2014-10-29 16:54 | カテゴリ:
今年一番の冷え込みの朝との予想で、
粘っていた「にっこり」も収穫して終わらせることにしていました。

実際には10.4度と思ったより冷え込みませんでしたが、
予定通りに上の畑内と下の畑1の「にっこり」を全収穫しました。

上の畑内の多品種接ぎ梨に着いた「にっこり」は、
樹幹内部に結実していたので、
摘果や袋掛けもままならずの放任でした。
1nasi1029c1.jpg
外からは結実している梨が見えません。



1花叢に2個着いていました。
1nikkori1029c2.jpg




台風19号で落ちた「にっこり」とほぼ同じ果重でした。
1nikkori1029c1.jpg
800g超えの課題ははるか遠くに行ってしまいました。
ガックリです。

出直します。

結局、外見的には肥大したかに見えましたが水分量は目減りしていたようです。
その分、糖度は全般的に上昇していました。
1nikkori1029c3.jpg
一番大きな梨は水分量は明らかに少なく感じました。



1個、王秋が混ざっていますが上の畑内の高接ぎ枝に付いていた「にっこり」です。
1nikkori1029c4.jpg





下の畑1のこの木は居接ぎ3年目の「にっこり」で、
1本を垣根仕立てにしています。
1nikkori1029c6.jpg
鳥害が出てから紙袋をかけたり、防鳥対策をしていました。



落下した数も含めますと明らかに生らせ過ぎだったとの反省しきりです。
1nikkori1029c5.jpg
まあ、玉サイズは来年のお楽しみにしまして、
ここまで粘ると味は良くなっていました。




色着く前は今年の太秋は小玉かしらと諦めていましたが、
色が濃くなるにつれて肥大も進んだようです。
1taisyu1029c1.jpg




試しに3個ほどもぎ採ってみました。
1taisyu1029c2.jpg
結構美味しい柿になっていました。

::


スポンサーサイト
2014-10-27 17:17 | カテゴリ:キウイ
キウイの収穫がしばらく続きます。
今日は手付かずだった上の畑のキウイと、
メインの下の畑1から1部を収穫しました。

上の畑では狭い棚にキウイ苗カタログのように多品種がひしめいています。
その為、枝葉が茂りすぎてジャングル状態となり、
結実果は不良です。

先ずは、紅芯系の「紅妃」です。
木漏れ日も差さずに表皮は緑です。
1kouhi1027c1.jpg




結実は少なかった「MG-06」は重量感があります。
1MG1027c1.jpg




本来の玉サイズではないですが200g超えです。
1MG1027c2.jpg




晩生種の「香緑」は落葉の頃に収穫です。
1kouryoku1027c1.jpg
夫婦で自家消費ですとこの棚で十分かも知れません。


下の畑2では先日、兄が収穫後に私も紀州ゴールドや紅芯系を収穫しました。
まだ、紀州ゴールドやゴールデンキング、ゴールドエンペラーや
アップルキウイに香緑が残っています。


下の畑1でも似たような多品種を栽培していますが、
今日はアップルキウイ・紅芯キウイ・紀州ゴールドなどの一部を収穫しました。

甘くて美味しい「アップルキウイ」の結実は不調でした。
黄肉系の主体にしても良いかも知れません。
1APL1027c1.jpg




晩生で豊産性でないのが難点ですが、
味はおすすめの「ゴールドエンペラー」です。
1Gempe1027c1.jpg




「紀州ゴールド」は間違いなく豊産性でしょう。
味も悪くないです。
意外と大玉になります。
1kisyu1027c1.jpg





幼木だったので大して開花しないだろうと放任していましたら、
結構な実付きです。
生らせ過ぎて小玉の香緑です。
1kouryoku1027c2.jpg




この畑のレインボーレッドの1/2本は既に収穫済みですが、
こちらはほとんど手付かずの1本です。
1rainbow1027c1.jpg




今年も小玉な「紅美人」です。
1kurenai1027c1.jpg




本日収穫の「紀州ゴールド」です。
200g以上が多いです。
1kisyu1027c2.jpg





下の畑1の多品種収穫果です。
1kousin1027c1.jpg




一寸鮮やかな色相を・・。
防風ネットで保護していた「次郎」を色付きを見ながら
1個づつ収穫です。
1jiro1027c1.jpg
やはり濃い色付きの柿の方が美味しく感じます。

::

