2017-02-28 15:58 | カテゴリ:ビワ
次第に春めいてきた様です。

数的には少ないですが、毎年この時期に実施している
ビワの接ぎ木を行いました。

挿し木苗や実生苗が不足していたので、
品種確保は既存株に高接ぎします。
高接ぎがメインで、実生苗や早五星の枝に接ぎ木しました。

主立った株は2本有る「早五星」です。
昨年末に縮伐していたので丁度良い枝振りでした。
1biwa170228_003.jpg




右側の実生苗も有効利用しました。
1biwa170228_004.jpg
なかなか100%の確立では成功しませんので、
多めに高接ぎしています。



基本的には、
1品種1枝でも活着すれば目的は達成です。
1biwa170228_001.jpg




上の畑内にあったポット植え挿し木苗には
居接ぎで勝負です。
1itugi170228_018.jpg




同じ畑内では、
昨年居接ぎした「大五星」が1房結実しています。
1daigosei170228_020.jpg



先日、マルチを張ってあった挿し木圃場で、
各種台木などの直挿しを実施しました。

穂木は昨年暮れに採穂して、
冷所保存していました。

特に傷んだ穂木も無くて、
発泡スチロール箱保存が定着した感じです。
凍らせない事が重要です。
1jikasasi170228_008.jpg




今年の桜桃台木は極めて少なくて、
コルト台のみ少数挿し木しました。
1jikasasi170228_009.jpg
キウイの挿し木は成功率が低いですが、
1本成功すれば儲けものでしょう。



スモモ・プルーン・アンズ・桃・梅・・と単核類の台木として
利用できるのがスモモの挿し木苗です。
昨年は手抜きしましたので、
今年のスモモ台には苦労しました。
1jikasasi170228_011.jpg
富士野生桃台は昨年1年間、購入苗を養成して採穂していました。
今後はスモモ台からこの富士野生桃台に移行していきます。



同じく購入台木の「ひだ国府紅しだれ桃」台も今後の台木候補です。
1jikasasi170228_014.jpg
りんご類には欠かせない挿し木で増やせる「JM7」台です。

今日はここまででしたが、
梨用台木やブドウ、柑橘台木なども今後直挿しの予定です。

::




スポンサーサイト
2017-02-27 19:50 | カテゴリ:柑橘類
果樹栽培やメダカ飼育で、
度々我が家を訪問してくれる”Cr(クロム)”さんから
見事な柑橘の収穫果が届きました。

昨年も立派な「デコポン」を頂戴していますが、
今年もお店でも余り見たことの無い
大玉の「デコポン」と「はるみ」のお裾分けです。

柑橘系に疎い私ですが、
「デコポン」の濃厚な味わいには魅了されていまして、
自家産で味わってみたくて2本植え付けています。

届いた柑橘類です。

2017-02-25 17:53 | カテゴリ:下の畑1
このところ畑2の耕耘機が不調で、
挿し木圃場の準備が出来ずに悶々としています。

オンボロ農機具ですので、故障が多くて何度も修理で、
大分、メカに強くなってきました。(^_^;)

今日も午前中は、畑2で耕耘機のメンテナンスでして、
明日頃には始動させたいところです。


午後から、久しぶりに畑1に出かけてみました。
なんと、この畑の「露茜」はほぼ満開状態でした。
毎年、ここの露茜は早咲き傾向でしたが、
下の畑2の露茜はまだ1輪も開いていません。
1tuyuakane170225_005.jpg




今年はやや縮伐して下枝も整理しています。

やや花数の減少傾向ですが、
生らせ過ぎにするより良いかもしれません。
1tuyuakane170225_006.jpg




同じ畑の「南高」もほぼ満開でしょうか。
1nankou170225.jpg




「みのり」うめは8分咲きですが、
高接ぎの「豊後」はまだ蕾でした。
1minori170225_001.jpg




「金紅梅」は晩生で1,2輪の開花でした。
1kinkoubai170225_002.jpg




淡いピンクの花です。
1kinkoubai170225_003.jpg
この畑1も大分春めいてきました。




上の畑内では「鶯宿」の花が終盤となっています。
実梅ですが八重咲きです。
1ousyuku170225_009.jpg




ポット植えの「豊後」がチラホラと開花していました。
1bungo170225_011.jpg

梅が終わるといよいよスモモ類の開花が始まります。
今年の出来は如何に・・?

