2014-11-30 15:55 | カテゴリ:さくらんぼ
下の畑2には主要桜桃樹の他に養成苗が所狭しと植え付けてあります。
脚立2段目に足をかけて落葉しだした桜桃樹を眺めてみました。


中央の主要樹は約20m先まで続き、
右に2013年の居接ぎ苗を、左に今年の居接ぎ苗が並んでいます。
1outou1130c1.jpg




側面から南向きに2013年の居接ぎ苗を眺めています。
13itugi1130c1.jpg




同じ位置から北向きに2013年の居接ぎ苗を眺めています。
植え付け時期の違いでこちらの成長は鈍いようです。
13itugi1130c2.jpg




今年の春先に居接ぎしたコルト台の一部です。
14itu1130c1.jpg
落葉後にここから旅立つ苗も少なからずです。



ここからは、2012年の居接ぎ苗3本です。
穂木提供者が2名で、どちらの穂木か不明の「紅岩木」ですが、
一方の方の紅岩木は品種違いである可能性が高く、
この木の見定めは来春の課題です。
1beniiwaki1130c1.jpg
樹高2.5mです。



関東以西の佐藤錦の授粉樹として開花時期が揃って良いらしい、
「高陽錦」です。
1kouyou1130c1.jpg
コルト台の新梢は3品種共に1~1.5mくらい伸びています。



今年、S.F.Takaさんが送って下さった「寿錦」は
とても美味しいさくらんぼでした。
1iwainisiki1130c1.jpg
自家産の「寿錦」を味わってみたいものです。




話題は変わって、昨年ダーレン台に居接ぎの「紅ゆたか」です。
樹高は60cm程度ですが、花芽付きが良さそうです。
1D3beniyu1130c1.jpg
写真1



樹の全体像です。
小さい木であるのはダーレン台由来なのかは不明です。
1D3beniyu1130c2.jpg
写真2
株元には複数のヒコバエが発生しています。


花芽付きをややアップの画像で確認下さい。
ほぼ放任で花芽が着いています。
1D3beniyu1130c3.jpg
写真3



同じく、ダーレン台で2013年の居接ぎ苗の「紅福」です。
花芽のアップ画像です。
1D3koufuku1130c1.jpg
写真1



現在の樹高は70cmほどで、コルト台の成長に比べるとひ弱です。
勢いの良い徒長枝がありません。
1D3koufuku1130c2.jpg
写真2

ダーレン台の特性が出やすい桜桃品種、相性があるかも知れません。
ちなみにダーレン台に居接ぎの「月山錦」の新梢はグーンと伸びています。


ここから3枚の写真は、S.F.Takaさんの自作苗を戴いた植え付けていた苗です。

ダーレン台ヒコバエに3品種(金印佐藤錦、月山錦、サミット)が接いであります。
株分けするには発根量が少なかったのでそのまま植え付けていました。
落葉後に掘り上げて株分けの予定です。
1Dkigasac1130c1.jpg
新梢の伸びは順調そうです。



これはダーレン台ヒコバエに居接ぎの「着色ナポレオン」です。
1Dnapole1130c1.jpg
株元にはダーレンのヒコバエが伸び出しています。



授粉樹として優秀ながら花芽付きが不良の「紅きらり」は、
S.F.Takaさんによれば酸果桜桃台の居接ぎ苗で花芽付きが良くなる・・
との知見が得られたようです。

酸果桜桃のヒコバエに居接ぎした苗を送って頂きましたが、
2本立ちを切り離すには根量不足でしたので養成していました。
地上部の成長はすこぶる順調ですので、
落葉後に掘り上げてみる予定です。
1Snbenikira1130c1.jpg

桜桃台木特性が少しずつ見えてきますと、
苗木作りも目的別に台木を変えて行くようになるかも知れません。

::