2014-10-24 16:19 | カテゴリ:キウイ
3日間ほど降り続けた雨もすっかり上がって、
今日は爽やかな一日です。

下の畑のキウイがポトポト落下しますので、
紅芯系と紀州ゴールドの一部を収穫しました。

下の畑2の紅芯系(紅妃とレインボーレッド)はほぼ全収穫し、
下の畑1では、紅妃とレインボーレッドの1本を収穫し、
紀州ゴールドは大玉を選んで収穫しました。

偶に樹上完熟果もありますがまだ堅い実が多いです。
1kousin1024c2.jpg
紅妃とレインボーレッドが混ざっています。



2,3年生の若木故の小玉でして、今日の収穫果ではこれが最大でしょう。
1kousin1024c1.jpg




黄肉系の紀州ゴールドは比較的見栄えのするサイズです。
1kisyu1024c2.jpg
まだ固い実が多く、追熟して食べます。



目標は300gでしょうか。
紅芯系ほど甘くないですが爽やかな甘さが好きな人もいるようです。
1kisyu1024c1.jpg

収穫果は2系統混合で旧友と北方へ宅配で発送しました。


下の畑2の垣根仕立て和梨の残り果を収穫しましたが、
初生りでは本来の玉サイズは無理でした。
1wanasi1024c1.jpg




ビワの蕾が膨らんで開花が始まった様です。
やや遅い感じの「大五星」の蕾です。
1daigosei1024c1.jpg




「早五星」は開花し始めた蕾も見られます。
1sougosei1024c1.jpg




「田中」の花芽は立派です。
1tanaka1024c2.jpg




縮伐しましたが花芽付きは良さそうな「田中」です。
1tanaka1024c1.jpg

今年の桜桃の紅葉は早い感じです。
畑の桃やスモモの落葉が始まっています。

::




2014-10-18 16:45 | カテゴリ:キウイ
朝一番で下の畑2へ出掛けました。
先日からキウイの紅芯系やMG-06の落下が見られていました。

11月初旬を収穫時期と定めていましたが、一部は早まりました。
黄肉系の早生品種である「MG-06」は、
樹上でシワが出来て柔らかい完熟果があります。
1MG1018c1.jpg
落下したMG-06を回収して何度か味わっていますが、
明るい黄色の果肉は甘くて酸味はほとんど感じません。



シワ果を収穫しました。
1MG1018c2.jpg
5kg程収穫して、残りは兄貴に連絡して収穫してもらいます。



紅芯系の「レインボーレッド」や「紅妃」の落下も目立ちます。
市内の小林農園ではレインボーレッドの摘み取り園が開園しているようです。
落下キウイを回収後、柔らかい完熟果の一部を収穫しました。

「レインボーレッド」です。
1rainbow1018c1.jpg





こちらは「紅妃」です。
1kouhi1018c1.jpg

結局、昼過ぎに兄貴が来ましたので、
再び下の畑2に出向いて、
「MG-06」や「ジャンボイエロー」を全収穫して行きました。

紅芯系は朝方収穫した分と少量を収穫して、
残りは弟夫婦に残すことにしました。

下の畑2で樹高60cm程度の小木ながら、
沢山結実した「次郎」を完熟一歩手前ながら
全収穫しました。
1jiro1018c1.jpg




大玉とは言えませんが、
まずまずの柿になりました。
1jiro1018c2.jpg




もう少し濃い色付きなら完璧でした。
1jiro1018c3.jpg
防鳥ネットでの防御が功を奏しました。



何を思ったか、兄貴が「マンゴー」苗を持ってきました。
沖縄から取り寄せたようです。

自分用苗も用意したようです。

熱帯果樹から手を引いて久しいですが、
これは室内で栽培するしかないでしょう。

明日、鉢増しして取り込みます。
1mango1018c1.jpg
1本6000円だった・・とか。

先ほど、兄からの電話で、
弟夫婦は明日キウイの収穫に来るようです。

::

2014-10-16 15:10 | カテゴリ:ブルーベリー
昨日から降り続いた雨は、今朝の冷え込みで雪になったようです。

例年より16日遅く、昨年より3日早い富士山の初冠雪です。
庭先から撮影しました。
1fuji1016c1.jpg
快晴でクッキリと見えました。



さて、今日は春先にBBの台木用に挿し木した「ホームベル」を
ポット上げしました。

成長は良くないですが半分くらいは来春の台木に使えるでしょう。
1BBsasiki1016c1.jpg
ピートモスにパーライトとココチップを配合して
スペシャル用土です。



