2016-06-09 19:16 | カテゴリ:上の畑
梅雨空の下で
上の畑内では各種果樹の新梢が繁茂して、
鬱蒼としていました。

日陰が多くなって果実にとっても良くないので
新梢(夏枝)を整理しました。

りんご、スモモ、プルーンなどが対象木になりました。

枝整理後、リンゴやスモモの結実状況を記録しました。
小雨降る中では予定のリンゴの袋掛けまで進めませんでした。

植え替えから漸く回復した感じの「らくらくふじ」です。
1rakufuji160609_007.jpg




アルプス乙女に高接ぎの「北紅」と「おいらせ」です。
1kitak_oira160609_003.jpg




「ジャンボ王林」も植え傷みから回復した様で、
玉の肥大は順調です。
1Jori_Gde160609_012.jpg




「アルプス乙女」は摘果していません。
高接ぎの「ジョナゴールド」です。
1ALot_JG160609_029.jpg




豊産性の「シナノゴールド」は大幅に摘果しました。
高接ぎの「静香」です。
1sina_sizukG160609_009.jpg




スモモ類では早生種の色付きが始まりました。
「プラム井上」は安定的な実付きと色付きです。
1Pino_sant160609_032.jpg




果形に特徴の「紫峰」です。
相変わらず豊産性の「ソルダム」です。
1siho_sold160609_024.jpg




「いくみ」の授粉樹に良いとのことで、
いくみに高接ぎの「ビッグオザーク」と
多少結実が増えた感じの「いくみ」です。
1BO_ikum160609_028.jpg
もう少しで収穫できそうな「いくみ」です。



貴陽の授粉樹として広まった「バイオチェリー」と
「貴陽」です。
1bioc_kiyo160609_020.jpg
今年の貴陽は例年にない実付きです。



「貴陽」に高接ぎの「サマーエンジェル」の実付きは良好です。
1sumareng160609_014.jpg
明日は梅雨の晴れ間予想です。

リンゴ・梨や桃類の防除を予定しています。

::


スポンサーサイト
2016-03-18 15:22 | カテゴリ:上の畑
気温は高めですが、午後から曇り空です。
スモモやアンズの開花ですこし賑わい出した上の畑内です。

今日、「暖地桜桃」の花を見ていましたら、
当地では珍しい複数の日本みつばちが訪花していました。
ザッと数えて6~7匹ほど・・。
1danti160318_024.jpg
ハリウッドの花にはほとんど訪花昆虫は見られませんでした。



昨年購入したスモモの2本が咲き出しました。
「彩の姫」はスモモの中でも最上級の味わいらしい。
1sainohime160318_016.jpg




「黒琥珀」は改めて導入した苗ですが、
どんな実が着くのか楽しみなところです。
1kurokohaku160318_017.jpg




玄関横の「ユスラウメ」も咲き出していました。
1yusura160318_009.jpg




畑のアンズ「ゴールドコット」の開花は進んでいます。
1Gcot160318_022.jpg




「ハーコット」の授粉樹として相性の良い「ニコニコット」。
只、開花時期が合わないのでニコニコットの花粉を保存します。
今日で3回目の花粉採取しまして、
ホットカーペット上で開葯・乾燥中です。
1nikoniko160318_018.jpg
咲いている花に寄ってみますと
雄しべはほとんど残っていない状態です。



注目のチェリ-ポット(CP)ですが、
今年もダメそうです。!!

各蕾の開き方に強さが見られません。
まだまだ改良の余地あり・・と言ったところです。
1CP160318.jpg




一応、授粉作業はしていますが、
昨年の開花状態と大差なし・・と言った感じです。
1CP160318_005.jpg




最初に咲き出した「紅きらり」ですが、
まだこの状態で全体の蕾が開花するには
2,3週間かかりそうな状況です。
1CP160318_006.jpg

今考えている来季のCP対策事項をやってみて、
上手く行かなかった場合は、
撤退も止む無しというところでしょう。

::



2015-06-02 17:09 | カテゴリ:上の畑
昨日、玉ネギを抜き取って放置していましたので、
今日は吊すために切りそろえて2個ずつ結束して、
ブドウ棚下に直管を渡して吊し乾しにしました。
ちなみに植え付け時の苗数は2種で400本でした。

今日の野良仕事は軽めで終了です。
庭や上の畑内の鉢果樹などに灌水後、
色付きや肥大状況を観察してみました。

さくらんぼ置き場の桜桃は新梢の葉が生い茂って、
少ない結実果は枝下に潜り込まないと見られません。

探し求めた結実果の様子です。

開花から65日以上で収穫と・・S.F.Takaさんからのアドバイスを守って、
来週の土曜日頃の収穫を予定しています。
1benisyu150602_038.jpg




畑からの移植で初生りの「紅ゆたか」の色付きや肥大は遅れています。
1beniyutaka150602_025.jpg




結実不良の「香夏錦」も色付いてきました。
1kouka150602_018.jpg




S.F.Takaさんから送って頂いたサミットは大粒で美味しいさくらんぼでした。
自家産であの味を再現したくて粘っています。
アメリカンチェリーのあの色合いまでまだ待ちましょう。
1samitto150602_032.jpg




