FC2ブログ
2018-05-31 11:35 | カテゴリ:りんご
梅雨入り間近、昨夜の雨で果樹はビッショリ濡れていました。
手付かずだった下の畑1のリンゴに袋掛けです。

濡れた木からは雨が降っているような雫が滴り落ちます。
濡れるのを覚悟で袋掛けの実施でした。

畑1には6本のリンゴの木があり、
ほとんどは2,3品種以上の高接ぎリンゴで、
名札が消えて品種名の分からなくなった高枝も少なくないです。
日頃の管理の悪さが露呈です。

この木には、あいかの香り・星の金貨・はるか・駒ふじ・とわだ乙女・昂林・こうみつ・・
などが高接ぎの筈ですが、名札が消えて不明種も少なからずです。
1DC180531_002.jpg




幼果はピンポン球からゴルフボール大になっています。
1DC180531_008.jpg




この多品種接ぎはまだ小木ですが、
4,5品種が接いであります。
1DC180531_009.jpg




インドリンゴの木には「スターキング」が高接ぎされています。
1DC180531_020.jpg




袋掛けを始めたら雨が降り出してきました。
暫くそのまま継続しましたが、雨脚が強くなったところで中断です。
1DC180531_023.jpg
カメラを濡らしたくないので1枚の写真のみです。



リンゴの袋掛け開始前に家内と一緒に
上の畑内と下の畑1の青梅を収穫しました。

この梅は上の畑内の竜峡小梅に「紅映」と「南高」を高接ぎしたもので、
赤っぽいのが紅映です。
1DC180531_026.jpg


梅ジュース用の氷砂糖を買いに出かけた家内から
青梅が1kgを1000円以上で売られていると聞きました。

こちらは下の畑1の青梅で
「南高」・「豊後」・「金紅梅」の混成です。
1DC180531_027.jpg
本日の収穫量は8kg前後でしょうか。

下の畑2の梅収穫は
明日のクリニック通院後に実施の予定です。

::

スポンサーサイト



2018-05-29 21:46 | カテゴリ:さくらんぼ
昨夜は山形のS.F.Takaさんと久しぶりに桜桃談義でしたが、
本場の凍害状況や当地の豪雨により実割れなどがメインでした。

庭先のさくらんぼの正光錦は既に賞味済みとなりましたが、
実割れ果の多発した「紅秀峰」や「紅ゆたか」などはまだ残っています。

畑2の「桜桃ジョイント栽培」では色付きが進んでいますが、
実割れ果多発で意気消沈しています。

現状のジョイント栽培の様子をアップしてみます。
大分赤色が濃くなってきました。
1joint180529_035.jpg




ジョイントのメインは「佐藤錦」です。
1Jsato180529_003.jpg




「紅きらり」はジョイント似2本含まれます。
1Jbenikira180529_013.jpg
佐藤錦より色付きは遅い感じです。



受粉用に「ナポレオン」も1本含まれています。
1Jnapole180529_021.jpg




後から考えますとジョイント全てを「佐藤錦」にすれば良かったかも・・。
1Jsatou180529_033.jpg




実割れ果が多くて残念な状況ですが、
昨年のジョイントより一歩進んだかも知れません。
1joint180529_001.jpg




佐藤錦はまだ肥大中のようですが、
2L以上には成っていると思います。
1Jsatounisiki180529_027.jpg
来年はもう少し実付きをバージョンアップしたいところです。