深挿しが禍したようで発根状態は良いとは言えません。
1BBsasiki1016c2.jpg




ポットに1本ずつ植え込み、タップリと灌水しました。
1pot1016c1.jpg




さくらんぼ置き場の隙間で養成します。
1sasiki1016c1.jpg




昨年の暮れに剪定枝を破砕して腐葉土を作っていました。
狭いBB圃場ですが20~40リットル用土袋で保存していた
剪定枝の破砕枝は程良く朽ちていました。
1fuyoudo1016c1.jpg

肥料を散布した上から腐葉土をばらまきました。
BBはこの一手間がものを言います。

::

2014-10-15 12:19 | カテゴリ:
スーパー台風の被害もほとんど見られず、
台風通過後の吹き返しで中国梨の「ツーリー」が落下したり、
リンゴが2,3個落ちた程度で済みました。

今日は9時頃から雨模様です。

上の畑内にある多品種接ぎ梨に残る果実を収穫しました。

高接ぎ枝で初生りの1果、「大天梨」です。
カタログサイズの果重は500~600gですので、ほぼ達成でしょうか。
1daitenri1015c1.jpg




果形は楕円形の赤なしで独特の形状です。
最近話題の甘い梨「甘太」はこの王秋とあきづきの交配種のようです。
1ousyu1015c2.jpg




600g前後とほぼカタログサイズです。
1ousyu1015c1.jpg




多品種接ぎの台木になっている「ラフランス」です。
1france1015c1.jpg




”果形は不正円形で果実は200~250gで、外観は果面にサビを生じ易い”の
カタログ情報を反映しています。
1france1015c2.jpg




”近年、グルメ志向の高まる中「味の良いラ・フランス」として評価が上がり、
贈答用としても人気が高まった。”と言う「ゴールドラ・フランス」です。
1Gfrance1015c1.jpg




中国梨の「ツーリー」より小玉の「ヤーリー」。
1yary1015c1.jpg
追熟が必要です。



本日の収穫果です。
何だかんだで「ラフランス」が結構成っていました。
この多品種接ぎ梨の木に残るは「にっこり」のみとなりました。
1younasi1015c1.jpg

中国梨や洋ナシは追熟しますが、
可食果は幾つ残るやら・・。

::
2014-10-12 16:30 | カテゴリ:台風
何ともストレスフルな台風接近で、
今週も無駄とは知りつつ一応の対策を講じました。

ブルーベリーの鉢植えは倒して並べ、
前回の台風時に棚から落ちていたので強風対策をしました。

下の畑1ではカリンがまだ色着いていませんが、
今度の台風では落とされるかも知れません。
1karin1012c1.jpg
既に2,3個の落下も見られます。



キウイ棚の一角で実った「サルナシ」や「紫香」は、
外皮にシワが出来て柔らかくなっています。
1sarunasi1012c1.jpg
甘さも乗っていました。



黄肉キウイの「MG-06」にも樹上でシワ果が見られます。
採り立てでも美味しいキウイです。
1mg1012c1.jpg




上の畑内では鉢植えリンゴの「アルプス乙女」がポトポトと落ちだしています。
風に煽られたら一溜まりもないでしょうから、
「北紅」や「シナノゴールド」と共に収穫しました。
1ringo1012c1.jpg




家の南側の畑で野菜を作っているご夫婦がお孫さんを連れて、
野菜苗の植え付けてきていたので、
収穫し立てのリンゴをお裾分けしました。
1ringo1012c2.jpg




S.F.Takaさんから初収穫の大玉「にっこり」が届きました。
前々から一番の大玉を送りつけますと仰っていましたので、
ブログを拝見した時、我が家にもあるので遠慮したんですが、
既に発送済みでした。
1nikkori1012c1.jpg
我が家でもまだ目にしていなかった700g超えです。

流石、八雲で培った技量はダテではありませんでした。
S.F.Takaさんのお気遣いに感謝する次第です。

味見は後日の報告で・・。

::