::


2017-02-24 16:40 | カテゴリ:中国実桜
2017-02-23 08:39 | カテゴリ:柑橘類
2017-02-19 14:29 | カテゴリ:さくらんぼ
2017-02-18 18:04 | カテゴリ:
柑橘類がない我が家では、
この時期が一番ブログネタに苦労しますね。

芽動きも目立った物もなく、
梅の開花だけが冬枯れの畑で目立ちます。

「南高」・「玉梅」・「紅映」・「鶯宿」・「竜峡小梅」や「翠香」は
比較的早い開花でしたが、ここに来て晩生種の蕾に変化が見られます。

晩生種の代表格「豊後」の蕾で花びらのピンクが確認できるようになりました。
1bungo170218_003.jpg




蕾の膨らみと共に花びらのピンクが覗いています。
開花が迫っていますね。
1bungo170218.jpg




「白加賀」の幼苗は枯らしてしまいましたが、
高接ぎ枝が際どく残っていました。
白い花びらが見えだしています。
1sirokaga170218_009.jpg




「露茜」も大分膨らみを増しているようです。
1tuyuakane170218_004.jpg




早生種の「翠香」も賑やかになってきました。
1suikou170218_008.jpg
今年は初生り果が見られるかも知れません。

程よいお湿りがありますと、
芽動きも活発になるように見られます。

野菜畑の世話もそろそろ本腰でやらねば・・。

::



2017-02-14 16:14 | カテゴリ:
今日の朝仕事は、下の畑1の日本みつばち巣箱の大移動です。

先日、消滅した下の畑2の日本みつばちの補完として、
生存が確認されている畑1の巣箱を移動することにしました。

畑1の出入り口から駐車スペースまで50mは度離れています。
ある程度の重量であり手荒い運搬は厳禁ですので、
一輪車に乗せて駐車スペースへ・・。

この時期、早朝の寒い時間帯ではほとんど巣門からの出入りはありません。
巣箱の巣門はガムテープで封印して静かに車まで運びました。

畑2でも巣箱設置場所までは一輪車で運びました。
ちなみにこの巣箱の重量は21kgでした。

無事設置した巣箱は、設置後1時間で巣門を開放しています。
1hata1_hata2170214.jpg
まだ午前中の早い時間帯でしたので、
巣門からの出入りは1,2匹でしたが巣箱周りを一回りして
巣内に入っていきました。

この畑の果樹の開花最盛期まで残って欲しいものです。


開花が始まったものの授粉昆虫の少なさが気掛かりな梅たちです。

花数自体が少なくて、昨年の生らせ過ぎが災いしたでしょうか。
開花もこのところの冷え込みで一時停止状態です。
1nankou170214_002.jpg




この梅が一番花数が多そうです。
1minori170214_004.jpg




実梅の筈ですが結実不良の「玉梅」も花数は多い感じです。
1gyokubai170214_001.jpg




蕾の膨らみは進んでいるので、
開花はもう少しでしょうか。
アンズの授粉樹としても活躍を期待したい「豊後」です。
1bungo170214_003.jpg




高接ぎ4品種の混成ですが、
「紅映」と「織姫」の開花が進んでいます。
1benisasi170214_005.jpg




今年は花芽の数的には
初生りが見られそうな「高田」梅です。

1Jtakada170214_007.jpg
ジャンボ高田の授粉樹には「金紅梅」が良いらしいですが、
この畑の居接ぎ苗はまだ小さすぎで、
隣のアンズ類の花粉で授粉して欲しいところです。

::




2017-02-12 14:33 | カテゴリ:柑橘類
2017-02-08 20:57 | カテゴリ:獣害対策
ここ2,3年のことですが、
庭先のサクランボ置き場では獣害被害で全滅状態が続いています。

防鳥ネットでは弱かったので、防獣ネットで覆いましたが、
それでもハクビシンの食害は防ぎ切れていません。

そこで、今年は夜間のみの電柵通電で防御しようと考えました。
2年前に購入していた電気柵キットを久しぶりに配線・半田付けなど
電気工作で楽しみました。

今回の記事は、同じ趣味栽培家さんで獣害に遭いながら、
電気柵の導入に躊躇されている方への導入編として、
皆さんが知りたい必要機器や経費を記載してみました。
今後、4月頃に電気柵を張って通電となりますが、
第2弾としてアップする予定です。

これと同じ電柵キットは下の畑2の拡張畑で作動中です。
1densaku170208_000.jpg

トグルスイッチ、ターミナル、バナナプラグなど電気配線に必須の部品類は
昨日、秋月電子から届いていました。

ケースはホームセンターで調達で、スイッチやターミナルの固定用の穴あけ、
トランスや制御ユニットなどはネジ止めしました。

ちなみに、「10Wソーラー電気柵用セット」はヤフオクでの即決落札品です。
今回は狭いサクランボ置き場であることや夜間のみの通電予定なので
小容量のバッテリーで十分と判断しました。
最近の商品では簡易的ながら「チャージコントローラー」も含まれるのが良いですね。
1densaku170208_008.jpg
ケース、電源スイッチや入力ターミナルなどの準備が必要ですが、
電柵用ジェネレーターとしては安定感のあるキットで、
自作を目指す方にはお薦めです。


ソーラーパネルの発電容量も5W程度で十分ですが、
10Wソーラーに奮発しました。
1densaku170208_011.jpg




半田付けして結線状態を確認後、
通電してみますと1回/秒の頻度でパルス発信が確認できました。
1densaku170208_007.jpg




表示板は以前に作っていたものを流用しています。
1densaku170208_003.jpg




この後、ソーラーパネルの裏側に設置用の木枠を取り付けました。
実際には単管パイプに固定して集光する予定です。
1densaku170208_002.jpg
電池一体型のボックスにしましたので、
設置や回収も楽な作業になると思います。