庭先の「さくらんぼ置き場」では色付きが昨年より早くて、
「正光錦」は既に完食しました。
糖度も乗って甘いさくらんぼでした。

紅秀峰は半分以上が実割れで摘果しました。
残った実は既に渋味は無くなっています。
1benisyuhou180529_062.jpg




「紅ゆたか」も実割れし易くて3割ほどが傷み果です。
1_beniyutaka180529_051.jpg




「香夏錦」は過湿に強く実割れが少ないです。
1koukanisiki180529_066.jpg




少ない実成の「サミット」はただ今肥大中なり・・。
1samito180529_057.jpg





上の畑内でゴールドコットに高接ぎのアンズ「巨紅」が防鳥ネット内に落下していましたので、
全収穫しました。
1kyokou180529_043.jpg




酸味が無くて甘いアンズになっていました。
1kyokou180529_101.jpg




他のアンズはもう少し時間が掛かりそうです。
「ゴールドコット」が薄く黄色みを帯びてきました。
1Gcot180529_091.jpg




「ハーコット」はまだまだって、感じです。
1harcot180529_077.jpg




「おひさまコット」はまだ緑です。
1ohisamacot180529_074.jpg




「ニコニコット」も青い実です。
1niconicot180529_078.jpg

明日辺りが当地の梅雨入りの可能性がローカルTVで話題なっていました。
長雨で傷み果が出るのか心配なところです。

::


2018-05-28 21:38 | カテゴリ:
2018-05-27 18:28 | カテゴリ:下の畑1
梅雨の気配が忍び寄る前の晴れの休日です。
朝一で下の畑1へバイクで行きました。

キウイへの施肥のため肥料を積んで出かけた次第です。

施肥後、畑内の果樹の様子を見て回りました。
あれやこれやと雑多の果樹が目白押しで、
袋掛けなどの作業はまだ手付かずの状態です。

順不同で写真をアップします。
雨避け無しの露天で一本立ちの「バッファロー」です。
1baffalow180527_001.jpg




洋梨の「バラード」の幼果です。
1balard180527_012.jpg




同じく洋梨の「月味」です。
1tukimi180527_014.jpg




洋梨の木に高接ぎの和梨「秋麗」です。
1syuurei180527_021.jpg




1本立ちの和梨「八雲」です。
1yakumo180527_009.jpg




梅の「南高」は青梅で収穫予定です。
梅ジュースに使います。
1ume180527_003.jpg




「露茜」はまだまだ青梅状態です。
1tuyuakane180527_034.jpg




確か2粒着いていた筈なのに、
この一粒しか見つかりませんでした。
1gassan180527.jpg




今年も「カリン」は豊産でしょう。
1karin180527_008.jpg




美味しいスモモの「月光」です。
1gekkou180527_022.jpg




貴陽に高接ぎの「サマーエンジェル」です。
1sumerenje180527_033.jpg




ブルーベリー圃場では防鳥ネット越しに
「スパルタン」が撓わに着いたのが見られます。
1spartan180527_038.jpg




昨年初のマルメロジャムを作りました。
今年のマルメロは豊作でしょう。
1marmero180527_028.jpg




プルーンの「シュガー」は今年も収穫できそうです。
1syuger180527_018.jpg




栗の開花が始まった様です。

トゲなし栗の雄花が咲き出しています。
1togenasi180527_026.jpg




「ぽろたん」栗も開花中です。
1polotan180527_030.jpg




キウイ棚の横で毎年沢山の実を着ける「一才サルナシ」です。
鳥の餌になっています。
1sarunasi180527_046.jpg
畑1も賑やかになってきました。

果樹が色着き出すと、害獣との知恵比べが始まります。

::


2018-05-25 18:19 | カテゴリ:キウイ
キウイの開花は早生種の紅芯系が開花し出してから、
約1ヶ月強の差を示しながら晩生種の緑果系キウイの開花がほぼ終了しました。

