2017-09-24 16:31 | カテゴリ:
下の畑1の栗の木は、
既に収穫が終わった「ぽろたん」と晩生で毬にトゲの無い
「トゲなし栗」があります。

漸くこのトゲなし毬が割れだしてきました。
自然落下はまだですが、割れた毬から茶色い栗が見られます。
1togenasi170924_009.jpg
今年のトゲなしは栗の実が程よく肥大していまして、
虫食い果はほとんど見られません。



パックリ割れた毬ですがまだ栗拾いとは行きません。
1togenasi170924_004.jpg




樹上の毬の多くはまだ青いままです。
1togenasi170924.jpg
少し残るトゲに注意して扱えば、
素手でも毬を持つことが出来ます。

この畑のキウイ棚は下の畑2の3/5程の棚サイズです。
畑2のキウイは子供家族や兄弟家族用です。

ここのキウイは自家消費やお裾分け用のキウイでして、
品種的には紅芯・黄肉・緑果の混合で同じ様に多品種栽培です。
1kiui170924_030.jpg
長梢栽培に切り替え中でして各品種が入り乱れています。



黄色い果肉の「ゴールドエンペラー」です。
果皮表面の毛が薄い品種です。
1GEP170924_034.jpg




果肉の中心部が紅い紅芯系と
茶色い果皮の緑果の「香緑」です。
1KO_KR170924_036.jpg




紅芯系は「紅美人」・「レインボーレッド」とこの「紅妃」です。
茶色い果皮は黄肉系の「MG-06」です。
1kouhi170924_028.jpg




今年接ぎ木した枝に着いた小さいながら果実特性を示す
「東京ゴールド」です。
1Tgold170924_035.jpg
初味見が楽しみなところです。



キウイ棚の一角にヒッソリたたずむ「サルナシ」です。
1sarunasi170924_023.jpg
キウイの早生種は後1ヶ月ほどで収穫が始まります。

::


スポンサーサイト
2017-09-03 16:16 | カテゴリ:
下の畑1の雑草が茂ってきたので除草剤散布作業です。
防獣ネット周囲ではハクビシンの仕業と思われる穴掘り痕が散見されました。

ネット上部は電柵で入れないので、トンネルを掘ろうとしたようです。
しかし、防獣ネットの裾を埋め込んでいるので断念したようです。

一カ所、出入り口の裾(鋼管竿で補強)部分を湾曲させて侵入したようです。
特に被害は無かった畑内ですが、敵も然る者引っ掻くもの・・なかなかやります。

除草剤散布してますと、先日収穫した栗のポロタンの木の下に
弾けた栗が転がっていました。
樹上を見ますと、パックリと毬が割れた物も見られます。
除草作業後にまたポロタンを収穫しました。
1polotan170903_005.jpg




今年は豊作かも知れません。
まだ、2~3回位収穫出来そうです。
1polotan170903_008.jpg




隣の「トゲなし栗」はまだ肥大中で緑の毬です。
1togenasi170903_017.jpg




栗の実は小振りですが、
ポロタンが終わった頃に収穫が始まります。
病害虫に抵抗性で傷み果は見られません。
1togenasi170903_016.jpg




放任の梨類は傷み果が多発中ですが、
無事に残った実を回収しています。

「大天梨」はまだ青い実です。
1daitenri170903_027.jpg




晩生種の「にっこり」は10月末頃が収穫時期です。
1nikkori170903_022.jpg




洋梨の「延寿」は果皮が赤っぽくなったら収穫です。
1enjyu170903_020.jpg




「秋麗」は大分落ちまして、
残り果はこの3果のみでした。
1syurei170903_019.jpg




パープルアイに高接ぎの受粉樹「スタンレー」はまだ固い実でした。
1stanray170903_021.jpg




「カリン」が肥大中です。
生りすぎで小玉かも知れません。
1karin170903_023.jpg  
ブルーベリーの収穫もほぼ終了です。

このところ涼しい日が続いて野良作業も快適です。


::


