FC2ブログ
2019-03-01 16:08 | カテゴリ:中国実桜
今日は自家用車の車検でした。
法定費用が¥51,430・・無駄に高い!

会社通勤に使っていた頃は往復50kmの週5日でしたから、
それなりに積算距離は伸びていましたが最近は月に2,3回で
通院・ホームセンター程度ですから年間の運転距離は2,3千kmにもなりません。
任意保険や車検代を見ますと維持費も年金暮らしには馬鹿になりません。

昨日から今日の午前中、タップリの降雨でした。
午後から下の畑2に出かけて、S.F.Takaさんから要望のあった
桜桃台木コルトーXの挿し木を少々。

雨上がりの畑内を見回りますと、
雑草も伸び出して緑が目立ちます。

放任栽培の中国実桜(暖地桜桃)の蕾が割れだしていました。
1danti190301.jpg




台木としての挿し木苗が生長した暖地桜桃です。
1danti190301_004.jpg
特に実を収穫するわけでは無いですが
まだ花の少ない時期には貴重な開花です。



上の畑内にはこの蕾の大株と
ダメになりそうな半地植え株の2本があります。

大株は昨年辺りから咲き出して、
今年の花芽は倍増しています。
1Doutou190301_036.jpg




これが大株の全容です。
1Doutou190301_035.jpg




もう一本の暖地桜桃の花芽はガッチリタイプです。
1Doutou190301_039.jpg
上の畑内の実は鳥避けしてジャム素材にしています。



下の畑2には枇杷が点在しています。

一本立ちの早五星です。
1sougosei190301_012.jpg
お任せ受粉ですが結構残りそうです。



品種不明の自然実生枇杷です。
どんな実になるのか。
初結実ですから、収穫が楽しみなところです。
1fumei190301_017.jpg




実生苗の全容です。
1fumei190301_019.jpg




大株の大五星はタップリの果穂が残っています。
1daigosei190301_021.jpg
摘果後の鳥対策が必須の枇杷です。



キウイ棚の一角で、
1月末に高接ぎしていた穂木に芽動きが見られました。
1benisango190301_024.jpg
何本か高接ぎしていますので、
これで品種確保の目処が立ちました。

::


スポンサーサイト



2017-03-11 15:49 | カテゴリ:中国実桜
庭にモグラ避けに植え付けた水仙が咲き出しました。
忌避効果はあるようです。
1suisen20170311_141615.jpg
下の畑2でもモグラ避けに沢山の水仙を植え付けていますが、
忌避効果は十分見られていまして、
球根を植え付けていない拡張畑はモグラの堀上が酷いです。



暖地桜桃の開花も一両日の事だろうと思っていましたが、
本日咲く出していました。
寂しい花数ですが、春の訪れを感じさせてくれます。
1danti170311_001.jpg




可憐な花を見ますと、
いよいよ春本番を感じます。
1danti170311_002.jpg




暖地桜桃の直ぐ隣ではポット植えの「露茜」が
満開に近い状態です。
1tuyuakane170311_005.jpg
下の畑1の露茜は既に花は落ちた状態です。



下の畑1は意外にも一番温かい畑なのかも知れません。

今日、スモモの「ハリウッド」が開花しているのに気付きました。
上の畑や下の畑2ではまだ開く様子は無いですが、
ここのハリウッドは既に茶色く萎れた花も見られます。
1hariwood20170311_095545.jpg




他のスモモはまだまだ開花する気配はなく、
ハリウッドの一人咲きです。
1hariwood20170311_095628.jpg
花粉採取しない限り、
受粉樹の役目は果たせません。

::



2017-03-07 14:55 | カテゴリ:中国実桜
2017-02-24 16:40 | カテゴリ:中国実桜
2015-05-03 15:05 | カテゴリ:中国実桜
今日もスッキリ晴れた日になりましたが、
明日から雨や曇りの日が飛び飛びに予想されています。

上の畑内の中国実桜2品種には
防鳥ネットを被せていますが、
ネット越しに「暖地桜桃」の色つきが鮮やかに見えます。1dantiouto150503_008.jpg
雨で実割れする前に暖地桜桃は収穫しましょう。


防虫ネットで袋状に作った防鳥ネットは色々な果樹に流用しています。
基本的にコンパクト樹形での果樹苗仕立てですので、
2.1mの立方体袋は重宝しています。

ネットを外しますとより赤さが増して見えます。
1dantiouto150503_009.jpg





小粒ながら独特の艶果はヒヨドリには堪らなく魅力的でしょう。
1dantiouto150503_010.jpg





さくらんぼの様な美味しさでは無いですが、
摘み取り果を数粒口に投げ込みますと、
ほんのりと甘さと酸味が爽やかに口に広がります。
1dantiouto150503_012.jpg
もう一つの「はるか」は着色が遅れています。
後1週間くらい掛かりそうです。


家内と一緒に20分ほどで全収穫しました。
3kg以上は有ったと思います。
1dantiouto150503_014.jpg
午後3時現在、家内が1粒ずつ種取りして、
ジャム作りの仕込み中です。


午前中のことですが、
下の畑1でリンゴの摘果を始めました。
この畑には6本の木があります。

どれも2品種以上の多品種接ぎ木になっています。
授粉環境的には異品種が周りに開花しますので、
お任せ授粉でしっかり結実していました。

この畑では一番の大株になった「ぐんま名月」です。
当然、5・6品種の高接ぎが同居しています。
1ringo150503.jpg





摘果後のぐんま名月。
1ringo150503_004.jpg





私くらいの年代者には懐かしいリンゴとして、
インドやスターキングが有ります。
昔懐かしいこのリンゴを自家産で味わいたい・・と言うことで、
上記品種のペアー高接ぎで、
インドが2果、スターキングが1果の初生りです。
1ringo150503_005.jpg

あの形と食感・・味わえるでしょうか。

::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村