スポンサーサイト
2014-11-28 15:41 | カテゴリ:オリーブ
昨日のオリーブ苗増強第一弾に続いて、
第二弾のオリーブ幼苗が届きました。

今日の品種にはHCで見かける品種もあります。
狙い目は、ピクルス用品種で中・大粒タイプを選択しました。

段ボール箱から出し立てのオリーブ苗です。
1olive1128c1.jpg




「ミッション」や「マンザニロ」はホームセンターの常連です。
1olive1128c2.jpg




果実は中型、ピクルス、オイル両用、※自家結実性少し有り
本日の目玉品種です。
1Picual1128c1.jpg




果実は大型、主にピクルス用
以前栽培していた品種ですが、結実不良でした。
異品種の花粉が必須です。
1Manzanillo1128c1.jpg




果実は中型で塩漬け用として生育旺盛で、
しだれた枝に大き目で楕円形の実を付ける。
1Verdale1128c1.jpg




果実は中型、ピクルス、オイル両用、※授粉用に良いらしい。
1Cipressino1128c1.jpg




果実は中型、ピクルス、オイル両用、※自家結実性少し有り
この品種も昔栽培していました。
1Mission1128c1.jpg

オリーブの品種には、自家結実性を有する品種もあるようですが、
基本的には他家受粉性品種がほとんどで、
異品種を近くに置く必要があるようです。

::


2014-11-27 16:51 | カテゴリ:オリーブ
そもそも暖地での落葉果樹栽培は不向きな点が多いです。
リンゴの色付きや桜桃のチルユニット関連など、
秋から冬場の冷え込みが必須の果樹には居心地の悪い環境です。

でも、暖地故に有利な果樹も少なからずあります。
ビワや柑橘類、甘柿なども寒冷地では難しい果樹でしょう。

最近、我が果樹畑でも復活したのが「オリーブ」です。
県内の耕作放棄地の活用事例にも、
オリーブ栽培が普及しだしています。

一時、地植えで育てていましたが撤退して数年経過していました。
再度、地植えで中・大粒種の塩漬け加工を目指そうという試みです。

下の畑2に3種、4本のオリーブを植え付けていますが、
今回新たに品種増強を目論んでいます。

その第一弾が本日届きました。
大苗は価格的に手が出ませんので、
幼苗が3本(Ascolano・Sevillano・Arbechina)です。
1olibe1127c2.jpg
1本ずつビニールケースに入っていました。



ケースから出した3本の幼苗です。
1,2年はポットで養成してから畑に移植の予定です。
1olibe1127c1.jpg




イタリア原産のアスコラノ、スペイン原産のアルベキナとセビラノです。
1arbechina1127c1.jpg  

明日も幼苗が5本届く予定です。

スペイン原産の「カラマタ」と言う品種は人気の品種ながら苗不足で、
栽培も難しく接ぎ木苗でないと保ちが悪いようです。
BBの北部ハイブッシュ的なケアーが必要なようです。

今日の苗木屋さんに来春の予約を入れておきました。

来春には剪定枝を使った台木用の挿し木作業も必要です。




上の畑内の多品種接ぎ黒柿に残った「基肄城」を全収穫しました。
1kijyou1127c1.jpg
カラス避けに防虫ネット囲いをしていました。



既に何個かを収穫していましたが、
高接ぎの一枝での収穫量としてはまずまずの数です。
1kijyou1127c2.jpg




この基肄城を採り出すまで気付きませんでしたが、
樹幹上部に高接ぎしていた「オレンジスター」に2個結実していました。
1orangiS1127c1.jpg
初生りです。



早速試食してみました。
糖度は12度と低い値ながら甘さを感じました。
1orangiS1127c3.jpg
樹幹上部で良く保ってくれたものです。

黒柿自体が小さい木ですが、6品種が高接ぎで息づいています。

::


2014-11-23 17:22 | カテゴリ:和梨
山形の種苗業者行脚されたS.F.Takaさんから、
菊池園芸産の「甘太」苗が届きました。

何か見覚えのある段ボール箱に入っていました。
折って入れたのか?
折れてしまったのか?
痛々しい姿で届きました
1kanta1123c1.jpg
いずれは切り詰める予定でしたので何ら問題はないのですが・・。