そんな工作も終了して・・・
ふと、横の
チェリポッートに目をやりますと、
何やら芽動きらしき・・・

昨年の12月20日に居接ぎしていたCPです。
葉芽の膨らみが感じられる穂木も見られる様になりました。
1CP170208_014.jpg




このCPでは、展葉しだした葉芽も見られました。
1CP170208_015.jpg




こちらの穂木では頂芽の葉芽が動き出しています。
1CP170208_017.jpg




花芽の膨らみも順調そうです。
1CP170208_018.jpg




予想よりチョット早すぎの芽動きでして、
まだまだ寒波が予想される当地ですので、
もう少しゆっくりして貰いたいところです。

汚れた保湿袋をやや大きめに変更しました。
1CP170208_019.jpg




今年はどんな結果になるのか・・CP!!
1CP170208_012.jpg

頑張れ!(^^)!

::




2017-02-06 15:15 | カテゴリ:
昨日のことです。
昼頃から降雨予報でしたので、
降り出す前にホームセンターでジャガイモの種芋や
肥料などを購入しましょうと出かけていました。

一通りの買い物を済ませてから、
花木展示場をぶらついていますと、
ロウバイの根巻き苗が並んでいました。

以前から欲しいと思っていた「満月ロウバイ」です。

序でにと言うことでも無いですが、
偶には渋柿でも植えてみようかと3品種ほど持ち帰りました。

今朝は下の畑2で購入苗の植え付けから始動です。

上の畑内には細々と息づいている30年ほど前に植え付けた
「素心ロウバイ」が残っていますが、今ひとつ見映えがしませんでした。
畑2に植え付けて見映えの良い花木に仕立てたいところです。
1roubai170206_002.jpg
根巻き苗で良い感じの苗です。
残り花が少し着いていました。



さて、柿の移植ですが既に畑2の拡張畑もそんなに空き地は無いです。
木を大きくしないとのお決まり文句でコンパクト樹形の渋柿です。

既にこの畑には「蜂屋」が1本成育中ですが、
実の形が良いので追加しました。
ホームセンターお決まりの¥598です。
1hatiya170206_004.jpg
干し柿の材料としては最も美味しいとされる柿の一つのようです。



平核無柿(ひらたねなしがき)は実の外見が甘柿っぽいですが、
れっきとした渋柿で、渋抜きして「合わせ柿」または「さわし柿」として
市場に出るようです。
1hirakakunasi170206_008.jpg




身不知柿(みしらず柿)の外見は富有柿と似ていて、
果肉はどちらかと言えば柔らかく、少しねっとりとした歯触りで、
舌触りはなめらかな様です。
1misirazu170206_011.jpg




元々畑2にあった実生台に高接ぎの2品種です。
まだ小枝だけで2,3年後に期待でしょうか。
1jiro_okitu170206_027.jpg




植え付け3年目の「いさはや」は今年初結実の予定です。
1isahaya170206_023.jpg




この「ジャンボ柿」も3年生ですが、
昨年も結実していますが小玉でした。
土台が出来るまで気長に待ちましょう。
1Jkaki170206_026.jpg




生育が緩慢な「恋姫」です。
穂木の採取も憚れるほど新梢の伸びが弱いです。
1koihime170206_019.jpg
来春には接ぎ木を実施したい品種です。



富山の「水島」柿です。
1mizusima170206_018.jpg




直ぐ横には「オレンジスター」と「水島」の高接ぎ柿です。
1oren_mizu170206_020.jpg




畑2の入り口に構えるのが「オレンジスター」です。
結実実績が2年続いています。
1orenji170206_030.jpg




オレンジスターの東側3mのところに
「宗田早生」です。
この完熟果はインパクトがあってお気に入り品種です。
1soudawase170206_031.jpg
今年も予備苗を作っておきましょう。



畑2にはビワの成木が4本ありますが、
拡張畑では幼苗が3品種植え付けて有ります。
ビワの早生品種らしい「室戸早生」です。
今年初結実しています。
1murotowase170206_012.jpg




人気品種の「なつたより」はまだまだ幼苗です。
1natutayori170206_017.jpg




「大房」という名称に惹かれて導入のビワですが、
花芽が着きにくい品種です。
来季の初結実を期待したいところです。
1oofusa170206_013.jpg



最後に大変残念なお話です。
畑2の日本みつばちが消滅したようです。

冬季の状況が気になるところでしたが、
寒さが厳しくなるにつれて、
天気の良い日でも巣門から出入りする蜂数が激減していました。

今日、意を決して巣内を観察しますと、
巣の底には沢山の死骸と
巣礎には蜂の姿が全くなくて
ほぼ全滅状態でした。

2,3匹生存蜂を見かけますが、
女王蜂が逝ってしまったかも知れません。
1IMG_20170206_hati.jpg
ここの桜桃ジョイントの授粉に働いて貰う予定でしたが、
あっけなくその計画は消失しました。

何か策を講じないと行けません。

::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村