黄肉系はその中間的に開花して、
既に結実幼果が確認出来ています。

受粉不良果などを見つけて適度に摘果していますが、
まだまだ生らせ過ぎ状態でしょう。

今日現在の各種キウイの幼果を撮影してみました。
受粉は全てお任せでやっています。

先ずは、早生種の紅芯系キウイです。
1RR180525_022.jpg
紅芯系は開花1ヶ月で環状剥皮を施しています。




1kohi180525_026.jpg




「紅美人」も他の紅芯系と似たような結実・肥大傾向です。
1kurenai180525_028.jpg




黄肉系品種も結実状況は悪くないです。
1GE180525_019.jpg




黄肉系のキウイにも環状剥皮を施す予定でいます。
1JY180525_006.jpg





1MG180525_008.jpg




今年が本番になる「東京ゴールド」も良い感じでしょう。
1TG180525_011.jpg




本日の畑2のキウイ棚です。
相変わらずの混み様です。
1kiui180525_039.jpg





1kiui180525_038.jpg




最晩生の香緑も開花が終わり、
結実が見られ出していました。
1KR180525_035.jpg





1KF180525_030.jpg  




果樹仲間さんのプレゼント苗です。
正体は不明ながら名称(パンダ)に惹かれます。

葉はサルナシ様ですね。
1panda180525.jpg




幼苗ですが着いた蕾を2つ残し、
開花していました。
萼がピンクで珍しい花です。
1panda180525_001.jpg




蔓物続きでブドウの様子です。
この時期は1回目のジベ処理なんですが、
品種毎に開花時期がズレるので大変です。

MOAは今日から開花の様です。
1MOA180525_046.jpg




「クイーンニーナ」には本日ジベを処理しました。
1QN180525_049.jpg




「サンヴェルデ」は明日頃が満開でしょうか。
1sunbel180525_041.jpg

ジベレリン処理は必須の作業ながら、
2週間くらいのズレ範囲が有り意外と大変な作業です。

::
 


2018-05-20 18:06 | カテゴリ:オリーブ
オリーブの小苗も漸く生長して、
木らしくなってきました。

葉の色も濃い緑で元気そうです。
2年前から少しずつ花が着きだして、
今年は花数も大幅に増えた感じです。

そんなオリーブの花が咲き始めた様なので、
写真に収めてみました。
1alvekina180520_028.jpg




樹全体に蕾が着いていました。
1alvekina180520_027.jpg




「アスコラノ」は少ないながら開花し出しています。
1ascorano180520_043.jpg





1ascorano180520_044.jpg




拡張畑の東側からオリーブ圃場を眺めています。
1olive180520_001.jpg




「ベルダル」も沢山の蕾が着きました。
1beldal180520_049.jpg




咲いた蕾も見られます。
1beldal180520_048.jpg




樹勢は旺盛なようです。
1beldal180520_050.jpg





1cebilano180520_059.jpg




少ない花の付き方でした。
1cebirano180520_005.jpg


昨年も咲いていましたが結実は確認出来なかったオリーブです。
今年もお任せですが、
結実を期待しています。

「コラティーナ」
1colatina180520_052.jpg




立生の樹形です。
1colatina180520_053.jpg




花が着きにくい品種です。
1manzaniro180520_024.jpg





1manzaniro180520_025.jpg




昨年購入した接ぎ木苗の「カラマタ」にも蕾が・・。
1kalamata180520_012.jpg




生長は順調そうです。
1kalamata180520_013.jpg




オリーブ圃場はそれらしい雰囲気です。
1olive180520_054.jpg




ポピュラーな「ミッション」にも花芽が着きました。
1mittion180520_015.jpg




横に枝を広げる這い性品種です。
1mittion180520_016.jpg




「ピクアル」は自家結実性が少し有る様です。
1pikal180520_007.jpg




比較的結実性の高い品種です。
1pikal180520_010.jpg




授粉に向いた品種のようです。
1sipresino180520_018.jpg




中型の実を着けます。
1sipresino180520_020.jpg

さて、今年は収穫まで行けるでしょうか。
塩漬けは経験済みですので、
オリーブオイルにチャレンジしたいところです。

::



2018-05-19 16:56 | カテゴリ:さくらんぼ
朝方に一雨あって、
日中は夏日となって強い陽差しに葉が萎れます。

ブドウ品種の開花も始まり2倍体、4倍体の開花時には
ジベ処理が始まりました。

一斉に開花するわけでは無いので小まめなチェックが必要です。
今朝も庭先や下の畑2で開花を見ながらジベ処理でした。

庭先のさくらんぼ置き場では、
徐々に色付きが進んでいます。

雨避け屋根の下ながら、春の嵐による豪雨は庭を川のように流れたので、
水分過多で実割れ果が多発です。
その典型例が「紅秀峰」です。
1benisyu180519_006.jpg




