FC2ブログ
2019-03-29 19:55 | カテゴリ:
当県のソメイヨシノ(静岡市)は暖冬だったので休眠打破が遅れ、
開花宣言は昨日のことでした。

しかし、富士市のソメイヨシノは標本木より早い開花で
平均気温が低めだった事が窺えます。

落葉果樹にとっては冬の冷え込みは必須な気象条件でして、
暖地ではこの点が頭の痛いところです。

それでも何とか今年も開花が始まっています。
今日は下の畑2などの梨の開花状況を見て回りました。

垣根仕立てや一本立ち株、多品種接ぎ株など様々です。
垣根仕立て梨はまだ全品種の開花では無いですが、
次第に広がっています。
1kakinenasi190329_030.jpg




垣根仕立ての定番品種の「ジャンボ新高」は
開花が例年のように早い品種です。
1jnitaka190329_004.jpg




大玉品種の「にっこり」の開花は少なめですが、
例年通り早い開花です。
1nikko_ousyu190329_017.jpg
「王秋」も開花し出しています。



大玉・晩生種の「愛宕」は早咲きで花数が多いです。
1atago190329_019.jpg




結実性も良いので摘果は必須の梨です。
1atago190329_020.jpg




受粉樹の代表格である「豊水」も咲き出したようです。
1housui190329_027.jpg




同じく受粉樹に良い「八雲」開花中です。
1yakumo190329_014.jpg




着花数が多い「豊華」ですが、
結実は今一です。
1yutaka190329_025.jpg




上の畑内の多品種接ぎ梨も色々な品種が開花し出しています。
1tahinnasi190329_076.jpg




中国梨の「ヤーリー」がこの木では一番早い開花でした。
1yary190329_077.jpg




和・洋の交配種「ラフザス」は豊産性で、
外観は洋梨で追熟無しで食べられます。
1rafuzasu190329_084.jpg




昨年初結実の「ルレクチェ」は今年も結実しそうです。
1lurecuche190329_087.jpg




幻の梨と称されている「八達」は今年も見られそうです。
1hattatu190329_081.jpg




略してコミスと呼ばれる洋梨です。
1Dcomisu190329_082.jpg




赤梨で豊産性の「秋栄」です。
1akiei190329_078.jpg
今年もジューシーな梨を味わいたいものです。



ジョイント桜桃の花芽も大分膨らんで来ました。
1benikirari190329_040.jpg




さくらんぼ置き場の桜桃も花芽が割れだした品種も見られます。

「紅ゆたか」の膨らみも順調でしょう。
1beniyutaka190329_067.jpg




「香夏錦」の蕾は割れだしています。
1kouka190329_056.jpg




さくらんぼ置き場では「紅秀峰」が一番花になりそうです。
1benisyu190329_064.jpg

さくらんぼ置き場の雨避けシート張りもそろそろやりませんと・・。

::

スポンサーサイト



2019-03-10 16:05 | カテゴリ:
午後から明日は降雨の予報なので、
早朝から下の畑1,2を足早に訪れました。

下の畑1では次郎柿に高接ぎで甘柿と渋柿を接ぎ木しました。
1kaktakatugi190310.jpg
この柿の木1本で次郎・いさはや・甘秋・甘百目・
宗田早生・蜂屋柿の多品種となった。
興津20号と水島は枝処分した。



この畑のスモモ類の開花は早い。
スイートカレンとハリウッドは同時期に咲き出している。
1SWkaren190310_010.jpg




ほぼ満開に近い状態です。
1SWkaren190310_011.jpg




「トパーズ」は開花直前と言ったところです。
1topars190310_016.jpg




貴陽には高接ぎで色々接いでいますが、
コチェコの貢献度はピカイチでしょう。
1kiyou190310_018.jpg




この畑のアンズは「紅浅間」が一番乗り!!
1beniasama190310_015.jpg
今年、2品種のアンズ苗を植え付けています。



桃の蕾はまだ固い感じです。
1odoroki190310_029.jpg




垣根仕立ての「にっこり」梨の蕾が膨らんできたようです。
1nikkori190310_008.jpg




カリンの枝先に蕾の赤が見えてきました。
1karin190310_026.jpg




下の畑2の梨類は今年大幅に増強しています。
小苗の「愛宕」ですが、
今年も花芽はタップリ着いています。
1atago190310_045.jpg
今年の高接ぎ品種は大玉品種を揃えました。
愛宕も食味が良くて、王秋・かおりなども接ぎ木しました。



果樹仲間に頂いた穂木で、
高接ぎしています。
1akiakari190310_041.jpg




新規参入の「新興」と「スイート新高」です。
ジャンボ新高と差は見られるのか・・。?
1sinkou190310_043.jpg




穂木と共に購入元苗まで頂戴しました。
植え付け初年度で花芽が割れて来ました。

美味しい梨の「かおり」は、
この新興と幸水の交配品種です。
1sinkou190310_033.jpg

昨年食べた「かおり」は衝撃的でした。
いつか飽きるほど食したい品種です。

::


