陽花の花が咲いていました。
コサージュはまだですが、「花火」が開花中でした。
1hanabi180601_012.jpg




同じ拡張畑のアンズ「美杏」が色着いて来ました。
結構大玉です。
1bian180601_013.jpg




同じく「甘太郎」です。
果皮が汚れています。
1kantarou180601_015.jpg




同じく拡張畑の梅「ジャンボ高田」です。
この梅はそのまま残しました。
1takada180601_018.jpg




畑2の豊後・南高・玉梅・翠香・紅映・白加賀を収穫しました。
1bungo180601_003.jpg
先日より収量は多く、10kg程でした。

梅ジュース用には先日の梅で十分でしたので、この梅は余剰品となりました。
ご近所に声かけしましたが人気が有りません。


さて、梨の袋掛けですが小一時間で終わると思いきや、
2時間半掛かりました。
1kakinenasi180602_003.jpg




摘果済みでしたが、更に落としながらの袋掛けです。
1kakinenasi180602_009.jpg
袋も梨用・ブドウ用大袋・ビコーなど色々使い分けています。



葉をよく見ますと黒斑病が散見されました。
明日は町内の草刈りが8時からあるので、
終了後に農薬散布の予定です。
1kakinenasi180602_010.jpg




袋掛けを始めますと、意外と数が多くてビックリです。
一見、少ない感じですが葉陰で見えていなかったようです。
1kakinenasi180602_011.jpg




昨年はほとんどが無袋栽培でしたが、
今年の袋掛けが功を奏するか否か・・。
1kakinenasi180602_014.jpg
多少は綺麗な梨を味わえるかも知れません。

::



にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村