2L以上と色付き・サイズは申し分ないですが、
土壌の水分過多で実割れ果が多発しています。
1benisyu180519_007.jpg




昨日1粒食べてみましたら、
渋味は無いがまだ糖度が低い感じでした。
1benisyu180519_012.jpg




同じく実割れしやすいのが「紅ゆたか」です。
結実果の1割位は実割れしています。
1beniyutaka180519_018.jpg
多雨な土地では仕方の無いことです。



色付きもやや遅れ気味のようです。
1beniyutaka180519_019.jpg




同じ場所でも「正光錦」には全く実割れが無いです。
色付きも進んでいまして、
3Lサイズがゴロゴロです。
1seikou_b180519_002.jpg




何と、4Lサイズもありました。
1seikou_b180519_010.jpg
大玉は見応えがあります。



「香夏錦」も水分過多に強い感じです。
1kouka180519_014.jpg




実割れ果はほとんど見られていません。
1kouka180519_022.jpg




もう1本の「正光錦」です。
1seikou_s180519_020.jpg
南面で着色も進みます。



玉サイズはLから2Lですが、
着色は良いです。
1seikou_s180519.jpg

下の畑2のジョイント桜桃も少し色付きが始まっていました。
生理落果が激しくて目減りした実付き状態にガックリです。

::


2018-05-17 19:51 | カテゴリ:もも
結構この作業が面倒なんです。
摘果作業は鬼摘果で極力袋掛け作業への負担を軽減しました。

上の畑内には5品種の桃がありますが、
メインは「山吹大玉あかつき」、「なつっこ」と「日川白鳳」です。

袋掛けしながらも摘果を実施して、
少ない数にしてみましたが、袋の数を数えるとそれなりの数に
自分で驚きました。
1akatuki180517_037.jpg
見かけより多かった袋掛けでして、
100枚近い袋の消費でした。



「なつっこ」も摘果しながらの袋掛けでした。
1natukko180517_004.jpg




そんな桃の直ぐ横にはアンズのハーコットが並んでいますが、
肥大が進むと摘果したつもりでしたが、
残り果の多さにビックリです。
1harcot180517_023.jpg




ハーコットに高接ぎの「おひさまコット」も
ゴロゴロ着いていました。
1ohisama180517_025.jpg


桃の袋掛けの後には、
この梨類がひかえています。

一次摘果はしていますが、
その数の多さに身震いです。
1nasi180517_029.jpg




同じく袋掛けが必要な果樹の「リンゴ」です。
1Jorin180517_014.jpg




上の畑内、下の畑1,下の畑2と桃以外に袋掛け果樹は目白押し状態です。
どなたか、袋掛け作業をやってみたい方はいませんか?
1sinanoG180517_013.jpg




午後からは、
下の畑2の桃に袋掛けの続行です。

この畑の桃は徹底的に摘果済みでしたので、
少ない幼果ですが更に摘果をしながらの袋掛けでした。
1tousui180517_051.jpg




スモモに高接ぎの「つきあかり」です。
早生の黄色い桃で美味です。
1tukiakari180517_053.jpg




名前に惹かれた桃の「はなよめ」です。
1hanayome180517_052.jpg




「白麗」も縮伐後で大分落ち着いてきました。
1hakurei180517_056.jpg

画像には無いですが拡張畑の7品種にも袋掛けしていますが、
結局本日の袋数は400枚程度となりました。

::


2018-05-14 21:00 | カテゴリ:下の畑1
熱中症に注意が必要な陽気になりました。

今日は下の畑1で畑周囲の雑草刈り作業を決行しました。
その後は、一服がてら畑内の様子観察です。

この畑のスモモの「貴陽」は開園時に植え付けたものの、
一度も結実していませんでした。
そこで、コチェコを隣に植え付けたり、高接ぎしたりで、
今春、コチェコが咲きましたので「貴陽」の初生りに期待でした。
1kiyou180514_015.jpg