2018-12-16 21:46 | カテゴリ:
朝の冷え込みは冬らしくなってきました。
ハッキリしない天候が続いていますが、
日中は比較的暖かいので野良仕事も捗ります。

今日は朝一で下の畑2の垣根仕立て梨の剪定です。
剪定と言うものの枝隙と徒長枝整理程度です。

先ずは剪定前の枝の様子から。
夏剪定後にこの繁茂です。
1nasi181216.jpg




3m以上の枝先端です。
1nasi181216_003.jpg




西側から垣根2列の間を撮影。
1nasi181216_005.jpg




南側垣根を西側から・・
1nasi181216_006.jpg




2,3カ所の太枝は剪定鋸で切りましたが、
後は剪定鋏で剪定しました。
1nasi181216_008.jpg




垣根の間を東から撮影。
1nasi181216_009.jpg 




北側垣根とキウイ棚の間には、
雨避け無しの垣根仕立てブドウがあります。
1na_bu181216_019.jpg




東側から北側の垣根梨と垣根ブドウです。
1nasi_budou181216_030.jpg




雨避け屋根の無い垣根仕立てブドウは撤退します。
1kakinebudou181216_020.jpg




午前中に紐誘因を外し、
午後から支柱解体を実施です。
1kakinebudou181216_021.jpg




解体後の単管パイプなど・・。
1kakinebudou181216_023.jpg




後日、ブドウ苗を掘り起こすか廃棄です。
1kakinebudou181216_027.jpg
ブドウにキウイの蔓が絡んでいまして、
陽当たりや風通しが悪い状態でした。

梨やキウイにとってスッキリすることでしょう。

::

2018-09-13 15:05 | カテゴリ:
ハッキリしない天候が続いていますが、
気温が低めで過ごしやすいです。

連日、ブドウを収穫しながら味わっていますが、
今日は畑2の垣根仕立て梨から「ゴールド二十世紀」や
「ジャンボ新高」、「豊華」などを収穫してみました。

垣根下には傷み果が落ちて散らかっていますが、
樹上にはそこそこの実が残っています。
1Jnitaka180913_010.jpg




比較的玉揃いが良く、豊産性の品種です。
1Jnitaka180913_011.jpg




10個ほど収穫してきましたが、
まだまだ残っています。
1Jnitaka180913_012.jpg




青梨の「ゴールド二十世紀」はなかなか大玉に成りません。
1seiki180913_002.jpg




小玉な梨ばかりです。
1seiki180913_003.jpg




味は悪くないです。
1yutaka180913_009.jpg




「豊華」は大玉系統です。
1yutaka180913_016.jpg




庭の東側ブドウ棚の「シャインマスカット」は、
昨日から収穫を始めました。

今日も2房収穫しました。
1ShainM180913_018.jpg




ぱりぱり食感でサッパリ風味のブドウです。
1ShainM180913_020.jpg

今日は畑2のレインカットから「クイーンニーナ」の最終房と
上の畑内では「ピッテロビアンコ」と「ゴルビー」を収穫しています。

昼食時にはブドウと梨が並びます。

::

2018-08-27 15:45 | カテゴリ:
朝から危険な暑さでした。

下の畑2の垣根仕立て梨に農薬散布です。
序でにリンゴや柑橘類にも農薬散布しました。

垣根仕立て梨では早生種の赤梨が収穫できます。
2tikusui180827.jpg
見た目は青梨っぽいですが、赤梨です。



外皮は緑が残っていても完熟で
甘みの多い赤梨です。
2tikusui180827_010.jpg




典型的な青梨の「八雲」です。
当地の幼木では大玉に成りません。
1yakumo180827_003.jpg




大玉の「にっこり」は10月頃までの肥大は遅くて、
まだ小玉な梨ですが、
「愛宕」の肥大は早いです。
1atago180827_008.jpg




もう大玉の貫禄が見られますが、
これから2ヶ月以上樹上で肥大を続けます。
1atago180827_007.jpg
病虫害の防除が鍵となるでしょう。



柿もそろそろ肥大時期に入ってきます。
摘果したもののまだ成らせすぎの感が強いです。
1orenjiS180827_013.jpg




豊産性の「オレンジスター」は管理しやすい柿です。
1orenjiS180827_011.jpg




一方、チョット気難しいのが「宗田早生」で
摘果後も落下が続きます。
1soudawase180827_014.jpg




大玉狙いでは自然落下も良しとしましょう。
1soudawase180827_016.jpg




富有系統の「ジャンボ柿」はまだ小玉です。
1Jkaki180827_022.jpg




下の畑1の小木の「次郎」は、
展着剤と思って殺虫剤に混ぜたのは除草剤でして、
葉や実がボロボロ落果して何とか生き残ったのは幸いでした。

そこで貴重になったのがこの次郎です。
1jirou180827_026.jpg
味見用の2,3果は確保できるかも・・。



昨年は生らせ過ぎで全滅だった「いさはや」は
摘果して何とか残っています。
1isahaya180827_029.jpg
木が若木故、
大玉はまだお預けでしょう。

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村