FC2ブログ
2019-03-25 18:15 | カテゴリ:西洋蜜蜂
初心者モードの西洋蜜蜂飼育です。

昨年の11月に巣板4枚群から始めた西洋蜜蜂飼育ですが、
各種果樹の開花が始まった果樹園では
働き蜂が花粉や蜜を求めて飛び交っています。

何とか冬を越せたようで、
温かい日は巣門からの出入りが旺盛です。
1seiyoumitubati190325.jpg




午前中の内検時、各巣板に分布していましたので、
内蔵の給餌箱を取り出して、
新しい巣板を追加しました。
1seiyoumitubat190325_002.jpg 




これだけ蜂数が増えれば「フローハイブ」の設置が可能かと・・
給餌箱を取り除いたので、
巣門手前に外置き用の50%砂糖水タンクを置きました。
1seiyoumitubat190325_004.jpg




二階立ての巣箱には添え支柱を追加して補強しています。
1seiyoumitubat190325_003.jpg




先日、市役所の農政課からふそ病などの点検で
4月25日に来園予定の連絡がありました。
何件かの家を回ってくるようで、
市内にも蜜蜂飼育家が居るようです。
1seiyoumitubat190325_007.jpg

果たしてフローハイブの採蜜は成功するでしょうか。
上手く行くと良いなぁ~。

::




スポンサーサイト



2018-11-20 16:51 | カテゴリ:西洋蜜蜂
またまた興味の対象が増えてしまいました。

銀座の屋上で蜜蜂飼育・それもフローハイブとか言う
オーストラリア産の養蜂器具を使って自動採蜜のようです。
興味の在る方はこちらへ ファームエイド銀座 


前々から興味津々でしたが、
兎に角お高い商品でとても手の出ない商品です。
これが開発元の画像です。
1catalog.jpg




中国製ですが何とか成るでしょう。
1FBox181115_003.jpg




これが本体みたいなものです。
1flowhive181115_007.jpg




育児ボックスは多少加工しています。
1box181116_001.jpg




屋根にはペンキを塗りました。
1box181116_002.jpg
育児箱は通常の巣箱と同じです。



販売元の完成画像。
1catalog2.jpg




この取り組みには西洋蜜蜂が必須の条件です。
ニホンミツバチと異なり西洋蜜蜂飼育は
家畜保健衛生所へ「西洋蜜蜂飼育届」の提出が必須です。
ヤフオクで長崎から1週間前に入手できました。
1bee181117.jpg




今日はいよいよフローボックスへ転居して貰います。
4枚群を置いていた位置へフローボックスを移動します。

その後、4枚群の巣枠を全てボックスへ移動しました。
1bee181117_001.jpg




30分くらいしますと落ち着き出して、
通常の巣門出入り同様に花粉や蜜を求めて飛び出しています。
1FHbee181120_003.jpg





1FHbee181120_005.jpg




設置後の周辺・・
1FHbee181120_014.jpg




裏側から・・
1FHbee181120_012.jpg





1FHbee181120_011.jpg




蜜蜂の作業が一段落後、
最終の柿「オレンジスター」を全収穫です。
1OS181120_016.jpg





1OS181120_019.jpg




これで、暫く味わえそうです。
1OS181120_021.jpg

来年もしっかり管理したい柿類です。

::



にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村