お任せで初結実です。
受粉樹効果覿面です。
1kiyou180514_016.jpg
コチェコの受粉能力は間違いないですね。



今春ダメ元で実施の栗の挿し木です。

まだ判断できる段階では無いですが、
悪くない状況です。
1kuri180514.jpg




庭のポット挿しも似たような状態です。
2次生長に期待が続きます。
1kuri180514_030.jpg




この畑の栗には雄花が見られる様になりました。
1polotan180514_012.jpg




トゲなし栗にも雄花が着いています。
1togenasi180514_010.jpg
今後の防虫管理が大事な作業です。



防虫管理と言えば、
柿も外せません。
1jirou180514_025.jpg
柿類の開花が最盛期に入ってきました。



梅も肥大が進んでいます。
梅雨時期に収穫となる予定です。
1tuyuakane180514_020.jpg

落葉果樹の収穫一番手は、
梅で始まります。
::

2018-05-12 16:40 | カテゴリ:さくらんぼ
これぞ趣味のさくらんぼ栽培・・と言った感じの
庭先「さくらんぼ置き場」です。

南北3m×6m東西の狭小雨避け屋根の下では、
無謀にも15~16本の桜桃樹がひしめき合っています。

昨年の剪定時に枝数を少なくしましたが、
葉が繁茂してきますとジャングル状態です。
生り枝が減少したことより昨年の半分程度の実付きです。

昨年から、ハクビシンの食害避けとして電柵を設置していますが、
今年も昨日から夜間の通電を開始しました。
1densaku180512_036.jpg
防獣ネットと電柵で完全防御です。



最強受粉樹の「紅きらり」はまだ青い実です。
1benikira180512_032.jpg




大きめの実でも整理落下しやすい紅きらりの様です。
1benikira180512_030.jpg




雨避け下ですが、実割れしやすい「紅ゆたか」です。
1BY180512.jpg




今年は生り枝を少なくしましたが、
結実果は昨年より大きそうです。
1BY180512_005.jpg




さくらんぼ置き場の古株の1本がこの「紅秀峰」です。
1benisyu180512_019.jpg




1月頃に短果枝の芽欠きをしています。
新梢の発生を狙った処理です。
1benisyu180512_029.jpg
結実数は減少しています。



2本ある「正光錦」の大玉bタイプです。
1seiko180512_009.jpg
既に2L以上と言ったところです。




1seiko180512_024.jpg




一方、小玉sで豊産性の「正光錦」ですが、
今年は実付きが疎らでやや大きめの幼果です。
1seikou180512_028.jpg




例年枝垂れるほどの実付きですが、
今年は少ないです。
1seikounisiki180512_034.jpg

狭い場所でも地植えで桜桃を楽しめます。
コンパクト樹形の維持は必須の作業ですが、
居間から3,4mにところでさくらんぼを眺めるのは最高です。!!

::




2018-05-11 18:06 | カテゴリ:さくらんぼ
2018-05-08 15:32 | カテゴリ:さくらんぼ
2018-05-04 16:41 | カテゴリ:キウイ
メイストームの翌日でも風は強くて、
鬱陶しい天気です。

今日の作業はレインカット栽培の花穂の整形と
蔓誘引作業でした。

その後はキウイ棚で黄肉系品種の開花状況を観察です。
雄花の「孫悟空」や「東京ゴールド」がやや先行の開花でしたが、
5品種が揃って咲き乱れています。

畑2のキウイ棚の様子です。
1kiui180504_016.jpg
葉が展葉しますと暗っぽくなってしまうのは
まだ剪定の修行が足りません。



「センセーション・アップル」だったと思いますが。
1APL180504_020.jpg




大きめの花が着く「ゴールドエンペラー」。
1GEMP180504_011.jpg




「ジャンボイエロー」も多花性です。
1JYE180504_007.jpg




「孫悟空」は兎に角咲いてくれたらOKです。
1songoku180504.jpg




開花は早目の「東京ゴールド」です。
1toukyouG180504_004.jpg




「MG-06」も花数は多いキウイです。
1MG180504_014.jpg

今年は環状剥皮でやってみましょうかと・・。

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村