FC2ブログ
2019-08-27 17:12 | カテゴリ:
明日から降雨予報なので、
今日の早朝は野菜畑の片付けや秋野菜の植え付け畝を準備などを実施。

大汗をかいての昼過ぎのこと、
庭のブドウ棚(シャインマスカット)を見ますと、
ビコー越しに粒がやや黄色みを感じます。
試しに一房味見してみました。
1SyainM20190827_151100.jpg
予想以上に熟れていまして、甘さ十分で爽やかな味わいでした。
作り出してから最高の出来かも知れません。


さて、昨日は下の畑2の垣根仕立て梨の一部で見映えのしない梨を収穫しました。
矢張り、袋掛けしませんと肥大せず形状も良くありません。
また、防除していても虫や鳥の食害が激しいです。

垣根仕立ての「豊水」は早々に全滅でしたが、
拡張畑の授粉用樹の「豊水」は遅ればせの袋掛けで辛うじて確保しました。
1housui190826_041.jpg
見てくれは最悪ですが味は「豊水」その物で、
ジューシーで甘い梨でした。

冷やして昼食時に頂いています。

「豊華」も生りすぎ位成っていて小玉でした。
1yutaka190826_043.jpg


「ジャンボ新高」はやや早い収穫ですが、
傷み果多発で無くなる前に確保しています。
1JNita190826_013.jpg


見た目は悪いですが味は良い感じの梨です。
1Jnita190826_042.jpg


早生種の「筑水」も最終果になります。
1tikusui190826_016.jpg


「王秋」は晩生種ですので、一応袋掛けをしてみました。
1ousyu190826_018.jpg




他の果樹では柿類が秋に向かって注目です。
今年は裏年っぽいですが、
味見は出来そうです。
1OS190826.jpg



大玉品種の「いさはや」は豊作です。
1isahaya190826_023.jpg


下の畑1の「次郎」が危ない状態ですが
今後はこの若木で挽回です。
1jirou190826_035.jpg


強風被害で傷んだ「宗田早生」も回復傾向です。
1SW190826_003.jpg




今年の林檎は最悪です。
管理不行き届き、その物です。
1Iringo190826_021.jpg
来季は少量・良品で行きたいところです。
全体の樹形を縮小予定です。

::


スポンサーサイト



2019-03-29 19:55 | カテゴリ:
当県のソメイヨシノ(静岡市)は暖冬だったので休眠打破が遅れ、
開花宣言は昨日のことでした。

しかし、富士市のソメイヨシノは標本木より早い開花で
平均気温が低めだった事が窺えます。

落葉果樹にとっては冬の冷え込みは必須な気象条件でして、
暖地ではこの点が頭の痛いところです。

それでも何とか今年も開花が始まっています。
今日は下の畑2などの梨の開花状況を見て回りました。

垣根仕立てや一本立ち株、多品種接ぎ株など様々です。
垣根仕立て梨はまだ全品種の開花では無いですが、
次第に広がっています。
1kakinenasi190329_030.jpg




垣根仕立ての定番品種の「ジャンボ新高」は
開花が例年のように早い品種です。
1jnitaka190329_004.jpg




大玉品種の「にっこり」の開花は少なめですが、
例年通り早い開花です。
1nikko_ousyu190329_017.jpg
「王秋」も開花し出しています。



大玉・晩生種の「愛宕」は早咲きで花数が多いです。
1atago190329_019.jpg




結実性も良いので摘果は必須の梨です。
1atago190329_020.jpg




受粉樹の代表格である「豊水」も咲き出したようです。
1housui190329_027.jpg




同じく受粉樹に良い「八雲」開花中です。
1yakumo190329_014.jpg




着花数が多い「豊華」ですが、
結実は今一です。
1yutaka190329_025.jpg




上の畑内の多品種接ぎ梨も色々な品種が開花し出しています。
1tahinnasi190329_076.jpg




中国梨の「ヤーリー」がこの木では一番早い開花でした。
1yary190329_077.jpg




和・洋の交配種「ラフザス」は豊産性で、
外観は洋梨で追熟無しで食べられます。
1rafuzasu190329_084.jpg




昨年初結実の「ルレクチェ」は今年も結実しそうです。
1lurecuche190329_087.jpg




幻の梨と称されている「八達」は今年も見られそうです。
1hattatu190329_081.jpg




略してコミスと呼ばれる洋梨です。
1Dcomisu190329_082.jpg




赤梨で豊産性の「秋栄」です。
1akiei190329_078.jpg
今年もジューシーな梨を味わいたいものです。



ジョイント桜桃の花芽も大分膨らんで来ました。
1benikirari190329_040.jpg




さくらんぼ置き場の桜桃も花芽が割れだした品種も見られます。

「紅ゆたか」の膨らみも順調でしょう。
1beniyutaka190329_067.jpg




「香夏錦」の蕾は割れだしています。
1kouka190329_056.jpg




さくらんぼ置き場では「紅秀峰」が一番花になりそうです。
1benisyu190329_064.jpg

さくらんぼ置き場の雨避けシート張りもそろそろやりませんと・・。

::

