2017-05-11 16:12 | カテゴリ:摘果作業
午前中は下の畑1に農薬散布で、
久しぶりに背負い式動噴を使いました。
薬液タンクが25リットルですのでエンジンなどを含めると30kg以上の重量でした。

午後から上の畑内の多品種接ぎ梨の摘果をしましょうと、
畑に行きますと防虫ネットで保護していた「暖地桜桃」が色着いていました。

今年の実付きは過去最低の数で、
瞬時に摘み取り完了です。

小粒ですが色付きは良い感じです。
味見してみますと、甘い実桜です。
1dantioutou170511.jpg




この艶やかさが良いですね。
1dantioutou170511_003.jpg




さて、多品種接ぎ梨の一次摘果です。
混み合った部分では適当に間引いています。
1nasitekika170511_005.jpg




品種毎に実付きの程度が違いますので、
大玉種は1次摘果時点で少なめの残しです。
1nasitekika170511_006.jpg




最終摘果は袋掛け前に実施の予定です。
1nasitekika170511_009.jpg

収穫時は何種の梨が回収できるのか、
楽しみなところです。

::

スポンサーサイト
2014-05-02 17:19 | カテゴリ:摘果作業
上の畑内の桃も品種は少なくなりました。
残る3品種の摘果を実施しました。

全作業は30分程度で終わる小規模摘果でした。

大鉢の「山吹大玉あかつき」は大分木が弱ってきた感じで、
枝葉に勢いがなくなっています。
1YOA0502c1.jpg




例年、2回に分けて摘果していましたが面倒な事は省きまして、
一気に最終的かです。
1YOA0502c2.jpg




「なつっこ」も株全体を更新したい感じです。
1natukko0502c1.jpg




最終摘果です。
1natukko0502c2.jpg




「日川白鳳」は縮伐して結実も僅かです。
1hikawa0502c1.jpg





1hikawa0502c2.jpg




タイトルとは関係ありませんが、
「ハーコット」の残り果と落ちそうな実の明暗が見えます。
1harcot0502c1.jpg




地植えラフランスに多品種接ぎの1本です。
「大天梨」は昨年の接ぎ枝です。
1daitenri0502c1.jpg




一番手の開花だった「八達」です。
1hattatu0502c1.jpg




結実性の高い「秋麗」です。
1syurei0502c1.jpg




元株の「ラフランス」はあちらこちらで結実していました。
1lafuranse0502c1.jpg




中国梨も実付き良好です。
1tury0502c1.jpg




初結実の洋ナシ「ラフザス」です。
1lafzas0502c1.jpg




「新星」です。
1sinsei0502c1.jpg




定番の「幸水」です。
1kousui0502c1.jpg
画像はないですが結実を確認した品種は、
N梨、豊水、かおり、秋栄、ヤーリー、マルゲリットマリーラ、王秋・・
等です。

洋ナシもボチボチと結実し出したようです。

::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村