2014-10-08 16:50 | カテゴリ:ブドウ
私的には粘ったつもりですが期待通りの色付きはお預けです。
結果的にまだ房数が多かったかも知れません。

摘粒をしっかり、房数も少なくしたつもりでしたが、
狭小棚ではまだ多かったと言うことでしょうか。

保護袋内で傷み粒が目立ち出しましたので、これで終了としました。

うっすらと色付き出したところで打ちきりです。
1golby1008c1.jpg




右上の粒くらいに色着いたら満足できたでしょうが・・。
1golby1008c3.jpg




果肉は締まって固い粒です。
1golby1008c2.jpg




2,3粒でも食べ応えは十分です。
1golby1008c4.jpg




味はまずまずでした。
1golby1008c5.jpg




外見は酷すぎです。
1golby1008c6.jpg
来年はもう少しマシなゴルビーを目指しましょう。
結果は散々でしたが、楽しませてもらいました。



上の畑内の黒柿ですが、今日になって枝折れに気付きました。
この柿の木は絶対にやられるだろうと思っていましたが、
気付きませんでした。
1kurogaki1008c1.jpg
やはり、予想通りの結果です。

::

2014-10-07 17:28 | カテゴリ:台風
早朝から下の畑2に出掛けました。
昨日の台風18号の影響は
県内で土砂崩れなど豪雨の影響が多発していました。

幸いにも自宅周辺は河川もなく崩れそうな傾斜地もありません。
強風に耐えられれば何とか成るのですが、
果樹の被害はほとんどが強風時のものです。

昨日は吹き返しが強くビックリしました。
下の畑2は外から見る限りでは、
台風の影響は無かったかに見えました。
リンゴの枝が飛ばされていますが、軽微です。

スモモの若木で支柱をしていなかった苗は、
揺さぶられて傾いていました。
1sumomo1007c1.jpg
立て直して支柱を添えて置きました。

同様な状態は桜桃若木や桜桃台木類にも見られ、
起こして根回りを踏み固めてきました。



実生のポポー苗ですが主幹が折れていました。
直径7cm程で2mくらい伸びていましたが
ポッキリ折れていました。
1popou1007c1.jpg
幹回りが虫食いだったようです。

下の畑2は風による揺さぶりが多く見られました。


帰宅後、下の畑1に行ってみましたが、
桃やスモモの葉が飛ばされて明るくなっていましたが、
果樹被害はほとんど見られませんでした。

西洋ナシに高接ぎの「延寿」が2個残っていました。
1enjyu1007c1.jpg
外見的にリンゴに似ているので「りんごなし」の別名を持つ、
中国産の洋ナシです。
貯蔵性が高く、翌年の実が収穫できる頃まで保存できるようです。



外皮がやや赤っぽくなり、確かにリンゴに似ているかも・・。
1enjyu1007c2.jpg




次郎柿を序でに収穫してきました。
1kaki1007c1.jpg
今回の台風、県東部の当地での風は海岸線に比べて弱い傾向で助かりました。

::

2014-10-06 16:11 | カテゴリ:台風
大型で強い台風と言うことで、
飛ばされそうな果樹は早めに確保しましょうと、
ホルモン剤処理時期の失敗で無残な「シャインマスカット」と
玄関先の「シナノゴールド」を収穫しました。


先週の土曜日に台風対策の一貫として、
粗末なブドウの「シャインマスカット」を収穫していました。
1syain1006c1.jpg
自苗での開花データがないままにストマイ処理が大幅に早すぎて、
今季の全てが決まってしまいました。

今年の開花日データは今後生かせるでしょう。



何となく「シャインマスカット」かも知れない程度になったでしょうか。?
1syain1006c2.jpg




一応、種無しには成っていて酸味も抜けていました。
1syain1006c3.jpg




玄関先のこのリンゴも強風にあおられて落果するだろうと・・。
1sinanoG1006c1.jpg




「あいかの香り」2個を残して、シナノゴールドは全収穫しました。
1sinanoG1006c2.jpg


その台風18号ですがまっしぐらに当地を通過していきました。
48時間の降雨量は385ミリとタップリの雨量でしたが、
幸い風は十数メートル程度で助かりました。

残り果樹の全滅も覚悟しましたが、
上の畑を見る限りではほどほどの被害で済んだようです。

ただし、下の畑1,2はまだ見ていませんです。

上の畑内の多品種接ぎ梨で落下が見られました。

中国梨の「ツーリー」、洋ナシの「ラフランス」と「にっこり」です。
1tury1006c1.jpg
回収果の5個は追熟処理します。



同じく追熟が必須の「ラフランス」も保存しました。
1lafrance1006c1.jpg




リンゴが2,3個落ちていましたが意外にも軽微な被害でした。
1younasi1006c1.jpg




多品種接ぎの一枝、「にっこり」は無袋で栽培していましたが、
この1個が飛ばされていました。
1nikkori1006c2.jpg
傷が痛々しいところです。



10月中旬以降の収穫を予定していましたが、
恐らく美味しく食べられる梨になっているでしょう。
1nikkori1006c1.jpg

19号のコースも気になるところです。
明日は、台風一過の見回りです。

::