2019-03-10 16:05 | カテゴリ:
午後から明日は降雨の予報なので、
早朝から下の畑1,2を足早に訪れました。

下の畑1では次郎柿に高接ぎで甘柿と渋柿を接ぎ木しました。
1kaktakatugi190310.jpg
この柿の木1本で次郎・いさはや・甘秋・甘百目・
宗田早生・蜂屋柿の多品種となった。
興津20号と水島は枝処分した。



この畑のスモモ類の開花は早い。
スイートカレンとハリウッドは同時期に咲き出している。
1SWkaren190310_010.jpg




ほぼ満開に近い状態です。
1SWkaren190310_011.jpg




「トパーズ」は開花直前と言ったところです。
1topars190310_016.jpg




貴陽には高接ぎで色々接いでいますが、
コチェコの貢献度はピカイチでしょう。
1kiyou190310_018.jpg




この畑のアンズは「紅浅間」が一番乗り!!
1beniasama190310_015.jpg
今年、2品種のアンズ苗を植え付けています。



桃の蕾はまだ固い感じです。
1odoroki190310_029.jpg




垣根仕立ての「にっこり」梨の蕾が膨らんできたようです。
1nikkori190310_008.jpg




カリンの枝先に蕾の赤が見えてきました。
1karin190310_026.jpg




下の畑2の梨類は今年大幅に増強しています。
小苗の「愛宕」ですが、
今年も花芽はタップリ着いています。
1atago190310_045.jpg
今年の高接ぎ品種は大玉品種を揃えました。
愛宕も食味が良くて、王秋・かおりなども接ぎ木しました。



果樹仲間に頂いた穂木で、
高接ぎしています。
1akiakari190310_041.jpg




新規参入の「新興」と「スイート新高」です。
ジャンボ新高と差は見られるのか・・。?
1sinkou190310_043.jpg




穂木と共に購入元苗まで頂戴しました。
植え付け初年度で花芽が割れて来ました。

美味しい梨の「かおり」は、
この新興と幸水の交配品種です。
1sinkou190310_033.jpg

昨年食べた「かおり」は衝撃的でした。
いつか飽きるほど食したい品種です。

::


2018-12-16 21:46 | カテゴリ:
朝の冷え込みは冬らしくなってきました。
ハッキリしない天候が続いていますが、
日中は比較的暖かいので野良仕事も捗ります。

今日は朝一で下の畑2の垣根仕立て梨の剪定です。
剪定と言うものの枝隙と徒長枝整理程度です。

先ずは剪定前の枝の様子から。
夏剪定後にこの繁茂です。
1nasi181216.jpg




3m以上の枝先端です。
1nasi181216_003.jpg




西側から垣根2列の間を撮影。
1nasi181216_005.jpg




南側垣根を西側から・・
1nasi181216_006.jpg




2,3カ所の太枝は剪定鋸で切りましたが、
後は剪定鋏で剪定しました。
1nasi181216_008.jpg




垣根の間を東から撮影。
1nasi181216_009.jpg 




北側垣根とキウイ棚の間には、
雨避け無しの垣根仕立てブドウがあります。
1na_bu181216_019.jpg




東側から北側の垣根梨と垣根ブドウです。
1nasi_budou181216_030.jpg




雨避け屋根の無い垣根仕立てブドウは撤退します。
1kakinebudou181216_020.jpg




午前中に紐誘因を外し、
午後から支柱解体を実施です。
1kakinebudou181216_021.jpg




解体後の単管パイプなど・・。
1kakinebudou181216_023.jpg




後日、ブドウ苗を掘り起こすか廃棄です。
1kakinebudou181216_027.jpg
ブドウにキウイの蔓が絡んでいまして、
陽当たりや風通しが悪い状態でした。

梨やキウイにとってスッキリすることでしょう。

::

2018-09-13 15:05 | カテゴリ:
ハッキリしない天候が続いていますが、
気温が低めで過ごしやすいです。

連日、ブドウを収穫しながら味わっていますが、
今日は畑2の垣根仕立て梨から「ゴールド二十世紀」や
「ジャンボ新高」、「豊華」などを収穫してみました。

垣根下には傷み果が落ちて散らかっていますが、
樹上にはそこそこの実が残っています。
1Jnitaka180913_010.jpg




比較的玉揃いが良く、豊産性の品種です。
1Jnitaka180913_011.jpg




10個ほど収穫してきましたが、
まだまだ残っています。
1Jnitaka180913_012.jpg




青梨の「ゴールド二十世紀」はなかなか大玉に成りません。
1seiki180913_002.jpg




小玉な梨ばかりです。
1seiki180913_003.jpg




味は悪くないです。
1yutaka180913_009.jpg




「豊華」は大玉系統です。
1yutaka180913_016.jpg




庭の東側ブドウ棚の「シャインマスカット」は、
昨日から収穫を始めました。

今日も2房収穫しました。
1ShainM180913_018.jpg




ぱりぱり食感でサッパリ風味のブドウです。
1ShainM180913_020.jpg

今日は畑2のレインカットから「クイーンニーナ」の最終房と
上の畑内では「ピッテロビアンコ」と「ゴルビー」を収穫しています。

昼食時にはブドウと梨が並びます。

::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村