2017-08-30 16:04 | カテゴリ:
残暑厳しき折、いかがお過ごしでしょうか。
果樹ではそろそろ秋果の収穫時期となります。

今日は下の畑1で今年2回目の栗の収穫を行いました。
昨年の「ぽろたん」はほとんどが虫食い果で散々でしたので、
今年は防虫作業に留意しての栽培でした。

それでも、「ぽろたん」栗は虫に弱い様でして、
虫食い果もチラホラと混じっています。

まだ栗拾いの段階では無く、
樹上の毬が茶色く割れだした物をはたき落としての栗収穫作業です。
電気溶接用の革手袋をはめての作業でした。
1polotan170830_006.jpg
落とした毬は剪定鋏でトゲを剥いでいきます。



完璧では無いですが、まずまずの色付きです。
1polotan170830_007.jpg
虫食いの無い実は嬉しいですね。



比較的大粒な「ぽろたん」です。
今年は既に1度、栗ご飯を食しています。
今日の収穫果は少し保存して糖に変換しましょうかと・・。
1polotan170830_012.jpg




同じ畑の柿の木「次郎」に高接ぎの「いさはや」です。
1isahaya170830_005.jpg
柿も栗と同様に”ヘタムシ”被害が多発します。
今年は例年以上に防除作業を念入りに行いました。



ほとんどが落果していた「甘百目」が残っています。
1amahyaku170830.jpg




イチジクの「バナーネ」が熟していました。
1banane170830_014.jpg
コガネやハチのご馳走です。



上の畑内の多品種接ぎ梨では豊水や八達、ラフザスなどが終わって、
「秋栄」や「南水」の収穫時期です。

成らせすぎて摘果不十分な「秋栄」は小玉です。
1akiei170830_017.jpg




「南水」はまずまずの出来でした。
1nansui170830_018.jpg
梨類の消費は、もっぱら私の役目です。
今日も昼食時に2、3個消費しました。

::


2016-09-25 15:45 | カテゴリ:
実に久しぶりに太陽の光を浴びました。
県下の天候は、9月に入って太陽光が射したのは今日で3日目前後らしいです。

太陽光発電も機能しない程の雨や曇りの日が続き、
野菜も秋なすなどの肥大が進みません。

各畑への見回りも3日振りのことです。

今朝、富士山は初雪でした。
ローカルNHKニュースで知ったのですが、
甲府地方気象台から見た富士山が冠雪状態で無いと
「初冠雪」とは言わないとのことです。
1fuji_20160925_072819.jpg




午前中は下の畑2に出かけて、
法面の草刈りで一汗かきました。

午後は下の畑1で、
ほぼ全滅状態の「次郎」柿に数個残った実に
鳥避けをしてみました。

ふと、「トゲなし栗」の木を見上げますと、
トゲの無い毬が割れた1個を見つけました。

他はまだ青々して割れる気配も見られません。
1togenasi160925_005.jpg




この栗は「ぽろたん」と対照的に虫に抵抗性で
傷み果を見ることは皆無です。
1togenasi160925_012.jpg




割れた毬を叩き落としてみました。
対象にぽろたんの枯れ毬を並べています。
1togenasi160925_013.jpg
3個入っていまして無傷の栗でした。



天候不順で完熟が遅れ気味でしょうか・・。
1togenasi160925_015.jpg

残った樹上の毬を数えますと、
追加で2,3回の栗ご飯が味わえそうです。

::

2016-09-03 16:20 | カテゴリ:
先日のブログで栗の「ぽろたん」が害虫でやられたことをアップしました。
同じ場所でもう一つの栗「トゲ無し」は比較的虫被害も無く
今日見る限りでは収穫まで保ちそうです。
「ぽろたん」は9割方虫に食われて、
今日の10粒程の回収で完全に終了しました。

珍しく虫の侵入の無い「ぽろたん」の毬です。
綺麗に割れていました。
1polotan160903_001.jpg




トゲの無い毬が特徴で玉が小さく見えます。
実際、ぽろたんより小粒の栗です。
1togenasi160903_004.jpg




トゲ無しというもののよく見ますと何本かのトゲが残っています。
1togenasi160903_005.jpg




収穫までは、中・晩生の品種なので後一ヶ月程掛かります。
1togenasi160903_006.jpg

今年は2回程、栗ご飯を味わいました。
ほくほくして美味しい栗ご飯でした。

::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村