「さおり」ももう一肥大を願いたいところです。
1saori150602_030.jpg




豊産性「正光錦」も大分色が濃くなってきました。
1seikounisiki150602_026.jpg




大粒「正光錦」の方は結実不良でした。
1Seikou150602_034.jpg
4、5品種(紅きらり、黒砂糖錦、ナポレオン、紅ゆたか、佐藤錦)のさくらんぼは、
来週の土曜日以降の収穫になりそうです。



西洋アンズが色着き出したようです。
1Gcot150602.jpg




ハーコットはゴールドコットより1,2週間遅れて色付きます。
1harcot150602_006.jpg





スモモ類はまだほとんどが青梅状態です。
1biochery150602_004.jpg





1ikumi150602_014.jpg




リンゴの幼果が肥大しだしています。
1Jorin150602_009.jpg




シナノゴールドとつがるです。
1sinanoG_tugaru_011.jpg 




摘果無しで放置していましたら、
自然に落下していました。
残り果でも結構な数です。
1ALotome150602_013.jpg




10号鉢で細々と残っている「ひめこなつ」は2個残っていました。
1himekonatu150602_002.jpg

明日は久しぶりのお湿りと成ってくれるでしょうか。
下の畑1、2はカラカラに乾いています。

::



2014-09-14 18:32 | カテゴリ:上の畑
今日は珍しい方の訪問がありました。
今回で3回目でしょうか。
東京で「居残りブルーベリー」ブログを開設されている居残りさんです。

居残りさんは、富士宮市の畑地跡を開拓して、
ブルーベリーやキウイなどの果樹栽培を目指しています。

2週間に1度のペースで通っておられるようです。
今日も籾殻の調達で精力的に動き回っており、
その序でにキウイ棚を参考にしたいとのことで立ち寄ってくれました。

そのエネルギッシュな行動力には驚かされます。


さて、私は午前中に上の畑内で多品種接ぎ梨の洋ナシや和梨を
試し採りしてみました。
「マリゲリットマリーラ」は初生り果です。
1marigeritto0914c1.jpg
追熟は15日ほど・・・。



収穫時期は10月でやや早いですが、
試し採りの1果を収穫してみました。
1ousyu0914c1.jpg




まだ小振りですが数日後に味見です。
1ousyu0914c2.jpg




同じ多品種接ぎ梨の台木になっている「ラフランス」です。
1lafurance0914c1.jpg



同じ畑内の林檎の「つがる」は落下が始まったようです。
落下で傷つくので色付き不良ですが収穫しました。
1tugaru0914c1.jpg




小玉の林檎が並んでいますが、
玄関横の「シナノゴールド」も試し採りです。
1tuga_sinG0914c1.jpg




淡い黄色になってきましたので、
早採りでも美味しい「シナノゴールド」を4個収穫しました。
1sinanoG0914c1.jpg




このシナノゴールドに高接ぎの「秋映」は、
かなり濃い紅色が映えます。
1akibae0914c1.jpg




本日の収穫果です。
1syukaku0914c1.jpg

::






2014-07-28 16:54 | カテゴリ:上の畑
昨日の猛暑に比べますと、幾分湿気も少なく過ごしやすいです。

鉢果樹に散水しながらプルーンの「ツアー」に目をやりますと、
実全体が濃いブルーに色付き、触ると弾力を感じました。

と言うことで、「ツアー」を収穫してみました。
1tur0728c1.jpg




しっかりと樹を作ってあげれば豊産性のプルーンです。
作りやすくて美味しいプルーンの代表的品種です。
1tur0728c2.jpg




何年か前の挿し木がそのままポットから根を下ろした「ドーフィン」が熟していました。
1masui0728c1.jpg




この畑内には鉢植えの「ロンドボーデックス」が実をつけていました。
1londo0728c1.jpg




庭先の「サルタン」にも幾つかの実が・・・。
1sarutan0728c1.jpg

下の畑1,2にもイチジクがあり、たくさんの実を着けていますが、
ほとんどが鳥の餌と化しています。

少ない実付きでも庭や上の畑ではリアルタイムで完熟の様子が分かりますので、
収穫時期を逃すことが少なく、鳥害も防げます。

少ない稔りでも確実に収穫出来るのが一番ですね。

同じ畑内の多品種接ぎ「黒柿」も漸く生理落果が終わったようです。
1kuro0728c1.jpg




この時点で残った実は初収穫果となるかも知れません。
1okitu0728c1.jpg




安定的な結実枝となった「基肄城」です。
1kijyou0728c1.jpg




本来の大玉とはならない「いさはや」です。
1isahaya0728c1.jpg
本当の大玉を見たくて昨年、「いさはや」の棒苗を下の畑2に導入しました。



上の畑内の優良「太秋」株です。
樹は小柄ながら良い玉サイズの柿を着けてくれます。
1taisyu0728c1.jpg

下の畑1の次郎や畑2の柿苗も落下が一段落したようで、
全部落ちてしまった品種もありますが初生り品種もありそうで、
収穫の秋が楽しみです。
::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村