流石、見事な根鉢の良苗でした。
明日、下の畑2に植え付ける予定です。
1kanta1123c2.jpg




折れた部分で切り詰め、上部は穂木として冷蔵保存します。
1kanta1123c3.jpg
来春には里帰り居接ぎ苗を作るという大役が待ち受けている次第です。



今回の段ボール箱には、
かねてからS.F.Takaさんにお願いしていた
断根整理した「アスパラガス」の株が入っていました。
1asupara1123c1.jpg
強力な肥培管理が吉らしい・・アスパラガス栽培のようです。

今日は植え付け予定の野菜畑の一角に
堆肥や肥料をタップリと混ぜ込んでおきました。

S.F.Takaさん、無事到着しました。
この度は色々とお手数をかけ、有り難うございました。

::

2014-11-21 18:16 | カテゴリ:りんご
2014-11-19 18:27 | カテゴリ:キウイ
下の畑1のキウイ棚には最晩生の「香緑」が残りますが、
黄肉系キウイもまだ残っています。

「アップルキウイ」と「ゴールドエンペラー」は少ない実付きながら、
柔らかくなり出した実を選んで収穫しました。
おまけで「ジャンボイエロー」の初生り果も収穫しましたが、
小玉でした。

今朝、下の畑1に行ってみますと
キウイ棚下にキウイが転がっていました。
どうやら完熟したものが落ちたようです。
樹上のキウイを触ってみますと柔らかいキウイもありました。
1APL1119c1.jpg




ズングリと円みの形状が特徴の「アップルキウイ」です。
1APL1119c2.jpg




150g以上の「ゴールドエンペラー」は美味しいキウイです。
1GE1119c1.jpg




上の畑内にはリンゴが各種残っていますが、
黄色いリンゴの代表的な品種として外せない「王林」が色着いてきました。
1JO1119c1.jpg




「シナノゴールド」の小さいリンゴも収穫しました。
キウイはジャンボイエロー、ゴールドエンペラー、アップルキウイの混成です。
1kajyu1119c1.jpg

緑果キウイの香緑は12月まで樹上に残します。
キウイの葉も少しずつ落ち出しました。

::

2014-11-18 18:31 | カテゴリ:
下の畑2でコンパクト樹形で多品種梨の栽培をしています。
収量は二の次で多彩な品種を楽しめる栽培と言うことで、
1.5~2m間隔に植え付けた和・洋ナシは垣根仕立てで連結しています。

春先頃に隣同士の枝を結合してロックタイで締め付けていました。
やや食い込みし過ぎでしたが、間もなく治癒していくでしょう。


食い込みも少なめで綺麗に連結できたところもありました。
1joint1117c1.jpg




ロックタイを外した連結部。
痛々しい状況ですが春までには盛り上がってくるでしょう。
1joint1117c2.jpg




やや食い込みが深い部分もありますが、綺麗に連結した状態です。
1joint1117c3.jpg




各品種に来期の花芽が確認できます。
多収穫は望めませんが、
この仕立て方では比較的花芽が着きやすいように見えます。
1tikusui1118c1.jpg




今年初生りの「八雲」も、来期は摘果と袋掛けで上玉を狙います。
1yakumo1117c1.jpg




「かおり」梨も上玉を目指しましょう。
1kaori1118c1.jpg




今年は管理不足でまともな実になりませんでした。
来季は本物を目指します。
1G20sei1118c1.jpg




大玉種の代表格の「愛宕」は摘果して1kg超えを期待です。
1atago1118c1.jpg




垣根仕立てを西から眺めています。
右側の1年遅れの苗も大分繁ってきまして、8割方連結済みです。
1nasi1118c1.jpg

落葉後に不要枝を処分して、コンパクトな垣根に仕上げていきます。
来期は多品種の収穫を狙います。

::

2014-11-15 16:59 | カテゴリ:
2014-11-11 10:39 | カテゴリ:りんご
久しぶりに下の畑2に出掛けました。
朝から降ったり止んだりのハッキリしない天気です。
結局、途中で降られてしまって早々の撤退でした。

