FC2ブログ
2019-05-03 16:57 | カテゴリ:上の畑
4月中旬から日本蜜蜂師匠宅では分蜂が5~6回発生しているようです。
今年の分蜂は例年より早いようで、
山に仕掛けた待ち受け巣箱にも分蜂群が入居したので、
その一つを3,4日前の夜7時過ぎに持ってきてくれました。

今日時点では盛んに巣門から出入りして、
花粉を運ぶ蜂も確認出来ました。
1Nmitubati190503_011.jpg
毎年、11~12月に消滅してしまう日本蜜蜂の難題は、
アカリンダニ対策でしょう。

アマゾンでメントール結晶を購入していましたが、
臭いを嫌って逃亡してしまうケースもあるらしい。

比較的、刺激の無い「ショートニング」処理が良さそうなので、
先日、1:2のグラニュー糖調合で巣箱に設置してみました。

ギ酸処理も選択枝にはありますが、
しばらくはショートニング処理で様子見です。


今年は分蜂が早目でしたので、
蜜蜂誘引蘭は無駄花が現在開花中です。
1kinryou190503_054.jpg




時折、1,2匹の日本蜜蜂の訪花がありますが、
分蜂群は皆無です。(^_^;)
1kinryou190503_056.jpg




今日は庭先や上の畑内の様子を集めて見ました。

ここの月山錦が本命なんですが、
開花時点では大いに期待して受粉しましたが、
結果はこの一粒です。
1gassan190503_001.jpg
笑っちゃいます。!!



中国実桜の「暖地桜桃」が色着き始めたようです。
1danti190503_012.jpg




この畑の枇杷はこのポット植えの「大五星」のみです。
一枝に1果にすれば大玉も狙えますが、
今年はこれで行きます。
1daigosei190503_064.jpg




狭小ブドウ棚ではゴルビーの果穂が伸びてきました。
1golby190503_053.jpg
この後、房整形やジベ処理が行われます。



上の畑内の多品種接ぎ梨は幼果が良く着いていますので、
摘果作業が大変そうです。

洋梨の「ラフランス」を台木にしての和・洋混合です。
1nasi_yakumo190503_069.jpg
「八雲」は受粉樹の役目を果たし、
結実しています。



豊産性の和梨2種です。
1akiei_tenri190503_023.jpg




和梨「王秋」と洋梨の「パスクラサン」です。
1ousyu_paskra190503_021.jpg




「南水」と大玉の「にっこり」です。
1nansui_nikkor190503_019.jpg




「ラフザス」は和梨と洋梨の掛け合わせ品種です。
大玉洋梨の「シルバーベル」です。
1rafzas_silver190503_015.jpg




和梨の「八達」と受粉に欠かせない「豊水」です。
1hatatu_hous190503_017.jpg




洋梨の有名どころです。
1lurecche_mariget190503_037.jpg




本体の「ラフランス」は木のあちらこちらで結実しています。
1lafrance190503_046.jpg

梨は防除作業が決め手になります。
摘果をしっかり行い、病虫害被害から守らねばなりません。

::


スポンサーサイト



2019-01-24 16:26 | カテゴリ:上の畑
北国では大荒れの天気のようですが、
当地は連日のカラカラ天気です。

空気も乾燥しており、
昨日は裾野市のガソリンスタンドで
バイクに給油後、蓋を閉めようとした瞬間、
気化したガソリンに静電気と思われる火花で燃え上がりました。
幸いにも店員の消化作業で大事には至りませんでした。

自分もバイクや農機具にガソリンを入れる作業は
よく経験していますが、こんな出火もあるんだと肝を冷やしました。

上の畑内の「素芯蝋梅」が満開状態で良い香りがしています。
1roubai190124_013.jpg



今日は上の畑内に山積み状態で残っていた
キウイやスモモなどの剪定枝をウッドチッパーで粉砕処理しました。
1chipper190124_002.jpg
下の畑1,2の剪定枝は
そのまま畑内に放置ですが、1年後には腐葉土化しています。