2014-10-03 15:04 | カテゴリ:
予報では来週の月曜日頃が危なそうな進路の台風です。
特に対策も取れません。

まだ樹上に残る果樹の見納めかもと、
下の畑1、2に出掛けました。

もちろん、
掛けることも掛かってくることもないスマホを携帯です。

下の畑2の垣根仕立て梨には晩生種の
「王秋」、「愛宕」と「にっこり」が残っています。
ココの垣根では初生り果です。
1ousyu1003c1.jpg




「愛宕」は大玉種で1~2kg位と非常に大きくなるようですが、
この愛宕はまだまだ本来の特徴を出すには若すぎです。
1atago1003c1.jpg




同じく大玉種ですが500g前後の小玉です。
1nikkori1003c1.jpg




大玉用の梨袋ですが弾けています。
1nikkori1003c2.jpg




鳥害対策で防鳥ネットを掛けていますが、
今のところ被害はないですが、
台風が気掛かりです。
1nasi1003c1.jpg
下の畑2では梨以外に、キウイと小木の柿が残っていますが、
台風後に樹上に残るか。?



下の畑1では次郎柿、キウイ、リンゴが少々とこの晩生梨です。
比較的風当たりの少ない所ですから柿以外は大丈夫かも・・。
1nikkori1003c3.jpg




相変わらず、次郎柿が突かれていました。
少し早めですが2個の次郎を収穫しました。
1kaki1003c1.jpg

最近の台風は海水温が高いので衰えずに接近することが多く、
脅威です。

::

2014-10-02 19:06 | カテゴリ:道具類
自宅から距離的には近い果樹畑ですが、
ほとんど毎日のように出掛けていますので、
咄嗟の急用には対応できないのが現状です。

なぜ?

実は、電話嫌いの私は今まで携帯を持ったことがありませんでした。
しかし、この頃体調不良や急用時に、
即連絡が出来ない危うさを感じだしていました。

対策として、SIMフリータブレットを持ち歩いて電話代わりに使おうかと、
8インチのアンドロイドタブレットを用意してみました。
『ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE』で外出先でもネットに繋がり、
電話も出来るというものです。
1tablet1002c4.jpg


このタブレットを戸外で使うにはSIMカードの購入が必要です。
OCN モバイル ONE」月額900円の格安カードです。
1ocn1002c2.jpg



このSIMカードをタブレットに挿入して、接続アカウントを入力します。
1tablet1002c2.jpg
この後、電話も使えるようにIP電話を「FUSION IP-Phone SMART」に申し込み、
自分用の電話番号をもらいました。

先日(日曜日)の運動会でこのタブレットのIP電話を使って、
家内に電話して無事に開通を確認しましたが、
8インチタブレットに向かっての通話は如何にも大げさです。

まあ、戸外でのブログ閲覧は快適です。
おや!見覚えのあるおっさんが・・。
1tablet1002c1.jpg
root化してないので広告が目障りです。


戸外でのネット閲覧・電話環境は整ったものの、
もっとスマートに電話をしたいなぁ~。

Yahooオークションで探しますと、
中古スマホでSIMカードの使える機種がありました。
docomoやソフトバンクが対応しています。

早速、落札です。
1smaho1002c4.jpg
最新機種はお高いので手が出ませんです。



SIMカードをタブレットからスマホに差し替えて、
設定し直しました。
問題なくすんなり繋がりました。
もちろん自宅内ではローカル無線回線にも繋がります。
1smaho1002c1.jpg
ピンぼけで済みません。



8インチタブレットの設定とほぼ同様の手順でセットアップできました。
1smaho1002c2.jpg


IP電話の設定も完了です。
維持費はゼロで使った通話料金のみを支払います。
基本的な通話料金は携帯・固定電話:8円/30秒ですので、
私みたいな用件のみの通話では格安です。
1smaho1002c3.jpg

調べてみると、色々な通信手段があります。
概算で月々1000円の維持費で管理できるのは、
年金生活者には有り難いです。

::
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村