下の畑2に着いてすぐ目についたのが、
リンゴの落葉でした。
今まで葉が茂った状態では見通しがきかないリンゴ並木でしたが、
今日は向こう側まで見通せます。
1ringo1111c2.jpg
まだ青葉も残りますが、樹幹部は大分落葉しています。



骨組みが明瞭になると冬剪定のイメージ作りもやりやすいです。
いずれにしてもコンパクト樹形が優先です。
1kiwa_sli1111c1.jpg




「トキ」の夏枝も良く伸びています。
1toki1111c1.jpg




葉の茂った時には気付かなかった「シナノゴールド」が1個、
良い色になっていました。
1sinanoG1111c1.jpg
最近は黄玉系が栽培のし易さから人気のようです。



この位に仕上がりますと如何にも「シナノゴールド」らしいリンゴです。
1sinanoG1111c2.jpg
来期にはこのリンゴ並木も賑やかに稔り出すかも知れません。

::

2014-11-10 17:12 | カテゴリ:下の畑1
雨の休日から
久しぶりに下の畑1で残りキウイの一部を収穫したり、
上の畑の柿やリンゴの一部を収穫してみました。

下の畑1に残る果実は、キウイ5品種とカリンとなりました。
スーパーのレジ袋に詰め込んで家まで運びます。

紀州ゴールドを1袋分ほど収穫しましたが、
キウイ棚にはまだ「紀州ゴールド」が一袋分くらい残りました。
1kisyu1110c1.jpg




少ない実付きですが晩生黄肉種の
「ゴールドエンペラー」と「アップルキウイ」まだ固いです。
1GE_AP1110c1.jpg




意外と豊作になってしまった「香緑」は最晩生種で12月の収穫です。
1kouryoku1110c1.jpg




本日の最大果。
1kisyu1110c2.jpg




カリンが落下していましたので回収しました。
1袋分の「紀州ゴールド」です。
1kiui1110c1.jpg




上の畑内ではリンゴと柿とキウイの「香緑」が残っています。

小玉の「シナノゴールド」はまだ樹上に残っています。
柿は太秋・基肄城・いさはやと黒柿が残っています。
1kaki1110c1.jpg
色付きの進んだ実から収穫しています。



太秋に高接ぎの「基肄城」は今年の最大果。?
1kijyou1110c1.jpg




アルプス乙女に高接ぎの「あいかの香り」を収穫してみました。
1ringo1110c1.jpg




色付きは今一ですが、
玉サイズは我が家ではまずまずでしょう。
1aika1110c1.jpg

リンゴの「ふじ」系も漸く色付き出しています。

::

2014-11-05 16:57 | カテゴリ:下の畑1
無袋・無防備のリンゴが若干色着くと、
鳥たちは見逃してくれません。

黄色いリンゴは大丈夫かと思っていましたが、
ぐんま名月やはるかも突かれました。

まあ、鳥が突くくらいですから味は保証されているでしょう。
と言うことで、下の畑1のリンゴ類を全て収穫しました。
もう少し樹上で色付きを進めたいところでしたが、
突き傷に蜂が来ているのは甘いリンゴのようです。
1gunma1105c1.jpg




本来の色付きではほんのり紅をさすのですが、
今年はそこまで樹上に残せませんでした。
1gunma1105c2.jpg




元木はシナノゴールドの接ぎ木苗と思っていましたが、
赤く色着くのは品種違いが判明しました。
他に「はるか」、「駒ふじ」、「こうみつ」、「あいかの香り」などが着いていたはず。
1ringo1105c2.jpg




この多品種接ぎリンゴの鳥害が一番多い感じでした。
このままでは全滅でしたので収穫となりました。
1tyougai1105c3.jpg




「とわだ乙女」も突かれ出していました。
1towada1105c1.jpg




多品種接ぎ柿の「次郎」には初生りの「甘百目」と「いさはや」が残っていました。
小さい次郎も1個残っていました。

丸く重量感のある実は、色着くと柔らかくなりやすい柿のようです。
1amahyaku1105c1.jpg
1個はやや薄い色付きで固い柿でしたが収穫しました。



大玉を見たくて高接ぎした「いさはや」でしたが、
小玉ばかりです。
昨年、新苗を購入して下の畑2に植え付けた「いさはや」に期待しています。
1isahaya1105c1.jpg