上の畑内は庭の延長のような位置で、
道路に面して人目にさらされます。
1chipper190124_004.jpg
小綺麗とは行きませんが、
剪定枝を片付けますとスッキリしました。



この畑内の梅の蕾も膨らみを増しているようです。
1benis_nan190124_008.jpg





1ousy_ryuky190124_011.jpg




半地植えのビワ「大五星」が結実したようです。
2dai5sei190124_020.jpg




多品種接ぎ梨は無剪定状態です。
高接ぎの各品種には沢山の花芽が確認出来ます。
   1akiei190124_022.jpg




「王秋」も短果枝がビッシリです。
1ousyu190124_025.jpg




後日、胴吹きしている新梢を整理する予定です。
1tahinsyunasi190124_028.jpg

明日はご近所さんに貰った中古の耕耘機のメンテ作業で
下の畑2で機械弄りです。

::



2018-11-15 18:34 | カテゴリ:上の畑
2018-07-09 15:50 | カテゴリ:上の畑
梅雨明けですね。
早速30℃超えの暑さです。

今春、近所のニホンミツバチ師匠から頂いた捕獲群が分蜂しました。
上の畑内の巣箱は、その日の午前中から多くの蜂たちが乱舞して、
11時頃庭先の山桃の切株に集まりました。

段ボール箱に蜂玉をはたき入れて、
上の畑内の空き巣箱に入れましたが直ぐに出てしまい、
また段ボール箱に固まりました。

翌朝、段ボール箱をのぞき込むとまだ分蜂群は残っていました。
場所を変えてみましょうと、下の畑2まで運んで、
空き巣箱に入れましたが落ち着かない様子でした。

この畑には5個ほどの空き巣箱が並んでいますが、
探索蜂らしい大きめの蜂が他の巣箱を品定めしていました。
暫く放置しましょうと、翌日見に行きますと、
この巣箱でニホンミツバチの出入りが確認出来ました。
あれから丁度1週間経過しました。
1bunpou180709_003.jpg
まだ、花粉を付けた蜂は確認出来ません。



花粉を運ぶ蜂が確認出来ますと、
女王蜂が産卵して幼虫の餌が必要になり、
やがて蜂群は大きくなる・・筈です。
1bunpou180709_005.jpg
初めての分蜂群捕獲です。
上手く定着を願いたいところです。



今日はジョイントハウスの横に鎮座していた
「寿錦」株元直径15cmを伐採してきました。
1iwainisiki180709_006.jpg
この品種美味しいさくらんぼなんですが、
暖地向きでは無さそうです。
勿体ないですが邪魔になってきたので処分しました。



下の畑1では桃の「おどろき」が鳥に突かれて落ちていました。
固い桃の「おどろき」は触っても収穫時期は判断できません。

鳥が突っつくと言うことは、
熟れてきた証でしょう。
まだ突かれていない2個を収穫してきました。
1odoroki180709_009.jpg




カリカリの桃です。
山梨の方は固い桃が好きらしいです。
1odoroki180709_010.jpg
味は後ほど検証します。



上の畑内ではスモモが採れています。
貴陽に高接ぎした「ジュピター」もカナブンや鳥に突かれ出しました。
1jyupiter180709_012.jpg




無傷果を回収です。
1jyupiter180709_020.jpg




大玉品種で貴陽より面長です。
1jyupiter180709_019.jpg




今年の貴陽は豊作です。
生らせ過ぎで小玉です。
1kiyou180709_021.jpg
追熟して頂きます。



一応、100g超えの玉サイズが見られました。
1kiyou180709_016.jpg

スモモやプルーンも自家消費は限度があります。
ご近所にお裾分けで家内は忙しいです。

::

2018-07-01 16:00 | カテゴリ:上の畑

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村