2016-09-12 16:54 | カテゴリ:りんご・柿
秋雨前線が迫ってきていますが
今日の日中は降雨も無く、野菜畑の畝立てなど
冬野菜の準備も出来ました。

上の畑内では、
鬱蒼と各果樹がひしめき合っていますが、
りんごや柿の実に色付きが見られる様になってきました。

「アルプス乙女」は毎年一番手の色付きでして、
既に沢山の小玉リンゴが落下し出しています。
1ALotome160912_003.jpg




アルプス乙女の樹に4、5種のリンゴを高接ぎした
多品種接ぎりんごです。
1ringo160912_006.jpg
ジョナゴールド・あいかの香り・北紅・おいらせ・・などを接いでいます。



この樹は「らくらくふじ」に
3、4品種のリンゴを高接ぎしています。
1ringo160912_007.jpg
静香・ゴールデンデリシャスなどが接いであります。



「ジャンボ王林」です。
1orin160912_009.jpg




らくらくふじに高接ぎの「ゴールデンデリシャス」です。
1ringo160912_008.jpg




アルプス乙女に高接ぎの「北紅」が
袋内落下していました。
玉サイズはまずまずですが軽い玉です。
1kitakurenai160912_014.jpg




この畑には3本の柿の木があります。
それぞれ異品種を高接ぎしてあります。

「黒柿」に高接ぎした「貴秋」は早い色付きです。
1kisyu160912_010.jpg




「太秋」自体はまだまだ青い実です。
1taisyu160912_012.jpg
秋の味覚として柿は外せません。



鉢植えの行灯作りの「スチューベン」に2、3房残っていました。
1styuben160912_016.jpg

種無しブドウに慣れてしまうと、
種のあるブドウは敬遠されます。

::

スポンサーサイト
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村