今年も下の畑1の柿は終了しました。
鳥害が多くて結実果の1/3弱の収量だったかも・・。
1kaki1105c1.jpg
来年は対策を講じてみようかと考えています。



下の畑1のキウイ棚にはまだ紀州ゴールドやアップルキウイ、ゴールドエンペラー、
香緑などが残っています。
紅芯系の「レインボーレッド」の残り果と極小の「紅美人」を全収穫です。
1kiui1105c1.jpg




今日のリンゴや柿、キウイ(ゴールドエンペラー)などです。
リンゴで中央付近で赤い小さなリンゴは上の畑内の「つがる」に残っていた
最終果です。
1ringo1105c1.jpg
無袋栽培で外見は綺麗でないリンゴですが、
味はリンゴ本来の味でありジューシーさも満足できるものでした。

但し、蜜入りリンゴには出会えていません。

残る、上の畑内のリンゴに淡い期待です。

::

2014-11-04 16:47 | カテゴリ:来園者様
先日、当園の見学希望のメールを頂いていました
伊豆市在住のMさんが天気良好な本日、来園されました。

私よりズッとお若いご夫婦のMさんとご近所のKさんの3名様でした。

Kさんは鉢栽培で果樹を楽しまれたいとのことで、
私が辿った鉢果樹栽培が多少なりとも参考になったかも知れません。
また、Kさんは私の勤務先があった長泉町の中学校に通っていたとのことで、
意外な巡り合わせに驚きました。

Mさんは果樹栽培仲閒10名ほどのお仲間がいて、
森林を切り開いた4反の果樹畑があるようです。

持参された栽培果樹リストを拝見しましたが、
多くの果樹の品種が網羅されていました。

早速、下の畑1からご案内しました。
まだ木に残る「りんご」には感激されていました。

夏頃に県内の観光りんご園でリンゴ狩りをされたようですが、
夏の陽射しで熱いリンゴを味わったようです。

下の畑2にも足を伸ばし、
園内を一通り見て頂きました。
記念にご了解を得て写真を一枚・・。
1Msan1104c1.jpg
右からMさんご夫婦とKさん。


自宅に戻ってお茶しながら一時の談笑です。

Mさんは”奇跡のりんご”に感動されたご様子で、
無農薬栽培を目指したいと語っておられました。

栽培地の環境には恵まれている様ですので、
是非とも成功して欲しいものです。

「何年後かの稔りの連絡を楽しみにしています」・・との、
別れの言葉を背に帰路につかれました。

Mさんご一行様、お疲れ様でした。

::

2014-11-02 15:41 | カテゴリ:
2日間の秋雨でしたが、
今日は時折薄日が差して久々の畑巡りです。

下の畑2の黄肉系キウイの「ゴールドエンペラー」を少々収穫してから、
下の畑1で柿などを収穫してみました。

次郎柿には多品種を高接ぎしていますが、
「いさはや」や「甘百目」に完熟果が見られます。
1amahyaku1102c1.jpg
蔕が取れてしまいました。



小さい「いさはや」ですが完熟果です。
1isahaya1102c1.jpg




完熟果を集めて冷凍庫でシャーベットにしてみます。
1kanjyuku1102c1.jpg




次郎柿もこれで終了です。
1jirou1102c1.jpg




下の畑①のカリンが黄色く色付き出しました。
1karin1102c1.jpg




7,8個が自然落下していましたので回収してきました。
1karin1102c2.jpg
まだ香りは薄い感じです。



家に戻って、玄関先の「あいかの香り」を収穫しました。
1aikanokaori1102c1.jpg




上の畑内の「ジャンボ王林」もやや黄色みが感じられます。
1ourin1102c1.jpg




上の畑内のリンゴ各種です。
 1ringo1102c1.jpg




上の畑内の「太秋」や「基肄城」も一部収穫しました。
1kaki1102c1.jpg
先日のTVで柿の天ぷらを見ました。
サラダや天ぷらも良いかも知れません。

::



にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村