2017-05-12 17:57 | カテゴリ:さくらんぼ
サクランボ師匠のS.F.Takaさんにジョイント栽培の様子を報告するには、
当ブログに写真をアップするのが一番分かりやすいことだと考えます。

素人でも出来る本格的な桜桃栽培です。
棒苗を植え付けて3年目から、プロ並みのサクランボが収穫できます。

それも、当地の様な温暖な地域でも可能なんです。
MサイズやLサイズのサクランボで満足してはいけません。

2L、3Lサイズを目指しましょう。

さて今日の画像です。
先ずは受粉樹の「紅きらり」です。
今日の画像は、普段より大き目の画像を使っています。
クリックで拡大してご覧下さい。
1benikira170512_009.jpg 




優良系佐藤錦で通称「開花早豊産性」の佐藤錦です。
1KHHsato170512.jpg

ジョイント栽培は何が良いの・・?
”大玉・高糖度のサクランボつくり”の著者:黒田実氏の栽培法を実践するには
20~30年生の桜桃樹を必要とします。

産地でもない素人がこの樹齢の桜桃樹を持っていることは極希なことでしょう。
私はS.F.Takaさんの長果枝栽培を是非取り入れてみたいと思っていましたが、
上記の理由で断念せざるを得ませんでした。

ところが、S.F.Takaさんとの談笑から始まった「ジョイント栽培」は、
素人でも僅か3年ほどで長果枝栽培が実践できる・・という、
夢の様な栽培法なんです。

S.F.Takaさんの先行実験に遅れること1年後に、
始まった我が家のジョイント栽培です。


受粉樹の整備や訪花昆虫の少なさは、
本場の受粉環境とは比べものになりませんので、
少ない授粉用樹の花粉を梵天で拭き取って佐藤錦に擦り付ける・・・
いわゆるリアルタイム人工授粉は必須作業になります。

途中で花粉の欠乏状態となり、不完全受粉
と思われる萎縮果が多いです。
1KHHsato170512_002.jpg

S.F.Takaさん考案のジョイント栽培法ですが、

本場のサクランボ栽培従事者の高齢化事情の改善策もさることながら、
私は趣味家でも良質のサクランボを作れる・・ことが最大のポイントと思っています。


私のブログを見て頂ければ、
素人でも容易にサクランボが作れることが実感できると思います。
1KHTsa170512_028.jpg




少し引いてジョイントの1本棒状態の生り枝を見てみます。
1Joint170512_023.jpg





1Joint170512_024.jpg





1Joint170512_025.jpg





1Joint170512_027a.jpg




通称25年生の「佐藤錦」です。
受粉が最悪でしたね。(^_^;)
1S25nen170512_020.jpg




本命の60年生「佐藤錦」です。
1S60nen170512_010.jpg





1S60170512_030.jpg




私の指先サイズになっています。
1S60nen170512_013.jpg

結実数は少ないですが、これも受粉環境の整備で改善するかと・・。
是非、ジョイント栽培に挑戦してみて下さい。

::

スポンサーサイト
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村