2017-09-11 16:08 | カテゴリ:梨&ブドウ
昨日は庭先や上の畑内の果樹にICボルドーを散布しました。
桜桃やブドウなどは欠かせない農薬です。
残すは下の畑1の散布のみです。

その下の畑1では、ぽろたん栗が転がっているのでしばし栗拾いでした。
豊作で有ったのは嬉しいことですが、こんな量の栗の消費はどうしたものかと・・・
1kuri170911_005.jpg
虫食い果がチラホラと見られますね。


上の畑内の多品種接ぎ梨では、
洋梨が収穫時期になっています。
ラ・フランスの自然交配実生を選抜育成した「シルバーベル」は
ラ・フランスに勝る大玉系として期待される品種のようです。
1silver170911_003.jpg




綺麗な果皮は袋掛けが良さそうです。
1silver170911_008.jpg




「ラ・フランス」も収穫時期ですが、
この後の追熟が常温で20日ほどです。
1lafranse170911_010.jpg




和梨の「かおり」は、
りんごのような甘い香りを有することで近年希少価値のある品種として人気が高い。
1kaori170911_002.jpg




洋梨2品種を少し収穫しました。
1younasi170911_007.jpg




同じ畑で小鉢行灯作りの「キャンベルアーリー」を収穫しました。
種入りは家人に人気無いです。
1kyanbel170911.jpg




一方、ジベ処理で種無しの「ゴルビー」は一番人気です。
1golby170911_001.jpg




下の畑1のプルーンやブドウの「安芸クイーン」を少々。
1fruut170911_004.jpg
秋の味覚てんこ盛りです。

::

スポンサーサイト
2016-08-20 16:47 | カテゴリ:梨&ブドウ
南海上には台風がゴロゴロ発生中!!

しばらくは降雨に要注意らしい。

陽が射せば猛暑で高齢者には厳しい夏です。

各畑を回って、風雨対策の点検を実施です。
強風の場合は梨やリンゴの落果は仕方ないでしょう。

玄関横のブドウ「ヒムロッドシードレス」も大分味が載ってきました。
粒落ちが激しい品種ですので、摘み取り園や自家栽培向けです。
1himurod160820.jpg




糖度も良い感じで完熟に近い感じです。
1himurod160820_002.jpg




下の畑1の高接ぎの「秋麗」です。
1syurei160818.jpg

上の畑内の高接ぎ「秋麗」も同様で、
自然落下が激しいです。


傷み果では無いので、
回収して消費しています。
1syurei160818_003.jpg

このところ、
朝のコーヒーのお供は梨が主体となりました。

しばらくは、この水分補給が続きそうです。

::

2014-08-26 14:32 | カテゴリ:梨&ブドウ
スッキリしない天気が続きます。

上の畑内の多品種接ぎ梨では、小さな実がぽとぽと落ちています。
天候不順で水っぽい梨でしょうが落ちる前に回収してみました。

授粉用枝として確保した「豊水」にも、残り果が2,3個。
1housui0826c1.jpg




一寸早めですが甘くジューシーな梨です。
1housui0826c2.jpg




一枝に4個残っていました。
丁度良い収穫時期です。
1akibae0826c1.jpg




早生種の幸水や豊水に似た赤梨です。
1akibae0826c2.jpg




行灯仕立ての「高妻」はBIKOOを外すと蝶が果汁を吸いにやってきます。
傷み粒が目立ちましたので早めに回収します。
1takatuma0826c1.jpg





1takatuma0826c2.jpg




10号鉢で行灯仕立ての「キャンベルアーリー」の1房を試し取りしました。
梨類では、「新星」と「幸水」の残り果を収穫して本日の収穫果です。
1BN0826c1.jpg

一度に400個と収穫されたS.F.Takaさんの「八雲」とは桁違いの、
ごく少量多品種の梨栽培です。

自宅消費には丁度良い収穫量です。

::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村